Exchange Server 2003年および Exchange 2000 Server の仮想メモリの断片化のトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 325044
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、イベント ID 9582 警告メッセージおよび Microsoft Exchange Server 2003年と Microsoft Exchange 2000 Server で仮想メモリの断片化の問題から発生するエラー メッセージのトラブルシューティング方法について説明します。この資料では、仮想メモリの使用量の監視方法、仮想メモリの断片化を検出する方法と、サーバー上の仮想メモリの使用量を最適化する方法についての情報も含まれます。さらに、Exchange 2000 ヘルプの仮想メモリの断片化の問題のトラブルシューティングを行うし、Exchange 2003 仮想メモリの使用量を最適化して使用できるリソースの一覧を掲載しています。

概要

仮想メモリの断片化は、プロセスの仮想メモリしますが、大きなサイズの使用可能な仮想メモリ ブロックのない状態です。さまざまなサイズのメモリ割り当てと、さまざまな有効期間の各割り当てのための時間の経過と共にメモリの断片化を発生します。複数のユーザーとより大きな負荷を処理するために、サーバーを拡張すると、サーバー上で Microsoft Exchange インフォメーション ストア プロセス (Store.exe) の仮想メモリ不足可能性があります。この問題が発生すると、イベント ID 9582 のイベントがアプリケーション イベント ログに記録されます。

場合によっては、イベント ID 9582 のイベントをサーバー上の仮想メモリの問題を示さないし、イベントは無視してかまいません。ただし、状況によっては、仮想メモリの不足でのメッセージ処理のエラー可能性があります (イベント ID 12800 で示されたイベント) と、パフォーマンスが低下します。チェック ボックスをオフのままにする場合は、仮想メモリの断片化深刻なパフォーマンスの低下や予期しない動作に可能性があります。

ほとんどない相関は、コンピューターにインストールされている物理ランダム アクセス メモリ (RAM) の量と仮想メモリの量。このため、仮想メモリ不足の問題以上の物理 RAM を追加することによって解決できません。さらに、仮想メモリ エラーや仮想メモリの断片化の問題アクティブ/アクティブ サーバー クラスターに限定されません。これらの問題は、アクティブ/パッシブ サーバー クラスター上で、Exchange 2003 または Exchange 2000 を実行しているスタンドアロン サーバーでも発生します。

このような環境は、通常複数の何千ものと複数のストレージ グループおよびメッセージング データベースを複数のユーザーをホストするように Exchange を拡張するため、仮想メモリの問題は、Exchange 2003 のクラスター構成またはクラスター化された Exchange 2000 の構成で最も一般的です。

仮想メモリを監視し、仮想メモリの断片化を検出する方法

2003 Exchange 仮想メモリの断片化を検出して仮想メモリの使用量を監視するイベント ビューアーおよびパフォーマンス ログと警告ツールおよび Exchange 2000 のアプリケーション イベント ログを使用することができます。

アプリケーション イベント ログ

イベント ビューアーのアプリケーション イベント ログにイベント ID 9582 のイベントを毎日監視します。仮想メモリの最大空きブロックが 32 メガバイト (MB) が減少すると、アプリケーション イベント ログにイベント ID 9582 警告メッセージが表示されます。イベント ID 9582 メッセージが出力されるたびに管理警告を生成する監視ツールを使用することができます。

イベント ID 9582 警告メッセージ

Exchange サーバーが空きの連続した仮想アドレス スペースが 32 MB 未満がある場合、次の警告メッセージがアプリケーション イベント ログに記録されます。
ソース: MSExchangeIS
カテゴリ: パフォーマンス
ID: 9582
種類: 警告
説明:
パフォーマンスに影響する可能性がありますこのような方法では、Exchange サーバーの実行に必要な仮想メモリが断片化しています。この問題を解決するのには、すべての Exchange サービスを再起動することを強くお勧めします。

