Windows Server 2003 におけるシャットダウン時の問題のトラブルシューティング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 324268 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows Server 2003 でシャットダウン時の問題のトラブルシューティングに使用できる一般的な手順について説明します。

Windows のシャットダウン時、コンピュータにインストールされているデバイス、システム サービス、およびプログラムにメッセージが送信されます。これらのメッセージは、Windows がシャットダウンの準備を行っていることを通知します。オペレーティング システムは、実行中のプログラムが未保存のデータをハード ディスクに保存して正常にシャットダウンするように、プログラムからの応答を待ちます。通常、実行中の各デバイス、サービス、プログラムは、シャットダウン メッセージに対して、プログラムが終了可能なことを示すメッセージで応答します。

コンピュータをシャットダウンするときに、以下に示す 1 つ以上の現象が発生することがあります。
  • コンピュータが応答を停止 (ハング) します。この現象が発生すると、画面が黒くなることがあります。
  • コンピュータの電源を切っても安全なことを示すメッセージが表示されても、コンピュータの電源が切れません。
  • エラー メッセージが表示されます。
一般に、シャットダウンの問題の原因には以下のようなものがあります。
  • デバイス ドライバに障害が発生しているか、互換性がありません。
  • システム サービスが正しく応答しないか、ビジー要求メッセージをシステムに送信しています。
  • プログラムに障害が発生しているか、互換性がありません。

Windows Server 2003 におけるシャットダウン時の問題のトラブルシューティング

シャットダウンの問題のトラブルシューティングを行い、シャットダウン時の不適切な動作の原因を特定するには、以下の方法を使用します。
  • タスク マネージャを使用してシャットダウンの問題の原因を特定します。
  • コンピュータに対して最近行った変更を元に戻します。
  • セーフ モードを使用してシャットダウンの問題の原因を特定します。
  • コンピュータの CMOS (Complementary Metal Oxide Semiconductor) および BIOS (Basic Input/Output System) の設定が正しいことを確認します。

タスク マネージャを使用してシャットダウン時の問題の原因を特定する方法

タスク マネージャを使用して、コンピュータで実行中のプログラムを特定します。タスク マネージャの一覧に表示されている各プログラムを手動で終了した後、コンピュータをシャットダウンして再起動し、シャットダウンの問題が解決されるかどうかを確認します。これを行うには、以下に示す手順を実行します。

: コンピュータで実行中のプログラムの中には、タスク マネージャの [アプリケーション] タブに表示されないものもあります。
  1. Ctrl + Alt + Del キーを押し、[タスク マネージャ] をクリックします。
  2. [アプリケーション] タブをクリックします。
  3. [タスク] 列で、終了するプログラムをクリックし、[タスクの終了] をクリックします。
  4. タスク マネージャを終了します。
  5. コンピュータの電源を切ります。

コンピュータに対して最近行った変更を元に戻す方法

コンピュータに何らかの変更を加えた直後 (たとえば、プログラム、サービス、またはデバイス ドライバが必要なハードウェアのインストールやアップグレードを行った場合) にシャットダウンの問題が発生する場合は、最後に行った変更を元に戻します。たとえば、最後にインストールしたドライバやプログラムを削除した後、コンピュータをシャットダウンして再起動し、正常にシャットダウンするかどうかを確認します。

セーフ モードを使用してシャットダウン時の問題の原因を特定する方法

セーフ モードでコンピュータを起動すると、必要最小限のドライバとサービスのみが読み込まれます。ドライバ、プログラム、または自動的に起動するサービスの障害が原因で発生している問題を特定して解決する際、セーフ モードは有効な診断ツールとして使用できます。

コンピュータがセーフ モードで正常にシャットダウンできるかどうかを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. コンピュータを再起動します。
  2. 起動するオペレーティング システムの選択画面で F8 キーを押します。
  3. [Windows 拡張オプション メニュー] で、方向キーを使用して [セーフ モード] を選択し、Enter キーを押します。
  4. デュアルブート コンピュータまたはマルチブート コンピュータを使用している場合は、表示される一覧から [Microsoft Windows Server 2003] を選択し、Enter キーを押します。
  5. コンピュータがセーフ モードで起動したら、コンピュータをシャットダウンします。

