SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000) を入手してインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 324998 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、以下の内容について説明します。
  • SQL Server Desktop Engine (MSDE 2000) のシステム要件
  • MSDE 2000 の入手方法
  • MSDE 2000 のライセンス情報
  • MSDE 2000 のインストール方法

MSDE 2000 のシステム要件

MSDE 2000 は、無償の再配布可能なデータベース エンジンで、Microsoft SQL Server 2000 と完全に互換性があります。以下に、MSDE 2000 のシステム要件を示します。

オペレーティング システム

MSDE 2000 は、以下のオペレーティング システム上で、ローカル データベース エンジンを必要とするカスタム アプリケーション用の組み込みデータベースとして実行するように設計されています。
  • Microsoft Windows 98
  • Microsoft Windows Millennium Edition (Me)
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Service Pack 5 (SP5) またはそれ以降
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Service Pack 5 (SP5) またはそれ以降
  • Microsoft Windows NT 4.0 Server Enterprise Edition Service Pack 5 (SP5) またはそれ以降
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows XP
  • Microsoft Windows Server 2003
プロセッサ
  • 166 MHz 以上の Pentium プロセッサを搭載したコンピュータ

メモリ
  • 32 MB 以上の RAM
: 64 MB 以上の RAM を使用することをお勧めします。オペレーティング システムの要件によっては、これ以上のメモリが必要になる場合があります。


ハード ディスク
  • 44 MB 以上のハード ディスクの空き領域
その他
  • Microsoft Internet Explorer 5.0 またはそれ以降
: Microsoft Internet Explorer 5.0 をインストールする前に、Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 5 またはそれ以降をインストールする必要があります。

MSDE 2000 の入手方法


MSDE 2000 は、Microsoft SQL Server 2000 の他のエディションと互換性があり、SQL Server 2000 Enterprise Edition、Standard Edition、および Developer Edition 以外にも、さまざまなマイクロソフト製品で入手できます。MSDE 2000 は、Microsoft Office XP Professional、Microsoft Office XP Developer、Microsoft Office XP Premium など、Microsoft Access 2002 が含まれる Microsoft Office のすべてのエディションの CD-ROM に収録されています。MSDE 2000 は、Office の CD-ROM の MSDE 2000 フォルダに格納されています。また、Microsoft Visual Studio .NET Enterprise Architect、Enterprise Developer、および Professional の各エディションの登録ユーザーも MSDE 2000 を入手できます。Visual Studio の登録ユーザーは、Microsoft Order Desk (1-800-360-7561) に問い合わせることにより、MSDE の最新版を入手できます。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
284230 Visual Studio 製品ディスクの破損または不良による交換


また、Microsoft ダウンロード センターからも Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000) Release A を入手できます。Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000) Release A を入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=413744d1-a0bc-479f-bafa-e4b278eb9147


MSDE 2000 のライセンス

MSDE 2000 の再配布権限とライセンス ガイドラインは、MSDE が含まれるアプリケーションによって異なります。MSDE 2000 のライセンス情報と適切な使用法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/sql/msde/howtobuy/msdeuse.asp


MSDE 2000 のインストール方法

MSDE 2000 は、Windows インストーラ ベースのインストールを使用して、25 個のマージ モジュールのセットとして配布されます。MSDE 2000 をインストールするには、以下の 2 つの方法があります。
  • SQL Server セットアップ実行可能ファイルに含まれている Windows インストーラ パッケージを使用して、スタンドアロン インストールを行う方法

    または

  • MSDE 2000 マージ モジュールを使用して、MSDE 2000 セットアップをカスタム セットアップ ファイルに組み込む方法
以下に、各方法の詳細を示します。

MSDE 2000 のスタンドアロン インストール
インストールの起動プログラム Setup.exe は、Windows インストーラ エンジン Msiexec.exe のブート ストラップ プログラムです。このブート ストラップ プログラムは、サポート ファイルの Sqlrun.cab、およびすべての Windows インストーラ パッケージと共に配布されます。このインストールの起動プログラム Setup.exe には、16 個の Windows インストーラ パッケージがすべて付属しており、インストール済みのインスタンスを検出して、16 個のパッケージ セットから SQL Server の新しいインスタンスを自動的に選択し、インストールする機能が組み込まれています。

Setup.exe ファイルを使用して MSDE 2000 をインストールする場合、トラブルシューティングの目的で、詳細ログの記録オプションを有効にできます。たとえば、L*v コマンド ライン パラメータを指定して、ログを出力するファイル名を指定します。次に例を示します。

D:\MSDE2000\>setup.exe /settings D:\MSDE2000\setup.ini /L*v C:\MSDE_setup.log

上記の例では、TARGETDIR、DATADIR、INSTANCENAME、および COLLATION の設定を含む Setup.ini ファイルが指定されています。/settings オプションを指定する場合は、コマンド プロンプトのスイッチではなく、.ini ファイルにオプションを設定する必要があります。.ini ファイルは Setup.exe ファイルと同じフォルダにコピーします。

Setup.exe ファイルとさまざまなコマンド ライン スイッチの使用に関する詳細については、SQL Server Books Online の「SQL Server 2000 Desktop Engine Setup」を参照してください。

組み込み MSDE の利用
カスタム アプリケーションのセットアップに MSDE 2000 マージ モジュールを組み込むこともできます。組み込み MSDE を利用したインストールでは、カスタム アプリケーションと MSDE 2000 コンポーネントが単一の製品コードを持つ単一の製品に統合され、両者を同時にインストールすることができ、全体を Windows インストーラ ベースで実装できます。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322228 カスタム アプリケーションのセットアップに MSDE 2000 のセットアップを組み込む (ホワイト ペーパー)

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
281983 [PRB] SQL Server 2000 マージ モジュールを使用してインスタンス名を指定できない
299795 Microsoft Visual Studio Installer 1.1 を使用して MSDE 2000 セットアップ パッケージを作成する方法
MSDE 2000 の特徴と機能の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/sql/techinfo/development/2000/MSDE2000.asp

http://www.microsoft.com/japan/sql/msde/techinfo/msdeintegration.mspx


関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 324998 (最終更新日 2004-08-10) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 324998 - 最終更新日: 2004年12月27日 - リビジョン: 6.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows)
キーワード:?
atdownload kbhowtomaster KB324998
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com