[HOW TO] 特定のオブジェクトに IIS のアクセス許可を設定する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 324068 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここではファイルまたは Web サイト、フォルダー、IIS のアクセス許可を設定する方法と UNIX のアクセス許可を IIS 権限システムに移行する方法について説明します。

IIS に UNIX と Apache のアクセス許可を変換します。

Apache を使用してアクセス可能なオブジェクトおよびスクリプトを実行できる UNIX ファイル システムと、所有者または [Apache サーバーが実行されているグループの基になるアクセス許可に影響します。 ただし、Windows を使用してインターネット インフォメーション サービス (IIS) アクセス、構成済みの Web サイトは、ホーム フォルダーのツリー内の任意のファイル (この点で動作として、管理者アカウント)。 フォルダーまたはファイルの基になる Windows 権限は無視されます。 代わりに、IIS で別のメカニズムを制御し、クライアント コンピューターが特定のオブジェクトに対して持つアクセスの種類を制限できます。

IIS で読み取りアクセス許可は、Apache と UNIX のファイルの読み取りアクセス許可ビットに似ています。 ASP (Active Server ページ) のスクリプトまたは Web 分散オーサリングとバージョン管理 (WebDAV) ファイルの更新機能を提供に使用する場合にのみ IIS で書き込みアクセス許可に使用でこのアクセス許可は、書き込みアクセス許可 Apache と UNIX で WebDAV のだけに類似したため、です。 特定ファイルがスクリプトを実行し、生ファイルとして返されませんがあること Apache を示しますが、AddHandler ディレクティブと組み合わされている UNIX で実行アクセス許可。 IIS では、実行権限は、Web サイトごとに、フォルダーにのみ付与されるものを有効にするしたり、この方法でスクリプトとして個々 のファイルを無効にすることはできません。 ただし、拡張子とハンドラーの組み合わせが適用されます。 フォルダーの実行を許可し、特定のスクリプト エンジンに、拡張子を関連付けます。

この動作は制限があります。 たとえば、一括.cgi ファイル名拡張子を使用および対応するスクリプト言語を選択するには、UNIX ヘッダー行に依存できません。 この制限移行中に問題が生じる。 この状況では、Perl スクリプト Python スクリプトの.py ファイル名拡張子に対して、.pl ファイル名の拡張子を関連付けることができます。


オブジェクトに対するアクセス許可を IIS を設定します。

任意のオブジェクトに対するアクセス許可で Web サイト、フォルダー、ファイル、およびスクリプトなど、IIS を設定できます。 IIS でのオブジェクトに対する権限を設定: する
  1. 管理者として Web サーバー コンピュータにログオンします。
  2. [スタート ] をクリックして の設定 ] を] ポイントして [ コントロール パネル] の順 にクリックします。
  3. [ 管理ツール ] ダブルクリックして、[ インターネット サービス マネージャー ] をダブルクリックします。
  4. 左側のペインで構成する Web サイトを右クリックして [ プロパティ ] をクリックします。
  5. Web サイトのホーム フォルダーのアクセス許可を設定したい場合は [ ホーム ディレクトリ ] タブをクリックします。
  6. で、Web サイト内のフォルダーのアクセス許可を設定する場合 [ ディレクトリ ] タブをクリックします。
  7. で、フォルダー内のファイルまたはスクリプトのアクセス許可を設定する場合は [ ファイル ] タブをクリックします。
  8. [対応する、権限のオブジェクトに設定する] クリックします。
  9. スクリプトの処理、Web サイトまたはフォルダーを有効にするには、 スクリプトのみ リストの] をクリックして 実行 アクセス許可。

    スクリプトの処理をオフ、[ なし ] をクリックします。
  10. [ OK] をクリックします。

関連情報

IIS に対するの保護を移行 UNIX から Windows への追加についてはをクリック資料以下、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
324216[HOW TO、UNIX から Windows への移行で IIS をセキュリティ保護

プロパティ

文書番号: 324068 - 最終更新日: 2006年11月21日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft Internet Information Services 5.0
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbmt KB324068 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:324068
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com