    コンピュータがセーフ モードで正常にシャットダウンした場合、手順 1. 〜 4. をもう一度実行してコンピュータをセーフ モードで再起動します。その後、手順 6. に進み、残りの手順に従ってシャットダウンの問題のトラブルシューティングを行い、原因を特定します。
  6. ブート ログ ファイル Ntbtlog.txt を参照し、コンピュータをセーフ モードで起動したときに読み込まれなかったデバイスとサービスをメモします。

    Ntbtlog.txt ファイルは %SystemRoot% フォルダ (デフォルトでは Windows フォルダ) に置かれています。このファイルはメモ帳で開いて参照できます。Ntbtlog.txt ファイルには、セーフ モードでコンピュータを起動したときに読み込まれたデバイスとサービス、および読み込まれなかったデバイスとサービスが記録されています。

    : サードパーティのドライバまたはサービスの中に、コンピュータを通常モードで起動したときには実行され、セーフ モードで起動したときには実行されなかったものがある場合、そのサードパーティのドライバまたはサービスがシャットダウンの問題の原因である可能性があります。
  7. コンピュータを通常モードで再起動した後、以下のいずれかの操作を行います。
    • Ntbtlog.txt ファイルで特定した、シャットダウンの問題の原因と考えられるドライバとサービスをそれぞれ削除します。
    • サービスを 1 つずつ停止するか、無効にします。
    デバイスとそのドライバを削除したり無効にしたりする際には、デバイス マネージャを使用できます。
    デバイス マネージャを使用してデバイスを管理する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    199276 [HOWTO] Windows でのデバイスの管理方法
    244601 Windows 2000 のデバイス マネージャに表示された不明なデバイスのトラブルシューティング方法
    125174 デバイス マネージャで表示されるエラー コードの説明
    323423 Windows Server 2003 でデバイス マネージャを使用してデバイスを構成する方法
  8. シャットダウンの問題が解決されたかどうかをテストするために、コンピュータをシャットダウンします。
  9. 問題のサービスまたはドライバを特定した後、ファイルの破損が疑われる場合にはそのサービスまたはドライバを再インストールします。または、製造元に問い合わせて現象を報告し、シャットダウン問題の解決に使用可能な更新プログラムについての情報を入手してください。
セーフ モードでのシャットダウン問題のトラブルシューティング方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
266169 Windows 2000 コンピュータのスタンバイ モード、休止状態モード、シャットダウンで発生する問題のトラブルシューティング方法

コンピュータの CMOS および BIOS の設定が正しいことを確認する方法

警告 : この手順では、コンピュータの CMOS と BIOS 設定の変更を伴う場合があります。コンピュータの BIOS の変更を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があります。コンピュータの CMOS 設定の変更は、自己の責任において行ってください。

CMOS と BIOS の設定が不適切な場合や破損している場合に、起動の問題やシャットダウンの問題が発生することがあります。使用中のコンピュータの正しい CMOS と BIOS の設定に関する情報、およびこれらの設定の確認と変更を行う方法については、コンピュータのマニュアルを参照するか、コンピュータの製造元にお問い合わせください。コンピュータの BIOS が最新であることを確認するには、コンピュータの製造元に連絡し、使用しているコンピュータ用の最新の BIOS 更新プログラムについてお問い合わせください。

パラレル インストールを使用してシャットダウン時の問題の原因を特定する方法

パラレル インストールを使用してシャットダウン時の問題のトラブルシューティングを行う手順は、以下のとおりです。
  1. コンピュータの別のパーティションに Windows Server 2003 を新しくインストールします (パラレル インストールを作成します)。次に、パラレル インストール上にドライバとプログラムを一度に 1 つずつインストールします。
  2. プログラムを 1 つインストールするたびにコンピュータをシャットダウンして再起動し、シャットダウン時に問題が発生するかどうかを確認します。

    問題が発生した場合、最後にインストールしたドライバまたはプログラムが、シャットダウンの問題の原因である可能性があります。
  3. 元のインストール環境で、問題のドライバまたはプログラムを削除するか更新します。その後、Windows が正常にシャットダウンするかどうかをテストします。

    問題が解決した場合、Windows Server 2003 のパラレル インストールを削除します。



プロパティ

文書番号: 324268 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 10.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbmgmtservices KB324268
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com