詳細についてをクリックします。<http: search.support.microsoft.com/search/?adv="1"></http:>
この警告メッセージがログに記録される場合は、次の手順を実行します。
  1. 準備し、シャット ダウンし、36 〜 72 時間以内にサーバーを再起動する手順を実行します。
  2. 減衰の割合を判断するには、パフォーマンス ログと警告ツール、次のカウンターを監視するために使用、 MSExchangeIS パフォーマンス オブジェクト:
    VM の合計大きい空きブロックのバイト
    このデータを使用すると、シャット ダウンし、サーバーを再起動するには、適切な時間 (36 〜 72 時間以内) を計画します。
イベント ID 9582 エラー メッセージ

Exchange サーバーが空きの連続した仮想アドレス スペースが 16 MB 未満がある場合、次のエラー メッセージがアプリケーション イベント ログに記録されます。
ソース: MSExchangeIS
カテゴリ: パフォーマンス
ID: 9582
種類: エラー
説明:
パフォーマンスに影響する可能性がありますこのような方法では、Exchange サーバーの実行に必要な仮想メモリが断片化しています。この問題を解決するのには、すべての Exchange サービスを再起動することを強くお勧めします。

詳細についてをクリックします。<http: search.support.microsoft.com/search/?adv="1"></http:>
仮想メモリの断片化のレベルでは、Store.exe プロセスできません追加のヒープを作成できません正しくマウントし、ストレージ グループのマウントを解除します。場合は、 VM の最大ブロック サイズ カウンターが 10 MB 未満では、ストレージ グループをマウントしないでください。イベント ID 9582 エラー メッセージがログに記録されるときは、シャット ダウンして、次の機会にサーバーを再起動するを準備します。たとえば、シャット ダウンし、その夜または翌朝にサーバーを再起動します。そうこと、ピーク時に発生する可能性がありますパフォーマンスの問題を防ぐに役立ちます。

シャット ダウンし、仮想メモリの断片化を解消するのには、サーバーを再起動するはその他の考慮事項、クラスター化された環境で Exchange 2000 サーバーが構成されている場合。1 つのノードから別のノードにクラスター リソースを移動すると、このプロセスを「クリーン」の仮想メモリ アドレス空間を確保されません。先のクラスター ノードがクラスター リソースを所有して、(最初に宛先ノードを再起動せずにクラスター リソースをパッシブ ノードに移動する場合は、パッシブ ノード上の仮想メモリの断片化があります。このような状況を回避するのには、Exchange 2000 サーバーのクラスター化された環境でメモリの断片化を解消するには、次の手順を実行します。
  1. クラスター リソースを移動する前に、パッシブ ノードを再起動します。

    この手順は「クリーン」の仮想メモリ アドレス スペースを持つサーバーにクラスター リソースが移動されたことを確認するのに役立ちます。
  2. クラスター リソースをパッシブ ノードに移動します。
  3. クラスター リソースを所有していたノードを再起動します。
Exchange Server 2003年リソース レコードをクラスター内の別のノードに、Store.exe のアドレス空間にそのノードをリセットするのには移動された後、Store.exe のサービスが自動的に再起動します。したがって、次回の Exchange 仮想サーバーをパッシブ ノードに戻されます、Store.exe は、「クリーン」のアドレス スペースで動作しています。

