Access 2000 のアップサイジング ウィザードを使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 325017 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここで説明するアップサイズする Access データベースを Microsoft SQL Server、または Microsoft データ エンジン (MSDE) を Access 2000 のアップサイジング ウィザードを使用しています。この記事では、アップサイジング ウィザードの概要、アップサイズ、設計上の考慮事項、トラブルシューティングのテクニックは、一般的なアップサイジング問題とその他のリソースについての提案をする前に確認します。

はじめに

アップサイジング ウィザードを使用するには、既存の Access データベース (.mdb) をクライアント/サーバー ソリューションに変換します。アップサイジング ウィザードは、新しい SQL Server データベースの構造 (インデックス、入力規則、既定値、および関係を含む) を作成し、新しい SQL Server データベースにデータをコピーし。さらに、アップサイジング ウィザードは、SQL Server のビューおよびストアド プロシージャは、クエリを再作成しようとします。

データベース構造とデータをアップサイズを選択するまたは、SQL Server バックエンド データベースを作成した後、Access のフロント エンド クライアント アプリケーションを作成するを選択できます。アップサイジング ウィザードは、2 つの方法のいずれかでフロント エンド クライアント アプリケーションを作成できます。
  • Thenadding、現在の Access データベース ファイル (.mdb) を保持することにより、sql Server 上のアップサイズ後のテーブルに接続するためのテーブルにリンクされます。

    既存のフォーム、レポート、およびデータ アクセス ページは、データ ソースとしている場合のリンク テーブルを使用します。
  • 作成して、新しい Access プロジェクト ファイル (.adp) と thencopying のフォーム、レポート、データ アクセス ページ、マクロ、および集まり、現在の Access データベースからその Accessproject ファイル、SQL Server 上のアップサイズ後のテーブルに接続します。

    Copiedforms、レポート、およびデータは、新しくアップサイズされた SQL Server のテーブル、ビュー、および storedprocedures を ADP ファイル サーバーへの接続をデータ ソースとして使用するローカル データベースの areconverted を参照するページにアクセスします。カレント データベース以外のデータベースを参照するデータ アクセス ページは、アップサイズ後に変更されません。
アップサイジング ウィザードを実行するときに、これはありません、最適なプロセスに注意してください。相違点と Access データベースと SQL Server データベースの間の潜在的な非互換性があります。SQL のダイアレクトとデータの種類の相違点には含まれます。ウィザードは、これらの違いの多くを処理およびもオブジェクトを正しく変換できますが、ですが、ウィザードすべての違いを処理できません。そのため、新しいデータベースや新しいクライアント アプリケーションを作成するときに問題が発生する可能性があります。アップサイジング ウィザードでアップサイジング処理中に問題が発生、する場合、ウィザードは、プロセスは停止します。ウィザードは、エラーが記録され、次のオブジェクトの処理が継続されます。アップサイジング処理が完了したら、レポートが表示されます。レポートには名前が含まれているプロセスの詳細と、新しいデータベースのサイズ、ウィザードを実行して、ウィザードは、すべてのエラーが発生しました中に行った選択内容が表示されます。

アップサイジング ウィザードを実行する方法の詳細については、次の手順を実行します。

  1. クリックしてください。 Microsoft Access のヘルプ で、 ヘルプ メニューです。
  2. タイプ アップサイジング ウィザード office アシスタントまたはアンサー ウィザードでは。
  3. クリックしてください。 検索 返されるトピックを表示します。
アクセスの構文と SQL Server の構文と、アップサイジング ウィザードはこれらの違いを処理する方法の違いの詳細については、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 Microsoft Access のヘルプ で、 ヘルプ メニューです。
  2. タイプ Microsoft Access と sql Server の構文の比較 で、Office アシスタントまたは、アンサー ウィザード。
  3. クリックしてください。 検索 表示するには、 Access プロジェクトでの作業します。 サブトピックの。

アップサイズ前に、の確認を

  • Accessdatabase ファイル (.mdb) のバックアップ コピーがあることを確認します。選択したアップサイズ方法は yourexisting アプリケーションのデザインを変更できます。
  • SQL Server または MSDE に接続するを実行しているコンピューターの名前がわかっているかどうかを確認します。Thelogon の情報を理解しているかどうかを確認します。MSDE、MSDN の Web サイトの「MSDE をインストールする」のセクションの部分を参照するをインストールする方法に関する詳細については。
    Microsoft Visual Studio 6.0 の Microsoft データ エンジン (MSDE): の代わりに Jet はデスクトップおよび共有ソリューションの構築 http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms811092.aspx
  • アップサイジングをできるだけスムーズに移動するには、どのしたいアップサイズするには、SQL Server 上の適切なアクセス許可があるユーザーの確認を行います。少なくとも、CREATE TABLE 権限が必要です。Tobuild スクラッチから新しいデータベースを使用する場合は DATABASEpermission を作成することがあります。
  • 十分な空き領域があることを確認するには、乗算することによって、MicrosoftAccess データベースのサイズは、2 つが必要になりますまでにディスク容量のアップサイジングを計算します。
  • 行うかどうか、2000 sr-1 のインストール前の SQL Server 2000年にアップサイズする更新プログラム、および Access 2000 と SQL Server 2000年の ReadinessUpdate を開始する前にします。

