インターネット制御メッセージ プロトコル「宛先到達不能」(コード = の 0x0D) パケット

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 325122
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ネットワーク トレースを分析する際に、インターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) の種類 3「宛先到達不可」パケットを 16 進数の 0X0D のコード値または 10 進数の 13 を参照してください可能性があります。
IP: Source Address = <dotted-IP-address-of-router>
ICMP: Destination Unreachable: <dotted-IP-address-of-target-host>
   ICMP: Packet Type = Destination Unreachable
   ICMP: Unreachable Code = 0x0D
					
ICMP 送信先到達不能パケットのコード値は 0x0D です。16 進コード 0X0D (コード 10 進数の 13)「通信管理的禁止に」からの要求をコメント (RFC) 1812年解釈します。
   13 = Communication Administratively Prohibited - generated if a
        router cannot forward a packet due to administrative filtering;
					
これは、ルーター管理フィルタ リングのためのパケットを転送できない場合に生成されます。これは、ルーターのポートをフィルタ リングし、トラフィックを渡すことを許可しないことを示します、管理の拒否のコード値です。ルーターまたはファイアウォールを通過するトラフィックが拒否されますと、パケットは一般的に発生します。

たとえば、ファイアウォールまたはルーター伝送制御プロトコル (TCP) ポート 139 を許可していない場合は、次のエラー メッセージが表示するされます。
エラー 121: セマフォ タイムアウト期間 (ERROR_SEM_TIMEOUT) が終了しました。
- と -
エラー 1231年: リモート ネットワーク トランスポート (ERROR_NETWORK_UNREACHABLE) で到達可能なありません。
ユーザー プロセスは、ICMP パケットが無視されるため、このようなエラー メッセージが表示される前にまた、リダイレクターおよび TCP 何度もみてください。

TCP ポートまたはユーザー データグラム プロトコル (UDP) ポート 53 をブロックしているファイアウォールまたはルーターの場合は、失敗の理由をこのエラーを示しています。 ドメイン ネーム システム (DNS) クエリ。

ICMP パケットは TCP または UDP ポート 53 を使用して DNS 名前クエリへの応答として送信されます。この問題を解決するのには、使用できます、 tracert コマンド 接続先のホストにコマンドです。パケットを送信するルーターを識別するために、ICMP パケットの発信元アドレスを確認してください。ネットワーク モニターの詳細ウィンドウには、ルーターまたはノードからのパケットの IP アドレスに関する情報を表示するインターネット プロトコル (IP) ヘッダーを確認できます。ルーターまたはフィルター選択されたポートを開くには、ファイアウォールの管理者に問い合わせてください。

詳細

インターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) 宛先到達不能なコード値

パケットを配信できない場合、宛先到達不能 ICMP の種類 3 メッセージが生成されます。3 の種類の ICMP パケットは、0 〜 15 のコード値を持つことができます。

RFC 1812 年は次の ICMP タイプ 3 コード値が定義されています。
Hexadecimal  Decimal  Description
---------------------------------------------------------------------------
0x00         0        Network Unreachable - generated by a router if a forwarding path
                     (route) to the destination network is not available;

0x01         1        Host Unreachable - generated by a router if a forwarding path
                      (route) to the destination host on a directly connected network
                      is not available (does not respond to ARP);

0x02         2        Protocol Unreachable - generated if the transport protocol
                      designated in a datagram is not supported in the transport layer
                      of the final destination;

0x03         3        Port Unreachable - generated if the designated transport protocol
                      (e.g., UDP) is unable to demultiplex the datagram in the
                      transport layer of the final destination but has no protocol
                      mechanism to inform the sender;

0x04         4        Fragmentation Needed and DF Set - generated if a router needs to
                      fragment a datagram but cannot since the DF flag is set;

0x05         5        Source Route Failed - generated if a router cannot forward a
                      packet to the next hop in a source route option;

0x06         6        Destination Network Unknown - This code SHOULD NOT be generated
                      since it would imply on the part of the router that the
                      destination network does not exist (net unreachable code 0
                      SHOULD be used in place of code 6);

0x07         7        Destination Host Unknown - generated only when a router can
                      determine (from link layer advice) that the destination host
                      does not exist;

0x0B         11       Network Unreachable For Type Of Service - generated by a router
                      if a forwarding path (route) to the destination network with the
                      requested or default TOS is not available;

0x0C         12       Host Unreachable For Type Of Service - generated if a router
                      cannot forward a packet because its route(s) to the destination
                      do not match either the TOS requested in the datagram or the
                      default TOS (0).

0x0D         13       Communication Administratively Prohibited - generated if a
                      router cannot forward a packet due to administrative filtering;

0x0E         14       Host Precedence Violation.  Sent by the first hop router to a
                      host to indicate that a requested precedence is not permitted
                      for the particular combination of source/destination host or
                      network, upper layer protocol, and source/destination port;

0x0F         15       Precedence cutoff in effect.  The network operators have imposed
                      a minimum level of precedence required for operation, the
                      datagram was sent with a precedence below this level;
					
ルーターは、生成コード 13 メッセージ (「通信が禁じられた管理」) が、構成オプションがあります。このオプションが有効になっている場合は、ICMP エラー メッセージの転送が管理上禁止されているため、切断されたパケットへの応答として送信されません。

コメント 1812年の要求の詳細についてを参照してください。 IP Version 4 のルーター、または、次の書籍を参照してください。
ライト、Gary R. は、W. Richard に従って。 TCP/IP が示す、ボリューム 2: 実装.◆ Wesley Professional、1995 年、ISBN 0-201-63354-X。
詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには以下の記事番号をクリックしてください。
170292 インターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) の基礎
179442 ドメインと信頼関係] は、ファイアウォールを構成する方法
159211 ブラック ホール ルーターの診断および取り扱い

プロパティ

文書番号: 325122 - 最終更新日: 2011年7月27日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB325122 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:325122
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com