} ポートフォリオ分析 OLAP キューブにアクセスすることができません"が表示されたらエラー メッセージを作成または、Portfolio Analyzer View を表示するとき

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 324836 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

作成するか対話形式で、ポートフォリオ分析ビューを表示しようとする場合、エラー メッセージが表示されます可能性があります。

Microsoft Project Server 2002 をエラー メッセージとすると、次のエラー メッセージのようなが表示されることがあります。
Microsoft プロジェクト ポートフォリオ分析 OLAP キューブにアクセスできません。

考えられる原因: では、キューブがまだ作成されていない、現在生成中は、かまたは、キューブへのアクセスがない操作を行います。
Microsoft Office Project Server 2003 で、次のエラー メッセージのようなエラー メッセージが表示されることがあります。
Microsoft にアクセスできない Office プロジェクトのポートフォリオ分析 OLAP キューブ。 キューブが存在しないか、キューブへのアクセスがありません。

原因

この現象は、以下の 1 つ以上の条件に該当する場合に発生することがあります:
  • しなくても、キューブにアクセス許可分析マネージャーで。
  • Office Web コンポーネント、ツールが、OLAP に接続されていないキューブ。
  • ポートフォリオ分析が存在しない、OLAP キューブ接続を試みた。
  • OLAP キューブにアクセス許可がありません。
  • ドメイン間でののデータ ソースのアクセス オプションのプロジェクトのサーバーをセキュリティ ゾーンが属しているは無効です。
  • Microsoft SQL Server Analysis Services を使用します。 ただし、Microsoft SQL Server 2005 Analysis サービス 9. 0 OLE DB プロバイダーがプロジェクト サーバー] ボックスにインストールされていません。

解決方法

この問題を解決するには、状況に応じて、以下の方法の 1 つ以上を使用します。

メモ ポートフォリオ分析ビューが存在しない、OLAP キューブへの接続にしようと、その特定のポートフォリオ分析ビュー] を削除し再作成してください。

方法 1: 分析マネージャーでキューブに、Windows ユーザー アカウントを追加します。

メモ Windows ユーザー アカウントは、ポートフォリオ分析ビューを作成したが、分析マネージャーと OLAP キューブに接続するアクセス許可を必要する個人を含みます。
  1. Analysis Services がインストールされているサーバーで 開始 ] をクリックして、 Microsoft SQL Server Analysis Services を指す] [ 分析の管理 ] をクリックします。
  2. 左側のウィンドウで、Analysis Services サーバーを見つけて、サーバー展開します。
  3. キューブを右クリックし、をクリックして表示されたメニュー 管理ロール

    ヒント リソースへの更新プログラムでのキューブ名前を検索することができます Microsoft Project Web Access でテーブルと OLAP キューブのページです。
  4. [ 新規作成 ] をクリックし、[ ロール名 ] ボックスに名前を入力します。 適用する オプションを クライアント から サーバー に変更されます。
  5. [ メンバーシップ ] タブの [ 追加 を] をクリックします。
  6. ユーザー アカウントとグループを選択、[ 追加 ]、[ OK] をクリックします。
  7. [ キューブ ] タブの [クリックして チェックすべて 、[ OK] をクリック します。
  8. クリックして 閉じる 、して、[コンソール] メニューの [ 終了 ] をクリックします。

方法 2: SQL Server 2000 の SQL Server 2000 Analysis Services の Service Pack 3 をインストールします。

この問題を回避するには SQL 分析 Service Pack 3 (SP3) をインストールします。 Project Server を Project Server と SQL 分析サービスは、別のコンピューター、分散構成で場合は、Project Server に SQL 分析、決定サポート オブジェクトを更新する SP3 を適用する必要がありますコンピューター。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. SQL Server 2000 SP3 と SQL 分析 SP3 をダウンロードします。 そのためには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=90dcd52c-0488-4e46-afbf-acace5369fa3
  2. Sql2kasp3.exe および Sql2ksp3.exe ファイルをダウンロードします。
  3. Sql2ksp3.exe ファイル] をダブルクリックし、画面に表示される指示に従ってください。
  4. インストール フォルダー ] ダイアログボックスで、c:\Sql2ksp3 フォルダーを受け入れる] の [完了] をクリックします。
  5. [はい] 新しいフォルダーを作成するをクリックします。
  6. c:\Sql2ksp3 フォルダーを開きます。
  7. SQL 分析サービス、SP3 をインストールする MSOLAP および インストール フォルダーをダブルクリックして SQL 分析 SP3 をインストールする Setup.exe をダブルクリックします。
  8. c:\Sql2ksp3\X86\Setup フォルダーを開き [ Setupsql.exe SQL Server 2000 SP3 をインストールする] をダブルクリックします。
メモ SQL Server SP3 および SQL 分析 SP3 はインストールされているかどうかを確認するにははして サポート情報 を [ プログラムの追加と削除 ツールでは、 Microsoft SQL Server 2000 および Microsoft SQL Server 2000 の分析のサービス をクリックします。 一致するバージョンが 8.00.760 です。

