文書番号: 324103 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows XP における "STOP 0x0000007B" エラー メッセージのトラブルシューティング方法について説明します。この資料では、ブート セクタ ウイルス、デバイス ドライバの問題、ハードウェアの問題など、STOP エラーの原因となる問題について説明します。これらの問題の確認後も問題が解決しない場合は、この資料の最後に記載されている一般的なトラブルシューティング手順を実行します。

はじめに

コンピュータを起動したときに、次のいずれかのエラー メッセージが表示されることがあります。
  • STOP: 0x0000007B (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
    INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE
  • Setup has encountered a fatal error that prevents it from continuing.

    Contact your product support representative for assistance. The following status will assist them in diagnosing the problem.

    (0x4, 0x1, 0, 0)

    Setup cannot continue. Power down or reboot your computer now.
Windows XP のセットアップ中にコンピュータが再起動されるときにも、"STOP 0x0000007B" エラー メッセージが表示されることがあります。Windows XP のセットアップ中に STOP エラー メッセージが表示された場合、2 番目のエラー メッセージが表示されます。この問題のトラブルシューティングを行うには、以下の 4 つの手順を読み、問題のいずれかに該当するかどうかを確認します。いずれにも該当しない場合には、この資料の最後に記載されている一般的なトラブルシューティング手順を実行します。

ブート セクタ ウイルス

コンピュータがブート セクタ ウイルスに感染している場合に、"STOP 0x0000007B" エラー メッセージが表示されることがあります。コンピュータにウイルスが存在するかどうかを確認します。ウイルスを見つけた場合、フロッピー ディスクを使用する前に、フロッピー ディスクにウイルスが存在するかどうかも確認します。

マイクロソフトでは、コンピュータ ウイルスの検出または除去が可能なソフトウェアを提供していません。コンピュータへのウイルスの感染が疑われる場合、または感染が確認された場合は、最新のウイルス対策ソフトウェアを入手してください。ウイルス対策ソフトウェアの製造元の一覧を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
49500 ウイルス対策ソフトウェア ベンダの一覧
: さまざまなウイルスを検出して駆除するために、複数のウイルス対策ソフトウェアの使用が必要になる場合があります。

重要 : ウイルスに感染しているコンピュータは、他の攻撃に対しても脆弱になる可能性があります。インターネットに直接接続しているサーバー (ファイアウォールやその他の保護なしで機能するサーバー) が感染した場合は、JPCERT Web サイトに公開されているガイドラインに従って、サーバーを再構築することをお勧めします。同様に、感染したコンピュータにトポロジ的に近いために感染の可能性があるコンピュータが他にある場合は、再び運用を開始する前にこのようなコンピュータも再構築することをお勧めします。

Windows XP ベースのコンピュータがウイルスに感染し、ウイルス対策プログラムでウイルスを駆除してシステムを修復することができない場合には、パーティションを再度作成し、ハード ディスクをフォーマットしてから、Windows XP を再インストールする必要があります。 Windows XP でのハード ディスクのパーティション作成およびフォーマットの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
313348 [HOW TO] Windows XP でのハード ディスクのパーティションとフォーマット
Windows XP でウイルスからブート セクタを保護する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
122221 [NT]Windows NT でウイルスからブート セクタを保護する方法

デバイス ドライバの問題

以下の状況に該当する場合、"STOP 0x0000007B" エラーが表示される場合があります。
  • コンピュータのブート コントローラが必要とするデバイス ドライバが、スタートアップ処理時に開始するように構成されていない。
  • コンピュータのブート コントローラが必要とするデバイス ドライバが破損している。
  • Windows XP レジストリ内の情報 (スタートアップ処理時に読み込まれるデバイス ドライバに関する情報) が破損している。
Windows XP では、コンピュータの起動に使用されるハード ディスク コントローラとの通信に、ミニポート ドライバが必要です。Windows XP で、コントローラ用のデバイス ドライバが提供されていない場合、または破損したドライバや互換性のないドライバが使用されている場合は、コントローラおよび Windows XP と互換性のある有効なドライバに置き換える必要があります。

Windows XP インストールの第 1 段階では、セットアップにより次のメッセージが画面の最下部に表示されます。
Press F6 if you have to install a third-party SCSI or RAID driver.
OEM の大容量記憶装置用ドライバをインストールするには F6 キーを押して、指示に従います。 F6 キーを使用してサポートのための OEM デバイス ドライバを読み込む方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
314859 Windows XP セットアップ時に F6 キーで使用できる OEM ドライバの制限付きサポート
ハード ディスク コントローラに Windows XP との互換性があることを確認する方法、および、Windows XP の CD-ROM に収録されているドライバやダウンロード可能なドライバに関する情報を入手する方法については、最新のハードウェア互換性リスト (HCL) を参照してください。 最新の Windows XP の HCL の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
314062 最新の Windows XP ハードウェア互換性リスト
ハード ディスク コントローラがハードウェア互換性リストに記載されていない場合、ドライバが入手できるかどうかについては、コンピュータの製造元、システム ボードの製造元、またはハード ディスク コントローラの製造元に問い合わせてください。マイクロソフトは、HCL に記載されていない装置に関しては解決策の有無を保証しません。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
315239 Windows HCL に存在しないハードウェアのサポート ポリシーについて
Windows XP レジストリのシステム ハイブが破損している場合、ブート コントローラが必要とするミニポート デバイス ドライバを、Windows XP が読み込めなくなることがあります。この問題を解決するには、レジストリのバックアップを復元する必要があります。 レジストリのバックアップを復元する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
307545 レジストリの破損により Windows XP を起動できなくなった場合の回復方法

