Windows クライアントに UNIX ファイル サービスを提供する NFS ゲートウェイを設定する方法。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 324085 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

UNIX から Windows に移行するには 1 つの障害物がファイルを共有します。 ことができますが共有使用可能なネットワーク内のすべての Windows コンピューターに追加のソフトウェアをインストールせず [NFS 経由で共有ファイルの UNIX コンピューターを場合。 1 台の Windows サーバーを 1 つは、UNIX コンピューターと、Windows クライアントとの間のゲートウェイとして NFS ゲートウェイをインストールして使用できます。 Windows サーバーに NFS ゲートウェイをインストールする、ことにより他の Windows クライアント上で追加のソフトウェアをロードすることがなく、NFS リソースにアクセスを提供できます。 NFS 用のゲートウェイは Windows サーバーでのみサポートされていて、Windows NT Workstation、Windows 2000 Professional または Windows XP にインストールできません。

NFS ゲートウェイをインストールします。

Windows Services for UNIX 3.0 は、Windows インストーラを使用してインストールされます。 このため、コマンド ラインを使用して製品のモジュールを個別にインストールできます。 UNIX 用の Windows サービスの以前のコンポーネントがインストールされている場合をコンマ (,) で区切って、インストール コマンド行の addlocal パラメーターにこれらのコンポーネントを含める必要があります。 これを行わない場合はこれらの製品が NFS ゲートウェイのインストール中に削除されます。

: することはできませんインストール クライアント NFS ゲートウェイの NFS の同じコンピューター上、ただし、NFS ゲートウェイ、コンピューターをできるように NFS リソースへのアクセス下流の Windows ベースのクライアントを提供中に、NFS クライアントとして機能します。 NFS 用クライアントのインストールの追加についてはをクリックして資料以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
324055[HOW TO を UNIX から Windows への移行の Windows 上で NFS クライアントをインストール
ゲートウェイ NFS をインストールする、コマンドラインから。
  1. 管理レベル アカウントを使用して、Windows ベースのサーバーにログオンします。
  2. 開始 実行 cmd ] を入力 [ OK] をクリックします。
  3. Windows Services for UNIX 3.0 の CD を CD ドライブに挿入します (この例では D ドライブです)。
  4. コマンド プロンプトで NFS ゲートウェイをインストールするには、次のコマンドを実行します。

    ??? msiexec/I D:\sfusetup.msi/qb addlocal"NFSGateway"= [targetdir = パスのインストール]
    メモ: 上記 msiexec ショー addlocal パラメーターは、ケースと機密性の高い領域です。 インストールは、上記の正確なケースが後にない場合に失敗します。
  5. 既定のインストール パスは、"\SFU"です。

    メモ: UNIX に対するサービス アカウントキャッシュ SFU のいくつかのコンポーネントで問題を防ぐへのパスにスペースなしのディレクトリにインストールします。 マイクロソフトは、既定のディレクトリにインストールすることを推奨します。
  6. コマンドラインでプロダクト キーを含める場合、追加 PidKey key = key は、ハイフンを付けず 25 文字のプロダクト キーの場所。

メモ: (場所、グラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI] は利用できません)、Telnet プロンプトからまたはスクリプトを使用して、インストールする場合は、次のコマンドラインをユーザーとの対話は必要ありませんインストールが実行を使用します。

??? msiexec/I D:\sfusetup.msi/q addlocal"NFSGateway"pidkey ="キー = [targetdir = パスのインストール]

メモ: Windows Services for UNIX の一部のコンポーネントで問題が発生することを避けるため、Windows Services for UNIX をインストールするフォルダのパスに空白文字を含めないでください。 デフォルトでは \SFU にインストールされます。

メモ: 以前のバージョンに記載されている msiexec コマンド、 addlocal パラメーターは大文字と小文字を区別して高度な領域を要するです。 この資料に記載されているとおりにコマンドを実行しなかった場合、インストールは成功しません。 メモ: マイクロソフトは、UNIX と Windows のユーザーの名前を互いにマップするネットワーク上には、少なくとも 1 つのユーザー名マッピング サービスをインストールすることを推奨します。 「当社でユーザー名マッピング サービスについて、KB 資料を表示していますください。