メモ SQL Server 2005 Analysis Services を実行している場合 Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 1 (SP1) がインストールされているいることを確認します。

方法 3: Office Web コンポーネントを再インストールします。

Server 2002 をプロジェクトします。

メモ いくつかのバージョンの Microsoft Windows あるので、次の手順が異なるコンピューター場合があります。 この場合、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行するようにしてください。
  1. Windows エクスプローラで、次のフォルダを探します:
    Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Components\10
  2. OWC10.DLL ] を右クリックし、[ 名前を変更 しています。
  3. OWC10.OLD の種類です。
  4. Shift キーを押しながらキーを押しながら、コンピューターの CD-ROM または DVD-ROM ドライブに Office XP CD-ROM を挿入します。
  5. デスクトップ、 マイ コンピューター ] をダブルクリックします。
  6. CD-ROM を右クリックし、 検索 を実行します。
  7. [ ファイル名 ] ボックスで OWC10.msi 、入力を 検索] クリックします。
  8. [ 検索結果 ファイルをダブルクリックし、Office Web コンポーネントをインストールする指示に従います。
メモ OWC .msi ファイルは、Project Server 上にあるもします。 サーバー上には .msi ファイルをプロジェクト Server\IIS の仮想 Root\Download\1033 Files\Microsoft プログラム フォルダーにあるファイルことができます。

Server 2003 をプロジェクトします。

メモ いくつかのバージョンの Microsoft Windows あるので、次の手順が異なるコンピューター場合があります。 この場合、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行するようにしてください。
  1. Windows エクスプローラで、次のフォルダを探します:
    Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Components\11
  2. OWC11.DLL ] を右クリックし、[ 名前を変更 しています。
  3. OWC11.OLD の種類です。
  4. Shift キーを押しながらキーを押し、コンピューターの CD-ROM または DVD-ROM ドライブに Microsoft Office Project Professional 2003 CD-ROM を挿入します。
  5. デスクトップ、 マイ コンピューター ] をダブルクリックします。
  6. CD-ROM を右クリックし、 検索 を実行します。
  7. [ ファイル名 ] ボックスで OWC11.msi 、入力を 検索] クリックします。
  8. [ 検索結果 ファイルをダブルクリックし、Office Web コンポーネントをインストールする指示に従います。

方法 4: OLAP キューブにフル コントロール アクセス許可を持つグループを追加します。

Drive にフル コントロール アクセス許可を持つ、Olap_Admins グループの追加: \Program files\Microsoft Analysis Services\Bin フォルダー。 生成される実際のキューブに [Everyone] グループを追加し、[このグループに対する読み取りアクセス権を与えます。

方法 5: プロジェクト サーバーが所属するセキュリティ ゾーンの"アクセス間のドメインでのデータ ソース] オプションを有効化にします。

  1. 開始 実行 inetcpl.cpl の入力 [Enter キーを押します。
  2. セキュリティ ] タブと、プロジェクトのサーバーをセキュリティ ゾーンが属している] クリックします。
  3. [ レベルのカスタマイズ を開く] をクリックして、 セキュリティの設定 ] ダイアログ ボックス。
  4. 設定 、[ボックスの一覧 を有効にする ドメイン間でののデータ ソースのアクセス オプションの。
メモ Internet Explorer 7 が、信頼済みサイトの既定のセキュリティ設定が変更されました。 ドメインのオプション間でののデータ ソースのアクセス が無効です。 方法 5 を使うにを信頼済みサイトを有効または Internet Explorer 7 で信頼済みサイトの要求は、このオプションを設定します。

キューブを構築を SQL Server 2005 を使用する場合はプロジェクトのサーバー] ボックスに Microsoft SQL Server 2005 Analysis サービス 9. 0 OLE DB プロバイダーをインストールします。

メモ Project Server 2002 は SQL Server 2005 Analysis Services と互換性がありません。

プロパティ

文書番号: 324836 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 9.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Project Server 2003
  • Microsoft Project Server 2002
  • Microsoft Project Web Access
  • Windows Internet Explorer 7
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbprb kbmt KB324836 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:324836
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com