UNIX から Windows への移行後の保守や付加料金のタスクを実行する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 324539 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、一連の UNIX から Windows への移行を実行するための詳細な情報を提供するための資料のいずれかです。

このシリーズの記事は、以下の資料があります。
324215 UNIX から Windows への移行を準備する方法
323970 ターゲット サーバーを UNIX から Windows への移行を準備する方法
324213 Apache の設定を移行して、UNIX から Windows への移行で IIS を構成する方法
324538 UNIX から Windows への移行の Web サイトのデータを移行する方法
324216 UNIX から Windows への移行で IIS をセキュリティで保護する方法
324539 UNIX から Windows への移行後の保守や付加料金のタスクを実行する方法
324217 テストする方法と、UNIX から Windows への移行後にパフォーマンスの調整

UNIX から Windows への移行で DNS サーバーを設定する方法

DNS サーバーが、提供するため、クライアント コンピューターを識別すると、サーバーに接続する最も簡単なメソッドを使用して、Web サーバー自体と同様に重要です。Microsoft DNS サーバーは Windows Active Directory と統合され、の別のサーバーの既存の DNS レコードをインポートすることができます。この動作により、DNS データの移行は、1 つのサーバーから別のサーバーにはるかに簡単です。

設定する詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックして、windows DNS サーバーを管理します。
300202 Windows 2000 でインターネット アクセス用に DNS を構成する方法
301192 Windows 2000 では、Windows 2000 ベースのドメイン ネーム システム サーバーに、BIND ベースのサーバーから、既存のドメイン名システムのインフラストラクチャを移行する方法

UNIX から Windows への移行では、FTP サービスを設定する方法

ファイル転送プロトコル (FTP) は、通常ダウンロード可能な資料を提供するサイトで使用されます。FTP は、ファイルの配布をより便利で信頼性の高い方法です。既定では、UNIX には FTP サーバーが含まれていて、ハイパー テキスト転送プロトコル (HTTP) およびファイルへの FTP アクセスを提供する Web サイトのレイアウトでは、サービスを統合することができます。インターネット インフォメーション サービス (IIS) には、FTP 仮想サーバーのコンポーネントと同様の機能を提供するが含まれます。

設定し、Windows では、FTP サーバーを管理する方法については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
300662 Windows 2000 では、FTP サーバーを設定する方法

起動し、個々 の Web サイトを停止する方法

Apache では、1 つの構成ファイルで定義されているすべての Web サイトはサーバー プロセスの同じグループによって提供されます。迅速にこれらのサイトのいずれかを行う場合は、すべてを実行する必要があります。IIS を詳細に制御しできます。 または開始または停止し一時停止、同じサーバーでホストされている他のすべてのサイトに影響を与えずに個々 の Web サイトを再開します。

個々 の Web サイトの起動とシャット ダウンする方法については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
324090 起動し、IIS で個別の Web サイトを停止する方法

ログ ファイルの設定をカスタマイズする方法

レポートを使用してユーザーへの管理の重要な部分は、サイトとサイトの監視します。形式をカスタマイズすることができ、Apache のログ ファイルの内容は、Web サイトへのアクセス中に記録される情報の種類のすべての個別のログ ファイルを作成できます。また、IIS は 1 つのファイル (このファイルをカスタマイズすることができます) すべての情報を保持するために使用します。IIS では、Apache よりも細かいレベルでは、ログ ファイルに記録されている Web サイトのセクションを制限するためのメソッドも提供します。

ログ ファイルから表示およびレポートする方法

Apache は 2 つの別々 のファイルにアクセス、特定のサイトのエラーを記録します。任意のテキスト エディターを使用して、これらの標準のテキスト ファイルを表示できます。ただし、ファイルに関するレポートを作成、アクティブなサービスは、Apache サーバを再起動する必要がありますから削除するがあります。IIS アクセス ログを自動的に回転させることができます。これらのファイルは、標準のテキスト形式でもあります。IIS を使用する場合は、システム ログをリセットする必要がないため、前の期間のログへのアクセスには簡単です。

詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックして、ログ ファイルからレポートおよび表示する方法。
324091 ログ ファイルから表示およびレポートする方法

帯域幅の制限を管理する方法

帯域幅、スループット、およびその他のパフォーマンス パラメーターを IIS の Web サイトでの Web サイトごとに制限できます。

帯域幅の制限を管理する方法に関する詳細については、「、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次資料番号をクリックします。
308186 Windows 2000 では、Web サーバーのパフォーマンスを最適化する方法
303817 Windows 2000 でネットワーク負荷分散の TCP/IP を設定する方法