    追加の情報を取得して、Office 2000 sr-1 更新プログラムのインストールについて、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
    245025 入手して、Microsoft Office 2000 SR-1 で 1/sr-1a 更新プログラムをインストールする方法

データベースの設計に関する考慮事項

  • 先頭からサーバ ・ ベースの命名に関する制限に従ってください。アップサイジング ウィザードは、多くの一般的な誤りがない allmistakes を修正できます。バック エンドに簡単に移行を確認するには、次の theSQL サーバーの制限を実行します。

    • SQL Server 6.5 での名前は 30 文字をする必要があります以下。SQL Server 7.0 では、この制限は、最大 128 文字までの拡張および 249 文字を SQL Server 2000 の制限が展開されています。
    • 最初の文字は、文字にする必要がありますまたは、"at"記号 (@)。残りの文字があります、番号、文字、ドル記号 ($)、シャープ記号 (#)、またはアンダー スコア (_)。
    • SQL Server 6.5 でのスペースは許可されません。SQL Server 7.0 では、スペースは許可されますが、名前を引用符で囲む必要がありますが ("") または角かっこ () で。
    • 名前は、Transact SQL のキーワードをしないでください。SQL Server は、大文字と小文字のキーワードのバージョンを確保します。Transact SQL のキーワードについては、SQL Server Books Online を参照してください。
  • アップサイジング ウィザードでは、特定のアイテムは変換されません。Otheritems では変換されますが、ウィザードが完了した後は、確認する必要が。アップサイジング ウィザードを使用する場合をテーブル、ビュー、フォーム、およびレポートに加えたすべての変更を確認する必要があります。

    具体的に、アップサイジング Wizarduses データベースを変換すると、次の規則:

    • 重複する列名には別名が与えられます。
    • 日付の区切り文字は変換されます。
    • ブール定数は整数に変換されます。
    • 文字列の連結は、アンパサンド (&) からプラス記号 (+) に変換されます。
    • ワイルドカード文字は、Transact SQL の適切な対応に変換されます。
    • 関係では ORDER BY 句が含まれているすべての上位のクエリに追加されます。
    次のアクセスの SQL 構文要素には MSDE とは変換されません。アップサイジング ウィザードは更したりからこれらの項目を削除します。
    • インデックスを削除します。
    • DISTINCTROW
    • OWNERACCESS
    • 結合でのテーブル
    • 共用体で並べ替える
    • トランス フォーム
    • パラメーター
  • アップサイジング ウィザードでは、theAccess ソリューションのコードは変換しません。Access オブジェクトを直接操作するコードは towork を続けることがありますが、withtables で動作するすべてのデータ アクセス オブジェクト (DAO) コードを変換して、クエリする ActiveX データ オブジェクト (ADO) コードする必要があります。

    ADO の使用の概要を次の MSDN Web サイトを参照してください。

    Office ソリューションのデータ アクセス コンポーネントを使用します。http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa141802 (office.10).aspx
    ADO の使用方法に関するその他の参照、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    Access のクライアント/サーバー ソリューションでのプログラミングhttp://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa189856 (office.10).aspx

アップサイズ時の問題のトラブルシューティング

  • テーブルがアップサイズされません。
    • SQL Server の Model データベースの既定のデータ ファイル サイズが 1 MB よりも大きいことを確認します。
    • テーブル構造のみをアップサイズしてください。
  • Sql Server 2000 にアップサイズしようとすると、エラー メッセージ「オーバーフローしました」
  • SQL Server または MSDE に MDE をアップサイズすることはできません。
  • コンボ ボックスまたはリスト ボックス空アップサイズ後場合に発生する可能性が問題に関する追加情報を SQL Server 2000年にアップサイズする資料を参照して、マイクロソフト サポート技術情報の次の文書番号をクリックします。
    269824 Access 2000 のプロジェクトと SQL Server 2000年との間の acc 2000: 非互換性の問題

関連情報

アップサイジングの詳細については、以下の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。
Microsoft Visual Studio 6.0 の Microsoft データ エンジン (MSDE) Jet はデスクトップ データベースおよび共有ソリューションの構築をする代わりに、。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms811092.aspx
SQL Server にアップサイズします。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms952656.aspx
アップサイジング ウィザードで Access データベースを変換します。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa164896 (office.10).aspx
詳細については、Access 2000 アップサイジング ツールのホワイト ペーパー、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
241743 Access 2000 のアップサイジング ツール ホワイト ペーパー利用可能なダウンロード センターで
Access 2000 のアップサイジング ウィザードに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
325019 Acc 2000: Access 2000 のアップサイジング ウィザードの問題

プロパティ

文書番号: 325017 - 最終更新日: 2013年9月21日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Access 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbwizard kbfunctions kbdatabase kbdesign kbdownload kbhowtomaster kbmt KB325017 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:325017
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com