ハードウェアの問題

ブート コントローラと別のコントローラとの間、または SCSI デバイス間にリソースの競合が存在する場合、"STOP 0x0000007B" エラー メッセージが表示されることがあります。また、ドライブ変換が実行されていないか、変更されている場合にも、"STOP 0x0000007B" エラー メッセージが表示されることがあります。この問題のトラブルシューティング手順を以下に示します。
  1. ブート コントローラと別のコントローラとの間で、IRQ または I/O ポート アドレスの競合が存在する場合は、Windows XP の応答が停止 (ハング) するか、"STOP 0x0000007B" エラー メッセージが表示されます。最近、新しいハードウェアを追加した場合は、新しいハードウェアを取り外すか、他のインストール済みコントローラのリソースと競合しないように、新しいハードウェアを再構成します。
  2. SCSI ハード ディスクを使用している場合は、SCSI チェーンが正しくターミネートされていることを確認します。使用していない SCSI デバイスを取り外し、各 SCSI ID が一意であることを確認します。
  3. ドライブ変換が必要な場合、有効になっていて、変更されていないことを確認します。たとえば、最近コントローラを交換した場合、この問題が発生する可能性があります。 この問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    314082 Windows XP のシステム ディスクを他のコンピュータに移動した後に STOP 0x0000007B エラーが表示される

その他の問題

"STOP 0x0000007B" エラー メッセージの原因として考えられるその他の要因を、以下に示します。
  • ブート ボリュームが破損していて、Windows XP でマウントできません。ファイル システムが破損していて、スタートアップ処理中に Windows XP がブート ボリュームをマウントできない場合、ドライブを取り外して Windows XP を実行している別のコンピュータに装着し、そのドライブに対して chkdsk コマンドを実行します。または、そのドライブの別のフォルダに Windows XP のパラレル インストールを作成します。ファイルのコピー前に Windows XP セットアップ プログラムによりボリュームの整合性がチェックされ、一部の問題が修正されることがあります。
  • Windows NT 4.0 で作成されたミラー化されたブート パーティションに Windows XP をインストールしようとしています。Windows XP では、Windows NT 4.0 の Ftdisk ボリューム セットはサポートされません。Windows 2000 を実行中の場合、Windows XP へのアップグレード前に、すべての Ftdisk ボリューム セットをダイナミック ボリューム セットに変換する必要があります。Windows NT 4.0 を実行中の場合は、Windows XP へのアップグレード前に、すべてのミラーの解除を行い、ストライプ、RAID 5、または拡張されたボリューム セット上のすべてのデータをバックアップします。アップグレード後は、Ftdisk セットにアクセスできなくなる可能性があります。

一般的なトラブルシューティング

この資料に記載されている問題のいずれにも該当しない場合は、次の一般的なトラブルシューティング手順を実行します。
  1. Windows XP のインストール中に、この資料に記載されているエラー メッセージの 1 つが表示された場合には、コンピュータの BIOS を更新するか、コンピュータの製造元、システム ボードの製造元、またはハード ディスク コントローラの製造元からハード ディスク コントローラ用の Windows XP ドライバを入手します。または、その両方を行います。BIOS の更新方法や Windows XP ドライバの入手方法については、コンピュータの製造元に問い合わせてください。ドライバの入手に関する詳細については、この資料の「デバイス ドライバの問題」を参照してください。

    : 以前に Windows NT 4.0 または Windows 2000 が、ミラー化されたブート パーティションにインストールされていた場合には、この資料の「その他の問題」を参照してください。
  2. "前回正常起動時の構成" 機能を使用します。ブート コントローラ用に互換性のないデバイス ドライバをインストールした場合には、この機能により問題が解決することがあります。 前回正常起動時の構成機能を使用する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    307852 [HOW TO] 前回正常起動時の構成機能を使用してコンピュータを起動する
  3. Windows XP セットアップの修復オプションを使用します。 セットアップ プログラムを使用して Windows XP を修復する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    315341 Windows XP のインプレース アップグレード (再インストール) を実行する方法
  4. レジストリのバックアップを復元します。 レジストリのバックアップを復元する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    307545 レジストリの破損により Windows XP を起動できなくなった場合の回復方法

関連情報

"STOP 0x0000007B" エラー メッセージの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
316401 Windows XP ベースのコンピュータを再起動すると "STOP 0x0000007B" エラー メッセージが表示される
303786 Sysprep.inf ファイルに [SysprepMassStorage] セクションが存在しないため、Windows XP Sysprep イメージ上で STOP 0x7B エラー メッセージが表示される
315031 MSDN 版の Windows XP を使用してアップグレードできない
314082 Windows XP のシステム ディスクを他のコンピュータに移動した後に STOP 0x0000007B エラーが表示される
314859 Windows XP セットアップ時に F6 キーで使用できる OEM ドライバの制限付きサポート

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 324103 (最終更新日 2005-01-07) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 324103 - 最終更新日: 2007年12月1日 - リビジョン: 4.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows XP 64-Bit Edition Version 2003
キーワード:?
kbhardware kbdriver kbhowtomaster kbenv kberrmsg kbfaq kbtshoot KB324103
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com