カスタム イベントの作成方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 324145 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、カスタム イベントの作成方法について手順を追って説明します。Eventcreate ユーティリティを使用すると、イベント ログにカスタム イベントを作成できます。これは、イベントを出力するために VBScript などの言語を使用せずに、エラーやイベントを直接ログに出力するときにスクリプト内で使用する診断ツールとして役立ちます。

Eventcreate ユーティリティ

Eventcreate は、コマンド プロンプトから起動するか、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに入力して起動できるコマンド ライン ユーティリティです。このコマンドには、次のスイッチが使用できます。
  • /s computer
    イベントの出力先であるリモート コンピュータの名前または IP アドレスを指定します。デフォルトのコンピュータは、ローカル コンピュータです。
  • /u domain\user
    指定したユーザーのアクセス許可を使用してコマンドを実行します。デフォルトのユーザーは、現在のユーザーです。
  • /p password
    /u パラメータで指定したユーザー アカウントのパスワードを指定します。
  • /l
    イベントを作成するログの名前を指定します。APPLICATION または SYSTEM のみを指定できます。
  • /so source name
    イベントを生成する "ソース" 名を指定します。任意の文字列を指定できますが、通常はプログラム名が指定されます。
  • /t
    作成するイベントの "種類" を指定します。有効なイベントの種類は、ERROR (エラー)、WARNING (警告)、INFORMATION (情報) です。
  • /id EventID
    イベントの "イベント ID" を指定します。1 〜 1000 の範囲の整数である必要があります。ID が一意になる必要はないため、これらを使用して、プログラムからの終了コードなどを識別できるエラー番号を記録することをお勧めします。
  • /d description
    新しく作成されるイベントに使用する "説明" を指定します。文字列に複数の単語を指定する場合は、二重引用符 (") で囲みます。
  • /?
    コマンド プロンプトでヘルプを表示します。
: /t、/id、および /d の各オプションの値は必須指定であり、/l オプションや /so オプションの値を追加指定できます。

アプリケーション ログにイベントを作成する

"アプリケーションが失敗しました" という説明が付いたエラー イベントをアプリケーション ログに作成するには、eventcreate /t error /id 1000 /l application /d "アプリケーションが失敗しました" とコマンドを指定します。

アプリケーション ログに特定プログラムのイベントを作成する

"10 ページ印刷完了" という説明が付いた Winword.exe プログラムの情報イベントを作成するには、eventcreate /t information /id 1 /l application /so winword /d "10 ページ印刷完了" とコマンドを指定します。

1 台または複数台のリモート コンピュータにイベントを作成する

/s スイッチを使用すると、リモート コンピュータ上のイベント ログに書き込むことができます。たとえば、"TestServer" という名前のサーバー上にあるアプリケーション ログに上述のイベントを書き込むには、eventcreate /s testserver /t information /id 1 /l application /so winword /d "10 ページ印刷完了" とコマンドを実行します。Eventcreate は、デフォルトで、現在のユーザーのユーザー資格情報を使用してイベントを書き込みます。ユーザーに適切な権限がない場合、コマンドは動作しません。別の資格情報を指定するには、/u と /p スイッチを使用して、使用するユーザー、ドメイン、およびパスワードを指定します。たとえば、"writelog" というパスワードを持った "Microsoft" ドメインの "logwriter" ユーザーを使用するには、eventcreate /s sentient /u Microsoft\logwriter /p writelog /t information /id 1 /l application /so winword /d "10 ページ印刷完了" とコマンドを実行します。/s パラメータを追加で指定すると、複数のログに書き込むこともできます。たとえば、eventcreate /s sentient /s intelligent /u Microsoft\logwriter /p writelog /t information /id 1 /l application /so winword /d "10 ページ印刷完了" とコマンドを実行してこれを行います。

: これらの手順を正常に動作させるには、ユーザー名とパスワードが、これらすべてのコンピュータ間で有効である必要があります。ユーザー名とパスワードの組み合わせがそれぞれのコンピュータで異なる場合は、個別の eventcreate コマンドを使用する必要があります。

プロパティ

文書番号: 324145 - 最終更新日: 2006年3月28日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster KB324145
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com