実行中の Windows Server 2003 を Web サーバーとして構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 324742 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows Server 2003 環境で匿名アクセス用の Web サーバーを構成する方法について、手順を追って説明します。


インターネット インフォメーション サービスをインストールする

Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) は、Windows Server 2003 に統合された Web サービスです。

IIS のインストール、サブコンポーネントの追加、またはサブコンポーネントの削除を行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をポイントして、[プログラムの追加と削除] をクリックします。

    プログラムの追加と削除ツールが起動します。
  2. [Windows コンポーネントの追加と削除] をクリックします。

    Windows コンポーネント ウィザードが表示されます。
  3. [Windows コンポーネント] ボックスの一覧で [アプリケーション サーバー] をクリックします。ただし、チェック ボックスの状態は変更しません。
  4. [詳細] をクリックし、[インターネット インフォメーション サービス (IIS)] チェック ボックスをオンにします。
  5. [詳細] をクリックして、IIS のサブコンポーネントの一覧を表示します。
  6. インストールするサブコンポーネントを選択します。デフォルトでは、以下のコンポーネントが選択されています。
    • 共通コンポーネント
    • インターネット インフォメーション サービス マネージャ
    • WWW (World Wide Web) サービス
  7. [WWW (World Wide Web) サービス] をクリックし (チェック ボックスはオフにしません)、[詳細] をクリックして、[リモート管理 (HTML) ツール] などの IIS のサブコンポーネントの一覧を表示します。インストールする追加サブコンポーネントを選択します。デフォルトでは、以下のコンポーネントが選択されています。
    • WWW (World Wide Web) サービス
  8. [OK] を 3 回クリックし、[次へ] をクリックして選択したコンポーネントをインストールします。
  9. [完了] をクリックして Windows コンポーネント ウィザードを終了し、[プログラムの追加と削除] ダイアログ ボックスを閉じます。

匿名認証を構成する

匿名認証を構成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントし、[インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ] をクリックします。
  2. [ComputerName (ローカル コンピュータ)] を展開し、[Web サイト] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。ComputerName はサーバーの名前です。
  3. [Web サイトのプロパティ] ダイアログ ボックスで [ディレクトリ セキュリティ] タブをクリックします。
  4. [認証とアクセス制御] の [編集] をクリックします。
  5. [匿名アクセスを有効にする] チェック ボックスがオフになっている場合はオンにします。

    : [ユーザー名] ボックスに表示されているユーザー アカウントは、Windows の Guest アカウントを使用した匿名アクセスのみで使用されます。

    デフォルトでは、サーバーはアカウント IUSR_ComputerName を作成して使用します。匿名ユーザー アカウントのパスワードは Windows 内部でのみ使用され、匿名ユーザーがユーザー名とパスワードを使用してログオンすることはありません。
  6. [OK] を 2 回クリックします。

Web サイトの基本的な構成

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントし、[インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ] をクリックします。
  2. [ComputerName (ローカル コンピュータ)] を展開し、[Web サイト] を展開します。
  3. [既定の Web サイト] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [Web サイト] タブをクリックします。コンピュータに複数の IP アドレスが割り当てられている場合は、[IP アドレス] ボックスの一覧で、この Web サイトに割り当てる IP アドレスをクリックします。
  5. [パフォーマンス] タブをクリックします。このタブのオプションを使用して、メモリ、帯域幅の使用率、および Web サイトへの接続数に関する Web サイトのプロパティを設定します。

    特定のサイトでネットワーク帯域幅を構成すると、そのサイトのトラフィック量をより詳細に管理できます。たとえば、優先度の低い Web サイトで帯域幅を制限すると、他のサイトへのアクセスに帯域幅をより多く確保できます。同様に、Web サイトへの接続数を指定すると、他のサイト用にリソースを解放できます。これらの設定はサイト固有の設定であるため、ネットワーク トラフィックや用途の変更に応じて調整できます。
    • [この Web サイトで利用可能なネットワーク帯域幅を制限する] チェック ボックスをオンにすると、[最大帯域幅 (KB/秒)] ボックスで設定した量にネットワーク帯域幅が調整されるように IIS を構成できます。
    • [Web サイト接続] で、[無制限] をクリックして Web サイトへの接続数を無制限に設定するか、[最大接続数] をクリックして Web サイトへの接続数の上限を指定します。接続数を制限すると、コンピュータのリソースを他のプロセスで使用できます。

      : 通常、Web サイトを表示する各クライアントが使用する接続数は 3 つ程度です。
  6. [ホーム ディレクトリ] タブをクリックします。
    • ローカル コンピュータに保存されている Web コンテンツを使用する場合は、[このコンピュータにあるディレクトリ] をクリックし、[ローカル パス] ボックスにパスを入力します。たとえば、デフォルトのパスは C:\Inetpub\wwwroot です。

      : セキュリティ強化のため、Web コンテンツ フォルダをルート フォルダには作成しないでください。
    • 別のコンピュータに保存されている Web コンテンツを使用する場合は、[ほかのコンピュータにある共有ディレクトリ] をクリックし、[ネットワーク ディレクトリ] ボックスに Web コンテンツのある場所を入力します。
    • 別の Web アドレスに保存されている Web コンテンツを使用する場合は、[URL へのリダイレクト] をクリックして、[リダイレクト先] ボックスに Web コンテンツのある場所を入力します。[クライアントは以下に送信されます] で適切なチェック ボックスをオンにします。
  7. [ドキュメント] タブをクリックします。IIS で既定のコンテンツ ページとして使用できるドキュメントの一覧が表示されます。既定のコンテンツ ページとして Index.html を使用する場合は、以下の手順を実行して、そのドキュメントを追加する必要があります。
    1. [追加] をクリックします。
    2. [既定のコンテンツ ページ] ボックスに Index.html と入力し、[OK] をクリックします。
    3. Index.html をクリックして [上に移動] をクリックし、Index.html を一覧の先頭に移動します。
  8. [OK] をクリックし、[既定の Web サイトのプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。
  9. [既定の Web サイト] を右クリックし、[停止] をクリックします。
  10. [既定の Web サイト] を右クリックし、[開始] をクリックします。
この操作により、サーバーは [既定の Web サイト] への着信要求を受け付けるように構成されました。[既定の Web サイト] のコンテンツを他の Web コンテンツと置き換えることや、新しい Web サイトを作成することができます。


トラブルシューティング

Web サーバーのトラブルシューティング方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
323358 Windows Server 2003 での Web サーバーのトラブルシューティング方法

関連情報

FTP サーバーの作成方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
300662 Windows 2000 で FTP サーバーをセットアップする方法
Internet Security and Acceleration Server を使用して Web サイトを発行する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
300435 [ISA] 宛先セットを使用して複数の内部 Web サーバーを公開する方法
313072 [HOW TO] Windows 2000 上の ISA Server を使用して Web サービスを公開する方法

プロパティ

文書番号: 324742 - 最終更新日: 2005年10月19日 - リビジョン: 6.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Internet Information Services 6.0
キーワード:?
kbhowtomaster KB324742
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com