UNIX から Windows への移行のユーザー名マッピング サービスの構成をインストールする方法

UNIX と Windows のドメインがユーザー名に完全に一致する場合でも別のユーザーとグループのアイデンティティがあります。ユーザー名マッピング サービスは、Windows のセキュリティ識別子 (Sid) を UNIX ユーザー識別子 (Uid) とグループ識別子 (Gid) の識別子が異なるかどうかに関係なく、マップを使用できます。さらに、ユーザー名マッピング サービスは、1 つの UNIX アカウントへの複数の Windows アカウントのマッピングをサポートします。この現象は、移行中に UNIX リソースへのアクセスを持つ必要がある Windows ユーザーのアカウント管理を簡略化します。

ユーザー名マッピング サービスの構成をインストールする方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
324073 ユーザー名マッピング サービスを構成する方法

インストールおよび NFS のゲートウェイを構成する方法

NFS ゲートウェイを使用するには、他の Windows クライアントまたは UNIX サーバー上にソフトウェアをインストールすることがなく、UNIX コンピューターに NFS リソースへのアクセスを提供する 1 台のサーバーを設定します。この機能は移行の段階として、UNIX リソースに継続的なアクセスを提供することにより、UNIX から Windows への移行を促進できます。

UNIX ファイル ・ サービスを Windows クライアントに NFS のゲートウェイを設定します。

ファイルを移行、既存の UNIX サーバーから、Windows サーバーに FTP ではなくネットワーク ファイル システム (NFS) を使用してファイルを移動する場合は、簡単です。Windows サーバで、nfs ゲートウェイをインストールする場合は、他の Windows クライアントにソフトウェアを追加でロードすることがなく、NFS リソースにアクセスを提供できます。Windows サービス UNIX version 3.0 をインストールするため、Microsoft インストーラーを使用します。その結果、コマンド ・ ラインから、製品の個々 のモジュールをインストールできます。詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324085 UNIX ファイル ・ サービスを Windows クライアントに NFS のゲートウェイを設定する方法

Nfs ゲートウェイを使用して UNIX ファイル ・ システムの共有

ファイルを移行、既存の UNIX サーバーから、Windows サーバーに FTP ではなくネットワーク ファイル システム (NFS) を使用してファイルを移動する場合は、簡単です。Windows ベースのサーバー上の nfs ゲートウェイを使用する場合は、他の Windows クライアントまたは UNIX または Linux のサーバー上で追加のソフトウェアをロードすることがなく、NFS リソースにアクセスを提供できます。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324087 Nfs ゲートウェイを使用して UNIX ファイル ・ システムを共有する方法

Nfs ゲートウェイを使用してファイルまたはフォルダーに対する NFS のアクセス許可を設定します。

NFS は、Windows の随意アクセス制御リスト (DACL) とは異なるアクセス許可を使用します。ただし、標準の UNIX や NFS のアクセス許可属性を使用して、基になるファイルまたはフォルダーのアクセス許可属性を変更するには、Windows サービスの UNIX のゲートウェイは、NFS の機能を使用できます。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324544 ファイルまたはフォルダーの NFS のゲートウェイを使用して NFS のアクセス許可を設定する方法

UNIX から Windows への移行の nfs ゲートウェイの既定のアクセス許可を構成する方法

NFS 共有のファイル ・ システムのすべてのゲートウェイの既定のアクセス許可は、nfs ゲートウェイを使用して Windows クライアントに共有される NFS リソースに作成されるファイルの初期のアクセス許可マスクを決定します。この既定のアクセス許可は、Windows サービス UNIX の管理 Microsoft 管理コンソール (MMC) 用のいずれかを使用してまたはコマンド ・ ラインから次のよう、ユーティリティを使用してグローバルに設定できます。アクセス許可、NFS ゲートウェイを介して作成される NFS リソースに対して開始、umask を設定するが、機関、UNIX システム上の適切なレベルを持つユーザーが NFS のアクセス許可を後で変更できます。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324540 UNIX から Windows への移行の nfs ゲートウェイの既定のアクセス許可を構成する方法