イベント ID 9665 警告メッセージ

Exchange 2003 は、Store.exe プロセスの開始時、最適なメモリ構成を確認を実行します。メモリ設定が最適化されていない場合は、イベント ID 9665 警告メッセージがイベント ビューアーのアプリケーション イベント ログに記録されます。この警告メッセージは、次の条件のいずれかに該当する場合に記録されます。
  • Exchange が任意のバージョンの Microsoft Windows 2000 Server を実行しているコンピューターにインストールされているし、レジストリ内のSystemPagesの値が 24000 に 31000 の範囲外に設定されています。
  • Exchange が Microsoft Windows 2000 Advanced Server、または Microsoft Windows 2000 Datacenter Server を実行しているコンピューターにインストールされていると、サーバー 1 gb (ギガバイト) 以上の物理メモリ (RAM) がインストールされているが、Boot.ini ファイルで設定を切り替え、 gb/3 GB スイッチが指定されていません。
  • Exchange が Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition、Microsoft Windows Server 2003 Enterprise Edition、または Microsoft Windows Server 2003 Datacenter Edition を実行しているコンピューターにインストールされているし、レジストリ内のSystemPages値を 0 以外の値に設定します。
  • Exchange が Windows Server 2003 Standard Edition、Windows Server 2003 Enterprise Edition、または Windows Server 2003 Datacenter Edition を実行しているコンピューターにインストールされているサーバーに 1 GB 以上の RAM がインストールされているがあると、 /3 GBスイッチが設定されては、 /uservaスイッチが Boot.ini ファイルに/または 3030 に 2970年の範囲外に設定されています。
  • Exchange が任意のバージョンの Windows 2000 Server または Windows Server 2003 を実行しているコンピューターにインストールされているし、レジストリのHeapDeCommitFreeBlockThreshold値に 0x00040000 以外の値に設定されています。
イベント ID 9665 警告メッセージがログに記録される場合は、次の手順を実行します。
  1. 確認、
    SystemPages
    設定して、
    HeapDeCommitFreeBlockThreshold
    レジストリ内の設定。
  2. /3 GBスイッチと/uservaスイッチが Boot.ini ファイルを確認してください。
これらの設定の推奨値の詳細については、「仮想メモリの使用量を最適化する方法」を参照してください。

メモリ構成チェックをオフにする場合は、追加の
メモリ構成の通知を抑制します。
DWORD で次のレジストリ キーに、値し、値を1に設定。
探して
メモリ構成のチェック、Microsoft Small Business Server を実行しているサーバーでは発生しません。

イベント ID 12800 エラー メッセージ

仮想メモリの断片化が激しい場所の状況では、メッセージ処理の問題やメッセージ変換の問題発生します。ユーザーは、パフォーマンス上の問題が発生する可能性があり、そのメッセージにアクセスすることができません。それぞれが数秒後、最後に出現した記録されます、アプリケーション イベント ログに次のイベントが繰り返し仮想メモリの断片化を示しています。
ソース: MSExchangeIS
分類: コンテンツ エンジン
ID: 12800
種類: エラー
説明:
十分な利用可能なメモリの不足) のためのメッセージの処理に失敗しました。
このイベントがない場合十分な仮想メモリがメッセージを処理する場合、または問題を書式設定、メッセージの結果として、アプリケーション イベント ログを参照してください可能性があります。このイベントの個々 の出現は、仮想メモリの断片化を示さない。ただし、フレームは、サーバー上の仮想メモリを示す、短い時間で記録のイベントの複数のオカレンスが断片化します。

パフォーマンス ログと警告

次のカウンターは、Exchange 2003 および Exchange 2000 で Store.exe プロセスで仮想メモリの断片化を監視するのには、最も重要なカウンターです。
  • パフォーマンス オブジェクト: MSExchangeIS
    カウンター: VM の最大ブロック サイズ

    このカウンターは、仮想メモリの最大空きブロックのサイズ (単位はバイト) が表示されます。このカウンターは下仮想メモリを使用する場合は、傾斜、線として表示されます。このカウンターが 32 MB 未満になると、Exchange は、イベント ID 9582 警告メッセージがアプリケーション イベント ログに記録されます。このカウンターが 16 MB 未満になると、Exchange は、イベント ID 9582 エラー メッセージがアプリケーション イベント ログに記録します。最大の空きブロックが小さい場合 (10 MB 未満)、サーバーが致命的な状態メッセージの操作の開始に失敗する可能性があり、イベント ID 12800 エラー メッセージが繰り返しログに記録に近づいた。
次のカウンターは、Store.exe プロセスの仮想メモリを監視するためにも使用できます。
  • パフォーマンス オブジェクト: MSExchangeIS
    カウンター: VM の合計空きブロック

