方法: ユーザー名マッピング サービスを構成します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 324073
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ユーザー名が一致する場合でも UNIX ベースのドメインと windows ドメインを別のユーザー id およびグループ id にあります。ユーザー名マッピング サービスは、Windows セキュリティ id (Sid) を UNIX のユーザー id (Uid) と UNIX グループの識別 (Gid) をマップするのに使用できます。これは、または別のユーザー名が同じであるかどうかは true です。さらに、UNIX の 1 つのアカウントに複数の Windows アカウントにマップするのには、ユーザー名マッピング サービスを使用できます。移行中に UNIX リソースの Windows ユーザーを提供する必要があります管理者は、アカウント管理のプロセス簡素化します。

ユーザー名マッピング サービスをインストールします。

Msi インストールに UNIX 3.0 用の Microsoft Windows サービスを使用するため、コマンド ・ プロンプトから、製品の個々 のモジュールをインストールできます。前のコンポーネントの UNIX 用の Windows サービスがインストールされている場合は、それらを含める必要があります、 addlocal (コンマ区切り)、インストール コマンドのパラメーター。それ以外の場合は、ユーザー名マッピング サービスをインストールすると、以前のコンポーネントを削除します。Interix は、UNIX ネットワーク ファイル サービス (NFS) は、NFS の場合、サーバーでのクライアントとゲートウェイ NFS ユーザー名マッピングの機能をサポートするために、ネットワーク上で 1 つまたは複数のユーザー名マッピング サーバーをインストールしなければなりません。

コマンド プロンプトで、ユーザー名マッピング サービスをインストールするのには
  1. Windows ベースのコンピューターに、管理者レベルのアカウントでログオンします。
  2. コマンド プロンプトを開きます. 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
  3. Windows のサービスを UNIX のバージョン 3.0 の CD を CD-ROM ドライブ (この例では D ドライブ) に挿入します。
  4. ユーザー名マッピング サービスをインストールするのには、入力します。 msiexec/I D:\sfusetup.msi/qb addlocal ="Mapsvc"[targetdir ="インストール先のパス"] コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。

    メモ: 既定インストール先のパス"は \SFU"です。
  5. コマンドの一部として、プロダクト キーを挿入するには、入力します。 pidkey ="キー"、し、ENTER キーを押します場所 キー 25 文字のプロダクト キーです。

    メモインストールの完了後、Windows 2000 または Windows XP を実行しているコンピューターを再起動するはありません。

    Telnet プロンプトから、または場所グラフィック ユーザー インターフェイス (GUI) はありません、スクリプトを使用してをインストールする場合入力または追加操作から、ユーザーのインストールを完了するのには、次のコマンドを貼り付けし、ENTER キーを押します。
    msiexec/I D:\sfusetup.msi/q addlocal ="Mapsvc"pidkey = の「キー」[targetdir] インストール パス"=]
メモ: UNIX を Windows のサービスの一部のコンポーネントで問題を回避するには、フォルダーのパスにスペースを含まない UNIX 用の Windows サービスをインストールしなければなりません。は、 addlocal 手順 4 と 5 が表示されます、Msiexec.exe プログラムのパラメーターは、大文字と小文字、スペース重視です。正確には、この例では、ユーザー名マッピング サービスを正しくインストールするには、間隔、大文字入力してください。

ユーザー名マッピング サービスを構成します。

コマンド プロンプトで、UNIX 管理 Microsoft 管理コンソール (MMC) 用の Windows サービスまたは、Mapadmin.exe ユーティリティを使ってのユーザー名マッピング サービスを構成できます。Interix サブシステムの組み込みの機能のため、簡単にも複雑なマップ、Mapadmin.exe ユーティリティを使ってスクリプトを作成できます。たとえば、Windows のユーザーの一覧のテキスト ファイルを読み取るし、対応する UNIX のユーザーの一覧にマップする簡単なスクリプトを作成できます。

Mapadmin.exe コマンドの基本的な形式です。
mapadmin [server] [・ u ユーザー [・ p pword] コマンド オプション
場所 コマンド オプション 次のものがあります。
Options          Details
--------------   ----------------------------------------------------------
blank            Returns the information about the current configuration
config           Sets the configuration options
start            Starts the User Name Mapping service on the specified 
                 server (by default, the local computer is used)
stop             Stops the User Name Mapping service on the specified 
                 server (by default, the local computer is used)
add              Adds a mapping, either user or group
setprimary       Sets the primary user or group mapping
delete           Deletes a mapping
list             Displays information about current user and group mappings
backup           Creates a backup of current mappings to a text file
restore          Restores a previously backed-up user name mapping file
adddomainmap     Adds a simple map between the Windows domain and the 
                 NIS domain or PCNFS passwd and group files      
listdomainmaps   Lists the Windows domains that are mapped to PCNFS files
                 or NIS domains
				
MSFT と PCNFS の Windows ドメインの間のマッピングを構成するのには
  1. Windows ベースのコンピューターに、管理者レベルのアカウントでログオンします。
  2. コマンド プロンプトを開きます. 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
  3. コマンド プロンプトで入力または、次のコマンドを貼り付けし、ENTER キーを押します。
    mapadmin adddomainmap-d MSFT -f c:\etc。
    メモ: 次の使用例で、passwd ファイルとグループ ファイルが c:\etc フォルダーにあります。
ユーザー名マッピング サービスを起動するには。
  1. Windows ベースのコンピューターに、管理者レベルのアカウントでログオンします。
  2. コマンド プロンプトを開きます. 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
  3. コマンド プロンプトで入力するか、次を貼り付けます。
    mapadmin 開始
ユーザー (この例では、"MSFT\RLJones") は、Windows ユーザーと UNIX ユーザー (この例では、"rlj") の間でマップを追加するのには
  1. Windows ベースのコンピューターに、管理者レベルのアカウントでログオンします。
  2. コマンド プロンプトを開きます. 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
  3. コマンド プロンプトで入力または、次のコマンドを貼り付けし、ENTER キーを押します。
    mapadmin は wu - MSFT\RLJones - uu PCNFS\rlj 追加します。
メモ純粋な ASCII テキスト: Mapadmin.exe ファイルおよびバックアップ ファイルの復元が含まれるパスワードで暗号化されます。Mapadmin.exe は、バックアップ ・ ファイルの保存先の完全なパスを入力してください。



関連情報

UNIX から Windows への移行後の保守タスクを実行する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
324539 方法: UNIX から Windows への移行後に、保守および補助的なタスクを実行










プロパティ

文書番号: 324073 - 最終更新日: 2011年7月27日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbmt KB324073 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:324073
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com