トラブルシューティング


次のトラブルシューティングのヒント、ゲートウェイの NFS のインストールに関する問題解決に役立ちます。
  • すべてのユーザー要求は匿名として送信されます。
    原因: 認証が正しく構成されていません。
    ソリューション: 確認マッピングが正しくセットアップ ユーザー名マッピングで、正しいユーザー名マッピング サーバーを使用するようその NFS ゲートウェイが構成されています。

  • NFS サービスは、ゲートウェイと通信しようはエラーを生成します。
    原因: NFS サービスは、ゲートウェイは開始されません。
    ソリューション: UNIX 管理用サービス] で、NFS ゲートウェイを右クリックし、開始します。

  • システム 1722年が発生しました。 リモート プロシージャ コール (RPC) サーバーが利用できません。
    原因: NFS サービス ゲートウェイは開始されません。
    ソリューション: UNIX 管理用サービス] で、NFS ゲートウェイを右クリックし、開始します。

  • 共有ディレクトリをマウントしようはネットワーク エラー 53 または 67 を生成します。
    原因: ディレクトリは共有されません、またはサーバーがクライアント名を解決できません。
    ソリューション: showmount -電子メール サーバー コマンドをネットワーク ファイル システム (NFS) サーバー上の共有ディレクトリの名前の表示を使用してください。 NFS ゲートウェイを実行するコンピューターのインターネット プロトコル (IP) アドレスが指定されて、NFS サーバー ファイル/etc/hosts、または必要に応じて、DNS データベース内ことを確認します。

  • RPC を受信する: 時間指定出力、または RPC: マッパーのエラーが発生しました-RPC のポート: メッセージがタイムアウトしました。
    原因: ポート マッパーまたはネットワーク ファイル システム (NFS) のサーバー デーモンが NFS サーバー上で実行されていません。 ソリューション: デーモンが起動されるしている確認します。

  • ネットワーク ファイル システム (NFS) サーバーに共有のルート (/) ディレクトリをマウントすることはできません。
    原因: NFS ゲートウェイ標準パス構文を使用して、ルート ディレクトリをマウントできません。
    ソリューション: このコマンドを使用して、ルート ディレクトリをマウント: net use * \\server\!
    共有名前には感嘆符 (!) する必要があります。

  • サービスが起動失敗したという、エラー メッセージを受信しました。
    原因: 起動に失敗した Nfsrdr サービスかサービスの開始に失敗しましたが、サービス マネージャーが誤って報告されるには。 イベント ビューアーは、イベント ログに次のメッセージを含める可能性があります。
    The NfsRdr service failed to start due to the following error: The system cannot find the file specified.
    						

    ソリューション: NFS サービスは、ゲートウェイが開始するかどうかを判断を確認します。 起動が場合、このメッセージは無視します。 そのが開始されていない場合、は、NFS サービス ゲートウェイを開始します。

  • サーバーの再起動後、エラー メッセージことを示し、Server サービスが開始されない NFS 共有のゲートウェイに再接続しません。
    原因: NFS ゲートウェイは、Server サービスの前に開始しました。
    ソリューション: NFS とサーバーのサービスの両方のゲートウェイが開始されているを確認し、NFS 共有のゲートウェイを再接続します。

  • 認証されたユーザーは、NFS リソースにアクセスまたは匿名としてそれらにアクセスできません。
    原因: ユーザー名のマッピングがない正しく構成されてこのコンピューターを使用します。
    ソリューション: ユーザー名マッピングを実行するコンピューター上の.maphosts ファイル名またはユーザー名マッピングを使用してユーザー アカウントをマップできるコンピューターのインターネット プロトコル (IP) アドレスを指定することを確認します。 ユーザーが断続的に NFS リソースにアクセスできない、.maphosts ファイルの構成の問題が解決しない場合は多数のクライアント コンピューターにユーザー名マッピングを同時にアクセスしようと可能性があります。


関連情報

UNIX から Windows への移行後の保守タスクの実行についてはをクリック資料以下、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
324539[HOW TO、UNIX から Windows への移行後の保守と補助的なタスクを実行します。

ユーザー名マッピング サービスのインストールと構成方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
324073[HOWTO] を UNIX から Windows への移行のユーザー名マッピング サーバーを構成する方法










プロパティ

文書番号: 324085 - 最終更新日: 2006年10月30日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6a
  • Microsoft Windows Services for UNIX 3.0 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbmt KB324085 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:324085
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com