    このカウンターには、そのサイズに関係なく、空き仮想メモリ ブロックの合計数が表示されます。このカウンターには仮想メモリを監視するときに、ピラミッド形の線として表示されます。このカウンターを使用すると、速度、使用可能な仮想メモリの断片化を測定できます。ブロックの平均サイズを計算するには、次のカウンターを使用します。
    パフォーマンス オブジェクト: プロセス
    カウンター: Virtual Bytes
    インスタンス: ストア
    パフォーマンス オブジェクト: MSExchangeIS
    カウンター: VM の合計空きブロック
    ブロックの平均サイズを計算するには、分割、 ストア インスタンスを Virtual Bytes カウンターの プロセス パフォーマンス オブジェクトは、 VM の合計空きブロック カウンターの MSExchangeIS パフォーマンス オブジェクト。
  • パフォーマンス オブジェクト: MSExchangeIS
    カウンター: VM の合計大きい空きブロックのバイト

    このカウンターは、16 MB 以上であるすべての空き仮想メモリ ブロックのバイト単位の合計を表示します。このカウンターは下仮想メモリを使用する場合は、傾斜、線として表示されます。このカウンターを使用することができ、 VM の合計 16 MB の空きブロック数 仮想メモリの断片化の割合が、サーバーの日常の仮想メモリの状態を監視するカウンターを指定します。

仮想メモリの断片化の問題を検出する方法

Exchange 2003 および Exchange 2000 で仮想メモリの断片化の問題を検出するには、次の手順を実行します。
  1. イベント ID 9582 警告メッセージまたはイベント ID 9582 エラー メッセージが記録されるかどうかを確認するのには、イベント ビューアーのアプリケーション イベント ログの内容を表示します。

    一部の環境では、かなり多くのユーザーは通常の仮想メモリが 32 MB 未満であるアクティビティのピークの時間帯にドロップしての負荷が低い時間帯を大幅に向上することがあります。
  2. 次のカウンターを監視するのにには、パフォーマンス ログと警告ツールを使用します。
    パフォーマンス オブジェクト: MSExchangeIS
    カウンター: VM の最大ブロック サイズ

    このカウンターの値に注意してください。仮想メモリの使用状況の傾向を表示するには、1 分間隔を一定期間、18 〜 24 時間のビューを使用してこのカウンターをログに 最小値 最低レベルを記録する値。このカウンターが仮想アドレス空間が不足していることを示す場合は、「仮想メモリの使用量を最適化する方法」セクションで手順実行します。
  3. その他の情報ストア関連のプロセス (ウイルス対策プログラム) など、仮想メモリ、32 MB のしきい値または 16 MB のしきい値のレベルを下回っているかどうかを確認します。たとえば、場所メッセージング データベースをスキャンしているウイルス対策プログラムが 32 MB 未満に仮想メモリのブロックを削減するシナリオでは、イベント ID 9582 警告メッセージがアプリケーション イベント ログにログオンしています。仮想メモリのレベルは、32 MB のしきい値よりも若干低い場合がありますされ、パフォーマンスに影響が及ばない。ユーザーの非アクティブの期間中に (など、通常の業務時間後)、仮想メモリの増加し、イベント ID 9582 の警告メッセージが記録されなく。

    パフォーマンスが許容され、仮想メモリの負荷が低い時間帯に増加する場合は、仮想メモリの問題を修正する手順を実行する必要はありません。しかし、増加するユーザー負荷が予想される場合は、Exchange 2003 または Exchange 2000 に大きな負荷を処理できるように、サーバー上の仮想メモリの消費を減らすための対策を実行する可能性があります。