インストールおよび NFS 用サーバーを構成する方法

NFS は、ネットワークのファイルとフォルダーの共有のネイティブ UNIX プロトコルです。NFS を使用して、UNIX や Linux クライアントには、Windows ファイル システム リソースを共有するには、UNIX の Windows サービスに含まれる、NFS 用サーバーを使用できます。NFS 用サーバーには NFS バージョン 3 の完全なサポートが含まれます。この機能は、相互運用性との混在環境での移行を促進します。Windows を使用している場合は、使い慣れた Windows エクスプ ローラーのインターフェイスまたは Windows Nfsshare.exe のコマンド ライン ユーティリティを使用して UNIX クライアントにファイルを共有できます。

設定し、サービスを提供する Windows ファイル UNIX クライアントに nfs サーバーを構成します。

NFS は、ネットワークのファイルとフォルダーの共有のネイティブ UNIX プロトコルです。Windows サービス UNIX version 3.0 には NFS の機能を使用すると Windows コンピューターから UNIX や Linux クライアントにファイル サービスを提供することができますフル NFS バージョン 3 サーバーを提供するために、サーバーが含まれます。Windows サービス UNIX version 3.0 をインストールするため、Microsoft インストーラーを使用します。その結果、コマンド ・ ラインから、製品の個々 のモジュールをインストールできます。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324085 UNIX ファイル ・ サービスを Windows クライアントに NFS のゲートウェイを設定する方法

NFS 用サーバーを Windows フォルダーの共有

NFS は、ネットワークのファイルとフォルダーの共有のネイティブ UNIX プロトコルです。NFS を使用して、UNIX や Linux クライアントには、Windows ファイル システム リソースを共有するには、UNIX の Windows サービスに含まれる、NFS 用サーバーを使用できます。NFS 用サーバーには NFS バージョン 3 の完全なサポートが含まれます。この機能は、相互運用性との混在環境での移行を促進します。Windows を使用している場合は、使い慣れた Windows エクスプ ローラーのインターフェイスまたは Windows Nfsshare.exe のコマンド ライン ユーティリティを使用して UNIX クライアントにファイルを共有できます。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324089 NFS 用サーバーを使用して、Windows のフォルダーを共有する方法

ログイン、UNIX から Windows へ移行する NFS 用サーバーを構成します。

NFS サーバーのログ出力のレベルおよびログ記録の種類を調整するのに使用できるログ設定の豊富なセットをサポートします。イベントが記録されるは、Windows イベント ログまたは、純粋の ASCII ファイルからレポートまたは後で変更できるように、NFS 用サーバーを構成できます。両方はコマンドラインと GUI 構成がサポートされています。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324072 ログイン Windows サービスの UNIX NFS 用サーバーを構成する方法

NFS 用サーバーでファイルのロックを管理します。

NFS サーバーは、処理し、NFS クライアントからの要求に基づいてファイルのロックを割り当てます。サーバー、指定した期間のときに接続が切断されたクライアントを接続を再確立するを待ちます。その期間では、クライアントは再接続せず、NFS 用サーバーでは、ロックを解放します。また、管理者場合は、手動で、クライアントによって保持されているすべてのロックを解除できます。使い慣れた Windows エクスプ ローラーのインターフェイスまたは Windows NFSAdmin.exe コマンド ライン ユーティリティを使用して、ロックのタスクを実行できます。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324220 ファイルは NFS 用サーバー上でロックを管理する方法

NFS 用サーバーでのパフォーマンス ・ パラメーターを構成します。

NFS 用サーバーでは、サイトを効率的にサポートする NFS 用サーバーを調整するのに使用できるパフォーマンス関連のパラメーターの数。サーバーのパラメーターを認証パラメーター、およびパラメーターは、ファイル名の処理方法を設定できます。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324219 NFS 用サーバーでパフォーマンスの設定を構成する方法

UNIX から Windows への移行をサポートする NFS 用サーバーでファイル名の文字変換を構成します。

UNIX と Windows の両方が有効なファイル名文字のセットを持ってください。ただし、これらのセットは異なります。場合はオンにしないで文字変換を構成して、NFS 用サーバーできませんいくつかの値 UNIX ファイル名を作成して、ユーザーがファイルを作成しようとしたときに、エラーが発生可能性があります。たとえば、Windows でサポートされている UNIX のファイル名でサポートされている文字、コロン (:)、疑問符 (?) およびアスタリスク (*) を含めます。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324218 UNIX から Windows への移行をサポートする NFS 用サーバーでファイル名の文字変換を構成する方法

