文書番号: 324986 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Excel のワークシートで LOOKUP 関数を使用する方法について説明します。

詳細

LOOKUP 関数は、1 行または 1 列で構成される範囲、または配列から 1 つの値を返します。LOOKUP 関数の構文形式には、ベクトル形式と配列形式の 2 種類があります。ベクトル形式の LOOKUP 関数では、ベクトルと呼ばれる 1 行または 1 列から成る範囲で値を検索し、次の 1 行または 1 列の範囲の同じ位置にある値を返します。配列形式の LOOKUP 関数では、指定された値を配列の先頭行または先頭列で検索し、配列の最終行または最終列の同じ位置にある値を返します。

ベクトル形式の LOOKUP 関数

ベクトル形式の LOOKUP 関数では、ベクトルと呼ばれる 1 行または 1 列から成る範囲で値を検索し、次の 1 行または 1 列の範囲の同じ位置にある値を返します。この形式の LOOKUP 関数は、照合する値が含まれる範囲を指定する場合に使用します。

ベクトル形式の構文

LOOKUP(lookup_value,lookup_vector,result_vector)
  • lookup_value には、LOOKUP 関数を使用して最初のベクトルで検索する値を指定します。lookup_value には、数値、文字列、論理値、または値を参照する名前や参照を指定できます。
  • lookup_vector には、1 行または 1 列のみから成る範囲を指定します。lookup_vector の値には、文字列、数値、または論理値を指定できます。

    重要lookup_vector 内の値は、昇順に並べておく必要があります。たとえば、数値は -2、-1、0、1、2 の順、アルファベットは A から Z の順、ブール型の値は FALSE、TRUE の順とします。そうでない場合、LOOKUP 関数では正しい値を見つけることができません。また、文字列の大文字と小文字は区別されません。
  • result_vector には、1 行または 1 列のみから成る範囲を指定します。lookup_vector と同じサイズである必要があります。
注:
  • LOOKUP 関数では、lookup_value が見つからない場合、lookup_vector に含まれている、lookup_value 以下の最大値が使用されます。
  • lookup_valuelookup_vector に含まれる最小値よりも小さいと、LOOKUP 関数からはエラー値 #N/A が返されます。
元に戻す全体を表示する
AB
1周波数
24.14
34.19オレンジ
45.17
55.77
66.39
元に戻す全体を表示する
数式説明 (計算結果)
=LOOKUP(4.91,A2:A6,B2:B6)列 A の 4.19 を検索し、同じ行の列 B の値を返します (オレンジ)。
=LOOKUP(5.00,A2:A6,B2:B6)列 A の 5.00 を検索し、同じ行の列 B の値を返します (オレンジ)。
=LOOKUP(7.66,A2:A6,B2:B6)列 A の 7.66 を検索し、この値以下の最大値である 6.39 を選び出して、同じ行の列 B の値を返します (青)。
=LOOKUP(0,A2:A6,B2:B6)列 A の 0 を検索しますが、0 は検査範囲であるセル A2:A7 にある最小値よりも小さいため、エラー値が返されます (#N/A)。

配列形式の LOOKUP 関数

配列形式の LOOKUP 関数では、指定された値を配列の先頭行または先頭列で検索し、配列の最終行または最終列の同じ位置にある値を返します。この形式の LOOKUP 関数は、照合する値が配列の先頭行または先頭列に含まれている場合に使用します。

配列形式の構文

LOOKUP(lookup_value,array)
  • lookup_value には、LOOKUP 関数を使用して配列内で検索する値を指定します。lookup_value には、数値、文字列、論理値、または値を参照する名前や参照を指定できます。
    • LOOKUP 関数では、lookup_value が見つからない場合、配列の先頭行または先頭列に含まれている、lookup_value 以下の最大の値が使用されます。
    • lookup_value が配列の先頭行または先頭列に含まれている最小値よりも小さいと、LOOKUP からはエラー値 #N/A が返されます。
  • array には、lookup_value と照合する文字列、数値または論理値を含むセル範囲を指定します。

    配列形式の LOOKUP 関数は、HLOOKUP 関数と VLOOKUP 関数に似ています。ただし、HLOOKUP が先頭行で、VLOOKUP が先頭列で lookup_value を検索するのに対し、LOOKUP 関数は、array の次元に応じ、先頭行または先頭列を検索します。
    • array の行数より列数が多い場合、LOOKUP では、配列の先頭行で lookup_value が検索されます。
    • array の行数と列数が等しいか、列数より行数が多い場合、LOOKUP では、配列の先頭列で検査値が検索されます。
    • HLOOKUP 関数と VLOOKUP 関数を使用すると、下方向または右方向にある指定したセルまで移動できますが、LOOKUP 関数では常に行または列の最終セルが選択されます。
    重要array 内の値は、昇順に並べておく必要があります。たとえば、数値は -2、-1、0、1、2 の順、アルファベットは A から Z の順、ブール型の値は FALSE、TRUE の順とします。そうでない場合、LOOKUP 関数では正しい値を見つけることができません。また、文字列の大文字と小文字は区別されません。
元に戻す全体を表示する
AB
1a1
2b2
3c3
4d4
元に戻す全体を表示する
数式説明 (計算結果)
=LOOKUP("c",A1:B4)配列の先頭列の "C" を検索し、最終列の同じ行にある値を返します (3)。
=LOOKUP("bump",A1:B4)配列の先頭行で "bump" を検索し、最終列の同じ行にある値を返します (2)。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 324986 - 最終更新日: 2014年1月31日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Excel 2010
キーワード:?
kbfunctions kbhowto KB324986
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com