仮想メモリの使用量を最適化する方法

仮想メモリの使用量を最適化するのには、仮想メモリの断片化の問題を軽減するのには、次の手順を実行します。

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. Microsoft Windows Server 2003 または Windows 2000 と Exchange 2003 または Exchange 2000 の使用可能な最新のサービス パックをインストールします。 最新の service pack を入手する方法の詳細については、「サポート技術情報」記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
    260910Windows 2000 の最新の service pack を入手する方法
    301378 最新の Exchange 2000 Server service pack の入手方法
    Extensible Storage Engine (ESE) のオブジェクトがメモリの断片化を割り当てられるようにするには、Exchange 2000 サーバー サービス パック 3 (SP3) での動作の変更が導入されました。この「トップダウン」割り当てメソッドは、仮想メモリの断片化を減らすために実装されました。
  2. Boot.ini ファイルに/3 GBスイッチを設定します。

    Exchange 2003 または Exchange 2000 が次のオペレーティング システムのいずれかにインストールされ、1 GB 以上の物理 RAM がコンピューターにインストールされている場合は、Boot.ini ファイルに/3 GBスイッチを設定します。
    • Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition
    • Microsoft Windows Server 2003、Enterprise Edition
    • Microsoft Windows Server 2003、Datacenter Edition
    • Windows 2000 Server の詳細
    • Microsoft Windows 2000 Server Datacenter Server
    この構成オプションは、仮想アドレス空間が増加します。

    重要Exchange Server 2003年または Exchange 2000 サーバーを Windows 2000 の標準のサーバを実行しているコンピューターで実行している場合、Boot.ini ファイルで/3 GBスイッチは設定しません。このオペレーティング システムは、このオプションをサポートしていません。詳細については、「サポート技術情報」記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
    2919884 GB の RAM チューニング機能と物理アドレス拡張パラメーターの説明
    266096 Exchange 2000 が/3 GB スイッチ、1 gb 以上の物理 RAM が必要です。
    /3 GBスイッチを使用しての効果のいずれかをカーネルに使用可能なシステム ページの数が著しく減少です。マイクロソフトは、既定の設定を変更するのには、割り当てられているシステム ページの数を増やすには、Exchange サーバー上の Boot.ini ファイルで/3 GBスイッチを設定することをお勧めします。

    Boot.ini ファイルは、Windows Server 2003 ベースのコンピューター上でgb/3 GBを設定すると、 /uservaスイッチが Boot.ini ファイルを 2970年 〜 3030 の範囲の値を設定します。推奨値は 3,030 (この値は Windows 2000 SystemPages 値を 31000 に相当)。

    重要Windows 2003 では、 /uservaスイッチの代わりに使用するには、
    SystemPages
    レジストリのキーです。組み合わせて使用することはできません。/Uservaスイッチの値を 2970 〜 3030 の Boot.ini ファイルには、設定がされていないと、 /3 GBスイッチが設定されている場合は、Exchange 2003 は、イベント ID 9665 がアプリケーション イベント ログに記録されます。このイベント ID は、サーバー上の仮想メモリが最適なメモリ設定を使用する構成されていないことを示します。

    設定するのには
    SystemPages
    Windows 2000 Server を実行しているコンピューター上のレジストリ値は、次の手順を実行します。
    1. クリック ボタンをクリックし、プロパティ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.
    2. で、 と入力して ボックス、入力 をクリックし、プロパティ ].
    3. 見つけて、次のレジストリ キー] をクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory の管理
    4. 右側のペインでダブルクリックします。 SystemPages.
    5. で、 [値のデータ ボックスで、24,000 〜 31,000 の間の値を入力しをクリックしてください ].
    6. レジストリ エディターを終了します。
    仮想メモリの設定をより見やすくするのには、これらのメモリ設定が最適化されていない場合は、Exchange 2003 イベント ID 9665 メッセージが記録されます。
  3. サーバー上のストレージ グループの数を最小限に抑えます。