NFS 用サーバーでクライアントのグループを使用して、UNIX から Windows への移行中にアクセス許可を管理するには

場合は、管理者は、クライアント コンピューターのグループの NFS 共有のマウントのアクセス許可を設定する NFS 用サーバーを使用できます。NFS サーバーのマウントのアクセス許可の管理が容易になります。ことができます、NFS エクスポート (共有) 使用可能な共有読み取り専用または読み取り/書き込み、共有、またはコンピューターのグループに対してアクセスを拒否することができます。また設定することができますルート グループ別にアクセスします。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324221 クライアント グループ サーバーで nfs を使用してアクセス権の管理、UNIX から Windows への移行中にする方法

UNIX から Windows への移行の UNIX 用印刷サービスの構成をインストールする方法

Microsoft Windows NT 4.0、Windows 2000、および Microsoft Windows XP の標準的な製品の一部として印刷を TCP/IP ベースに含めます。UNIX 用印刷サービスを使用するには、ライン プリンター デーモン (LPD) とリモートのライン プリンター クライアントとして動作するのに Windows コンピューターを構成します。UNIX 用印刷サービスを使用するには、リモートの UNIX クライアントから印刷ジョブを管理する UNIX サーバーに印刷ジョブを送信します。

詳細についてはインストールおよび UNIX 用印刷サービスを構成する、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックする方法。
324078 インストールおよび UNIX 用印刷サービスを構成する方法

UNIX ネットワーク上に Windows クライアントをサポートするために、PCNFS サーバーをインストールする方法

Nfs クライアントを使用している Windows クライアントは、ネットワーク情報サービス (NIS) または PCNFSD を使用して UNIX NFS サーバーに認証できます。NFS クライアント、NFS サーバー上のファイルにアクセスするときに、ユーザー名マッピング サービスは、Windows ユーザーとグループの SID、UNIX の UID と GID をマップします。この識別子が PCNFS によって認証し、ファイルへのアクセスは、認証済みの UID または GID に基づいて提供します。UNIX 用の Windows サービスには、PCNFS 認証をサポートするために、PCNFS サーバーにはが含まれています。

詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックして PCNFS をサーバーをインストールする方法。
324084 UNIX ネットワーク上に Windows クライアントをサポートするために、PCNFS サーバーをインストールする方法

インストールして、nis サーバーを構成します。

NIS は、複数の UNIX コンピューター間のアカウント管理を簡略化するネイティブ UNIX プロトコルです。一部の Windows サービス UNIX バージョン 3.0 を NIS サーバーに Active Directory に完全に統合されている NIS マスター ・ サーバの完全な実装を提供します。

UNIX から Windows への移行中に認証の NIS サーバーをインストールします。

UNIX 用の Windows サービスでは、NIS の完全に Active Directory ベースの実装を提供します。NIS は、ユーザーおよびグループ情報と認証のためのさまざまなネットワークについての情報の一元的なデータベースと、中央のアカウント データベースを提供する UNIX ベースのコンピューターで使用されます。この機能は、マスターと下位サーバー リレーションシップに基づくこの情報に基づいて下位サーバーを利用可能な情報を確認し、認証します。ただし、実際の変更行う必要があります NIS マスター サーバーに、下位の NIS サーバーに反映されます前に。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324083 UNIX から Windows への移行に Windows 上で NIS サーバーをインストールする方法

UNIX から Windows への移行の NIS サーバーを構成します。

NIS サーバーは NIS マスターの役割を Active Directory に統合します。その結果、既存の NIS ドメインを Active Directory に移行または新鮮な新しい NIS ドメインを作成できます。NIS ドメインを管理するのに MMC インターフェイスまたはコマンド ・ ラインから、Nisadmin.exe のユーティリティのいずれかを使用できます。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324541 NIS サーバーを UNIX から Windows への移行を構成する方法

既存の NIS マップを UNIX から Windows への移行での NIS サーバーに移行する方法

NIS サーバーは NIS マスターの役割を Active Directory に統合します。その結果、既存の NIS ドメインを Active Directory に移行できます。MMC インターフェイスや Nisadmin.exe ユーティリティとコマンド ・ ラインからの Nismap.exe ユーティリティを使用するには、NIS ドメインを管理します。

