[HOWTO] Windows Server 2003 で簡易ネットワーク管理プロトコル (SNMP) サービスを構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 324263 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows Server 2003 で簡易ネットワーク管理プロトコル (SNMP) サービスを構成する方法について手順を追って説明します。この資料では、SNMP エージェント プロパティ、SNMP トラップ、および SNMP セキュリティを構成する方法について説明します。

SNMP サービスをエージェントに設定すると、特定のイベントが発生した場合に、トラップ メッセージが生成されて、トラップ先に送信されます。たとえば、受信した情報の要求が、正しいコミュニティ名を含んでおらず、サービスに対して受け付けるホスト名に一致していない場合に、トラップを送信するように SNMP サービスを構成することができます。

SNMP エージェント情報の構成方法

SNMP エージェント情報を構成するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル]、[管理ツール] を順にポイントして、[コンピュータの管理] をクリックします。
  2. コンソール ツリーの [サービスとアプリケーション] を展開し、[サービス] をクリックします。
  3. 右ウィンドウの [SNMP Service] をダブルクリックします。
  4. [エージェント] タブをクリックします。
  5. [連絡先] ボックスにコンピュータのユーザーまたは管理者の名前を入力し、[場所] ボックスにコンピュータまたは連絡先の物理的な場所を入力します。

    これらのコメントはテキストとして扱われ、省略することもできます。
  6. [サービス] の項目から、このコンピュータで提供するサービスのチェック ボックスをオンにします。サービスのオプションは以下のとおりです。
    • [物理] : ハード ディスク パーティションなどの物理デバイスをこのコンピュータで管理するかどうかを指定します。
    • [アプリケーション] : TCP/IP を使用してデータを送信するプログラムをこのコンピュータで使用するかどうかを指定します。
    • [データ リンクとサブネットワーク] : ブリッジなど、TCP/IP サブネットワークまたはデータ リンクをこのコンピュータで管理するかどうかを指定します。
    • [インターネット] : このコンピュータを IP ゲートウェイ (ルーター) として利用するかどうかを指定します。
    • [End-to-end] : このコンピュータを IP ホストとして利用するかどうかを指定します。
  7. [OK] をクリックします。
: スイッチやルーターなどの TCP/IP ネットワーク デバイスを追加してインストールした場合、「RFC (Request for Comments) 1213」で詳細を参照してください。「RFC 1213」を参照するには、次のインターネット技術標準化委員会 (IETF) の Web サイトを参照してください。

http://www.ietf.org/rfc/rfc1213.txt
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

SNMP コミュニティとトラップの構成方法

トラップを構成するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル]、[管理ツール] を順にポイントして、[コンピュータの管理] をクリックします。
  2. コンソール ツリーの [サービスとアプリケーション] を展開し、[サービス] をクリックします。
  3. 右ウィンドウの [SNMP Service] をダブルクリックします。
  4. [トラップ] タブをクリックします。
  5. [コミュニティ名] ボックスに、このコンピュータがトラップ メッセージを送信する先のコミュニティ名を入力します。このコミュニティ名は、大文字と小文字が区別されます。次に [一覧に追加] をクリックします。
  6. [トラップ送信先] の [追加] をクリックします。
  7. [ホスト名、IP アドレス、または IPX アドレス] ボックスにホストの名前、IP アドレスまたは IPX アドレスを入力し、[追加] をクリックします。

    入力したホスト名またはアドレスは [トラップ送信先] の一覧に表示されます。
  8. 手順 5. 〜 7. を繰り返して、必要なコミュニティとトラップ送信先を追加します。
  9. [OK] をクリックします。

SNMP セキュリティの構成方法

コミュニティの SNMP セキュリティを構成するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル]、[管理ツール] を順にポイントして、[コンピュータの管理] をクリックします。
  2. コンソール ツリーの [サービスとアプリケーション] を展開し、[サービス] をクリックします。
  3. 右ウィンドウの [SNMP Service] をダブルクリックします。
  4. [セキュリティ] タブをクリックします。
  5. 認証が失敗した場合に必ずトラップ メッセージを送信するには、[認証トラップを送信する] チェック ボックスをオンにします (まだオンになっていない場合)。
  6. [受け付けるコミュニティ名] の [追加] をクリックします。
  7. 選択したコミュニティからの SNMP 要求をホストで処理する方法を指定するには、[コミュニティの権利] ボックスの必要なアクセス許可レベルをクリックします。
  8. [コミュニティ名] ボックスにコミュニティ名を入力します。このコミュニティ名は大文字と小文字が区別されます。次に [追加] をクリックします。
  9. ホストからの SNMP パケットを受け付けるかどうかを指定します。指定するには、次のいずれかの操作を行います。
    • ネットワーク上の任意のホストからの SNMP 要求を受け付けるには、[すべてのホストから SNMP パケットを受け付ける] をクリックします。
    • SNMP パケットの受け付けを制限するには、[これらのホストから SNMP パケットを受け付ける] をクリックし、[追加] をクリックして、[ホスト名、IP アドレス、または IPX アドレス] ボックスに適切なホスト名、IP アドレスまたは IPX アドレスを入力します。
  10. [追加] をクリックします。
  11. [OK] をクリックします。
重要 : デフォルトの名前 "Public" を含むすべてのコミュニティ名を削除した場合、SNMP は提示されるどのコミュニティ名にも応答しません。

関連情報

SNMP サービスのネットワーク セキュリティを構成する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
324261 Configure Network Security for the SNMP Service in Windows Server 2003

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 324263 (最終更新日 2003-04-29) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 324263 - 最終更新日: 2004年5月5日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbenv kbnetwork KB324263
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com