    追加の仮想メモリは、ストレージ グループがマウントされている、および既存のストレージ グループで追加のデータベースを使用する仮想メモリの量はほとんど効果がある場合に使用されます。このため、サーバーで追加のストレージ グループを作成する前に 1 つのストレージ グループを入力する可能性があります。
  4. 設定、
    HeapDeCommitFreeBlockThreshold
    DWORD 値で、次のレジストリ キー:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session マネージャー
    HeapDeCommitFreeBlockThreshold
    レジストリ値は、ヒープのデコミット、空きブロックの最小サイズです。既定の設定は 0 (ゼロ) です。これは、ヒープ マネージャー利用可能になるそれぞれの 4 KB ページをデコミットすることを意味します。デコミット処理仮想メモリの断片化が発生します。設定できます、
    HeapDeCommitFreeBlockThreshold
    仮想メモリの断片化を削減するための値を大きくするには、次のレジストリ キーのレジストリ エントリ:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session マネージャー
    推奨される値を使用するのには、
    HeapDeCommitFreeBlockThreshold
    レジストリ エントリします。 0x00040000 (16 進数形式)。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
    315407"HeapDecommitFreeBlockThreshold"レジストリ キー
    HeapDeCommitFreeBlockThreshold
    レジストリ エントリは、 /3 GBスイッチの独立です。
  5. ストア データベース キャッシュのサイズを調整します。

    警告ADSI Edit スナップインを使用する場合は、LDP ユーティリティ、またはその他の LDAP version 3 クライアントを誤って Active Directory オブジェクトの属性を変更、深刻な問題が発生することができます。これらの問題は、Microsoft Windows 2000 Server、Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Exchange 2000 Server、Microsoft Exchange Server 2003、または Windows と Exchange の再インストールする必要があります。Microsoft は、Active Directory オブジェクトの属性を誤って変更する場合に発生する問題を解決できることを保証できません。ご自身の責任でこれらの属性を変更します。

    ストア データベースのキャッシュ サイズを調整するには、[ADSI Edit を使用してmsExchESEParamCacheSizeMax属性の値を変更します。

    ストア データベース キャッシュは ESE バッファーとも呼ばれます、データベース ・ ページ (各ページ 4 KB) を大規模なキャッシュ空間を提供が、ストアにコミットされる前にします。既定では、Exchange 2000 最大 229,376 ページ (896 MB) メモリのデータベース キャッシュを使用します。既定では、Exchange 2003 は、コンピューターのメモリ構成を照会し、サーバーまたはページの 147456 (576 MB)、サーバーで/3 GBスイッチが設定されていない場合は、 /3 GBスイッチが設定されている場合、最大 229,376 ページ (896 MB) を使用しています。2 GB 以上のメモリを持つサーバーでは、ESE バッファーのサイズを大きく可能性があります。ただし、これを行う場合は、メモリの断片化するストア関数の残りの部分は、削減のアドレス空間のためがあります。マイクロソフトは、この 311, 296 ページより (1,200 MB) 以上の値を設定しないことをお勧めします。

    イベント ID 9582 メッセージがアプリケーション イベント ログにログオンしている場合は、データベースのキャッシュ サイズを縮小することにより、これらのメッセージの発生を解決できる可能性があります。このような状況では、Microsoft、 msExchESEParamCacheSizeMax属性の既定値よりも小さい値を割り当てることと、8,192 バイトの倍数の値を使用することをお勧めします。データベースのキャッシュ サイズを小さくと、Store.exe プロセスが読み込んでより頻繁に、これはサーバーのパフォーマンスに影響を与える可能性があります、ディスクへの書き込み。

    データベースの最大キャッシュ サイズを増やす前に、パフォーマンス ログと警告を監視して、 ストア インスタンスを Virtual Bytes カウンターの プロセス 典型的な負荷の下にあるオブジェクト。このカウンターは、Store.exe プロセスによって使用される仮想アドレス領域の現在のサイズをバイト単位で報告します。 データベース キャッシュのサイズを変更する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
    266768Exchange 2000 Server でストア データベースの最大キャッシュ サイズを変更する方法
    MsExchESEParamCacheSizeMax属性に割り当てる値は 32 MB の境界上で終わることを確認してください (つまり、32 MB の倍数だ)。
  6. ESE の開いているテーブルの最大数を減らします。