324543 UNIX から Windows への移行を NIS サーバーにマップする既存の NIS 移行方法

パスワード同期をインストールします。

UNIX version 3.0 のサービスは、必要なプログラムと、Windows と UNIX と Linux のコンピューター間での双方向のパスワード同期をサポートするサービスを提供します。Windows または UNIX のいずれかのコンピューターからパスワードの変更が発生することや、パスワード同期によって網羅されているすべてのコンピューターに変更が反映されます。パスワードが暗号化されたフォームでは、ネットワークを介して転送されます。パスワードがプレーン テキスト形式で転送されます。

Windows ホスト上でパスワード同期をインストールします。

Windows サービス UNIX バージョン 3.0 を必要なプログラムと、Windows と UNIX と Linux のコンピューター間での双方向のパスワード同期をサポートするためにサービスを提供します。Windows サービス UNIX version 3.0 をインストールするため、Microsoft インストーラーを使用します。その結果、コマンド ・ ラインから、製品の個々 のモジュールをインストールできます。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324082 Windows ホスト上でパスワード同期をインストールする方法

UNIX ホスト上でパスワード同期をインストールする方法

UNIX 用の Windows サービスは、サポートされている UNIX や Linux のホスト上でパスワード同期をサポートするために、コンパイル済みのバイナリを提供します。サポートされている UNIX 3.0 用の Windows サービスのホストを以下に示します。
  • HP-UX の 11
  • Sun Solaris (sparc) 7.0
  • IBM AIX 4.3.3 (Windows に UNIX のみ)
  • Red Hat Linux 7.0
詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324542 UNIX から Windows への移行の UNIX ホスト上でパスワード同期をインストールする方法

Interix をインストールする方法

Interix サブシステムには、完全に POSIX 準拠環境を提供、Windows カーネルにネイティブのサブシステムとして実行されます。これは、Korn シェルと C シェルと 350 を超えるコマンド ライン ユーティリティの両方が含まれます。Interix ソフトウェア開発キット (SDK) をインストールする場合は、1,900 以上の UNIX の機能を完全にサポートがあります。Windows サービス UNIX version 3.0 をインストールするため、Microsoft インストーラーを使用します。その結果、コマンド ・ ラインから、製品の個々 のモジュールをインストールできます。

Interix をインストールする方法については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
324081 Interix をインストールする方法

Interix デーモンを構成します。

Interix サブシステムでは、ネイティブの Windows カーネルのサブシステムとして実行される POSIX に完全に準拠した環境を提供します。350 を超える UNIX ユーティリティが含まれているし、さまざまなは telnet デーモン (サーバー) と、「r ユーティリティ」の基になるリモート シェル プロトコルなどのネットワーク プロトコルを処理するためには、inetd デーモンも含まれていますR ユーティリティには、rsh、rlogin、およびその他のユーティリティが含まれます。

Interix R のユーティリティを有効にします。

Win32 リモート シェル サービスは、Cmd.exe のデフォルト シェルを使用しても、ユーザーの既定のシェルを使用して、Interix rshd デーモンと ksh または箱/csh です。1 台のリモート シェル サーバーのみできます 514 (リモート シェル ポート) のポートをリッスン、Interix rshd を実行する場合はため、最初、Win32 がベースのリモート シェル サーバーを無効にしを有効にするを Interix サーバーを起動します。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324076 Interix R のユーティリティを有効にする方法

Interix Telnet のデーモンを有効にする方法

Win32 telnet サービスは、Cmd.exe のデフォルト シェルを使用してが、Interix telnet のデーモンは、ユーザーの既定のシェル、箱と ksh または箱と csh のいずれかです。のみ 1 つの telnet サーバーがポート 23 (telnet ポート) をリッスン、Interix telnetd を実行する場合はため、最初、Win32 ベースの telnet サーバーを無効にしてを有効にするし、Interix サーバーを起動します。
324077 Interix の Telnet のデーモンを有効にする方法

NFS クライアントを使用して、ファイルまたはフォルダーに対する NFS のアクセス許可を設定する方法

NFS は、Windows の随意アクセス制御リスト (DACL) とは異なるアクセス許可を使用します。ただし、標準、UNIX や NFS のアクセス許可属性を使用して、基になるファイルまたはフォルダーのアクセス許可属性を変更するのに機能の NFS クライアントが UNIX 用の Windows サービスを使用できます。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
324546 NFS クライアントを使用して、ファイルまたはフォルダーに対する NFS のアクセス許可を設定する方法

関連情報

UNIX から Windows への移行の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb463224.aspx

プロパティ

文書番号: 324539 - 最終更新日: 2013年11月1日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbmt KB324539 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:324539
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com