    警告ADSI Edit スナップインを使用する場合は、LDP ユーティリティ、またはその他の LDAP version 3 クライアントを誤って Active Directory オブジェクトの属性を変更、深刻な問題が発生することができます。これらの問題は、Microsoft Windows 2000 Server、Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Exchange 2000 Server、Microsoft Exchange Server 2003、または Windows と Exchange の再インストールする必要があります。Microsoft は、Active Directory オブジェクトの属性を誤って変更する場合に発生する問題を解決できることを保証できません。ご自身の責任でこれらの属性を変更します。

    Exchange 2000 で使用されるストレージ エンジンは、現在アクセスされていないフォルダーに関するデータをキャッシュします。状況によっては、この仮想メモリ断片化の原因と可能性があります。これを緩和するためには、1 つの方法は、Exchange によって許可されている、開いているテーブルの最大数を減らすことです。8 ウェイ サーバー上の既定の設定は、ストレージ グループあたりのつにつき 27,600 テーブルです。この値を小さくと、仮想メモリの断片化の問題を減らすことができます。ただし、この値を減らすと、オープン テーブルが多すぎますのため、操作が失敗する可能性があり、次のエラー メッセージが表示される場合があります状況もことがあります。
    エラー-1311
    JET_errTooManyOpenTables
    重要マイクロソフト製品サポート サービス サポート担当者のために通知されたときは、この設定を変更します。

    Exchange 2003 は、現在アクセスされていないフォルダーに関するデータをキャッシュするのには、別の方法を使用します。このため、オープン テーブルの最大数を減らすこと、必要に応じてまたはとして効果的に仮想メモリの断片化の問題を減らすことであることは想定されていません。

    ESE によって保持されている開いているテーブルの最大数を減らすには、 msExchESEParamMaxOpenTables属性を各ストレージ ・ グループ ・ オブジェクトに設定します。 27600.これを行うには、次の手順を実行します。
    1. ADSI Edit を起動します。

      ADSI Edit は、Windows 2000 サポート ツールに含まれているです。Windows 2000 サポート ツールをインストールするには、右クリックし、 Suptools.msi クリックし、Windows 2000 の CD-ROM をダブルクリック フォルダー内のファイル インストール.
    2. 展開 [設定] コンテナーの [サーバー名.ドメイン名.com]、展開 CN = 構成、DC =ドメイン名DC =com、展開 CN = のサービス、展開 CN = の Microsoft Exchange、展開 CN =OrganizationName、展開 CN = の管理グループ、展開 CN =管理グループ (場所 管理グループ 変更するストレージ グループを含む管理グループです)、展開 CN = のサーバー、展開 CN =サーバー名、し展開 CN = の InformationStore.
    3. Usbehci.sys CN =ストレージ ・ グループ (場所 ストレージ ・ グループ 変更するストレージ グループです)、し をクリックします。.
    4. で、 表示するプロパティを選択します。 ボックスの一覧でクリックしてください 両方とも.
    5. で、 表示するプロパティを選択します。 ボックスの一覧でクリックしてください msExchESEParamMaxOpenTables.
    6. で、 属性を編集します。 ボックス、入力 27600プロパティ セット.
    7. クリック 適用[ ]をクリックし、ADSI Edit を終了します。

詳細

Microsoft 製品サポート サービスは、イベント 9582 警告およびエラーを含む多くの場合に動作します。ほとんどの場合、Exchange はメモリの断片化の問題はできません。通常、サード ・ パーティ製のソフトウェアによってメモリ リークが発生して、問題の原因します。

サード ・ パーティ製ソフトウェアの何千ものオブジェクトを開くで、最も一般的な問題が起こります。これらのオブジェクトには、メッセージ (OMSG)、フォルダー (OFOLD) またはビュー (VMSG) を指定できます。ウイルス対策ソフトウェア、サード ・ パーティ製のワイヤレス接続ソフトウェア、Outlook アドインまたはその他のソフトウェアによって、オブジェクトを開くことが可能性があります。開いているオブジェクトのメモリを消費します。消費されるメモリの量は、オブジェクトの種類、サイズ、メンバー変数、およびその他の多くの要因の上によって異なります。何千ものこれらのオブジェクトを開くし、Exchange ストア プロセスが正しく機能するために必要なメモリを占有するには、エラーが発生したアプリケーションに共通です。

Exchange 2000 では既定では、OMSG オブジェクトの数に制限はありません。Exchange 2003 では 250 の OMSG オブジェクトを MAPI セッションあたりの制限です。この制限は調整可能です。開いているメッセージ、添付ファイルを開く、開くフォルダーを表示するにはこの設定を確認する最も簡単な方法は、Exchange システム マネージャーの値です。以下が手順例となります:
  1. 右クリックし、 ログオン 9582 のイベントでは、ログオンしているサーバーにメールボックス ストア オブジェクトの下のフォルダー ビュープロパティ 列の追加と削除.
  2. 追加、 開いているメッセージ, 添付ファイルを開く、、 フォルダーを開く 列の一覧 表示されている列.
この設定はサーバー上のメールボックス ストアごとに該当する場合に確認する必要があります。追加の列を選択すると、開いているメッセージ数、開いているフォルダーの数がしてから添付ファイルを開くの列を並べ替える必要があります。数百あるいは数千の開いているメッセージ、フォルダー、または添付ファイルを持つユーザーは、潜在的な問題を示します。制限する方法の詳細については、OMSG 数 2003年および Exchange 2000 サーバーに Exchange Server オブジェクトをクリックして「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号。
830829Exchange Server 2003年コンピューターは MAPI クライアントが特定のサーバー オブジェクトの既定値を超えるが開いた後を応答を停止可能性があります。

関連情報

Exchange 2000 のパフォーマンスの問題のトラブルシューティング方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報」の次の資料を参照してください。
815372 Exchange Server 2003年でメモリ使用量を最適化する方法
317411 Exchange 仮想メモリの問題のトラブルシューティングを行うには、[データを収集する方法
296073 Exchange 2000 のメモリの断片化の監視
279615 使用可能な仮想メモリが不足しているサーバーのパフォーマンスに影響します。
266768 Exchange 2000 Server でストア データベースの最大キャッシュ サイズを変更する方法
286350 ADPlus を使用して、トラブルシューティングする方法については、「ハング」および「クラッシュ」
3 つの gb あたりのスイッチの詳細については、「サポート技術情報」記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
2919884 GB の RAM チューニング機能と物理アドレス拡張パラメーターの説明
266096 Exchange 2000 が/3 GB スイッチ、1 gb 以上の物理 RAM が必要です。
313707 Exchange 2000 サーバーで、"/3 GB"スイッチは、Boot.ini ファイルではネットワーク接続で、メッセージングの負荷を失う可能性があります
328882 Exchange のメモリ使用と/3 GB スイッチ
特定の仮想メモリの断片化の問題をトラブルシューティングする方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
272537仮想メモリの通知の計算が正しくないです。
306860 使用可能な仮想メモリの状態を監視する場合は不適切なメモリの状態
313084 使用可能な仮想メモリのステータスを監視する場合、メモリの状態が正しくありません。
319682 Exchange 2000 インフォメーション ストアはイベント ID 327 警告メッセージと仮想メモリが断片化される可能性がありますレポート
324118 仮想メモリの断片化、拡張記憶域エンジン データベース エンジンで使用されています
810985 仮想メモリの断片化が発生するは、Exchange 2000 仮想サーバー経由でが失敗した場合
325467 クラスターのフェイル オーバー後すぐにイベント ID 9582 が発生します。
315771 IsAlive のチェックのため、クラスター上でインフォメーション ストアを停止します。
311901 4 Gt システム ページ テーブル エントリのチューニングの影響

プロパティ

文書番号: 325044 - 最終更新日: 2012年4月7日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB325044 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:325044
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com