Internet Explorer または Windows に対する更新プログラムをインストールした場合の問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 325192 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP325192
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

この資料では、以下の項目のいずれかをインストールした後で発生する可能性のある、既知の問題について説明します。
316059 [MS02-005] 2002 年 2 月 11 日 Internet Explorer の累積的な修正プログラム
319182 [MS02-015] Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (2002 年 3 月 28 日)
321232 [MS02-023] Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (2002 年 5 月 15 日)
323759 [MS02-047] Internet Explorer の累積的な修正プログラム (2002 年 8 月 22 日)
328970 [IE] [MS02-066] 2002 年 11 月 Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム
324929 [MS02-068] Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (2002 年 12 月)
810847 [MS03-004] Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (2003 年 2 月)
813489 [MS03-015] Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (2003 年 4 月)
818529 [MS03-020] Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (2003 年 6 月)
330994 [MS03-014] Outlook Express 用の累積的な修正プログラム (2003 年 4 月)
822925 [MS03-032] Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (2003 年 8 月)
828750 [MS03-040] Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (2003 年 10 月)
824145 [MS03-048] Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2003 年 11 月)
832894 [MS04-004] Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
Windows 2000 Service Pack 4 (Internet Explorer 5.01 Service Pack 4 を含む)
Internet Explorer 6 Service Pack 1 (SP1)
Windows 2000 Service Pack 3 (Internet Explorer 5.01 Service Pack 3 を含む)
Windows XP Service Pack 1 (Internet Explorer 6 Service Pack 1 を含む)

詳細

この資料の「はじめに」に記載されている更新プログラムのいずれかをインストールした後、以下の問題が発生することがあります。
  • Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム MS04-004 (832894) のインストール後、以下の URL 構文を Internet Explorer およびエクスプローラで使用できなくなります。
    http(s)://<username>:<password>@<server>/<resource>.<ext>
    関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    834489 Internet Explorer で HTTP URL と HTTPS URL のユーザー情報を処理する際のデフォルトの動作を変更するセキュリティ更新プログラムの使用について
  • HTTPS Web ページのフォームを使用して、SSL (Secure Socket Layer) で保護された Web サイトにユーザー名とパスワードを送信すると、HTTP 500 (内部サーバー エラー) Web ページが表示されることがあります。この問題は、セキュリティ更新プログラム MS04-004 (832894) をインストールした後に発生します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    831167 Web サイトにログオンできない、インターネット トランザクションを完了できない、または HTTP 500 (内部サーバー エラー) ページが表示される
  • 「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の文書番号 329802 の資料に記載されている修正プログラムをインストール済みの場合、文書番号 810847 の資料に記載されている Internet Explorer の累積的な更新プログラム MS03-004 (2003 年 2 月) をインストールすると、文書番号 329802 および 813951 の資料に記載されている現象が再発することがあります。この問題を解決するには、重要な更新プログラム 813951 をインストールしてください。 この更新プログラムの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    813951 MSN 電子メール アカウントにアクセスできない、またはさまざまなプログラムで Web サイトに認証されない
  • HTML (Hypertext Markup Language) を使用しているヘルプ ファイルを開くと、以前は正常に機能したリンクで、以下の問題が発生することがあります。
    • 一部のリンクが表示されません。
    • 一部のリンクが、中心に点のある小さなボックスとして表示されます。
    • 一部のリンクで、ヘルプ トピックが表示されません。
    この問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    811630 HTML ヘルプが window.showHelp() メソッドで呼び出されたときの機能を制限するための更新
  • document.domain プロパティを使用して ShowModalDialog または ShowModelessDialog スクリプト メソッドを呼び出す Web ページを、Internet Explorer で開くと、Web ページが正常に機能しないか、スクリプト エラーが表示されることがあります。この問題を解決するには、Web サイトの管理者またはコンテンツ開発者に問い合わせてください。 HTML 電子メール メッセージでフレームを実質的に無効にする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    814458 HTML ダイアログ ボックスが正常に動作しないか、スクリプト エラー メッセージが表示される
    この動作は仕様です。この新しい動作により、HTML 電子メール メッセージにより自動的に新しいウィンドウが開くことや、プログラム ファイルのダウンロードが開始されることが禁止されます。

    : 仕様では、Internet Explorer はフレームをサポートします。そのため、制限付きサイト ゾーンでフレームが無効になっている場合は、HTML ドキュメント内の NOFRAMES タグ、要素、またはオブジェクトに含まれているテキストが表示されません。これにより、制限付きサイト ゾーンでのフレームセット Web ページは、空のページとして表示されます。
  • Internet Explorer で、リッチ テキスト形式 (RTF) ファイル、Microsoft Excel コンマ区切り値 (CSV) ファイル、WinZIP (ZIP) ファイル、または Tagged Information File Format (TIFF) ファイルなど、一部のファイルの種類を開くことができない場合があります。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスが表示され、[開く] ボタン (Internet Explorer 6) または [このプログラムを上記の場所から実行する] オプション (Internet Explorer 5.x) が利用できないことがあります。この現象は、サーバーから返されるヘッダーで指定されているコンテンツ タイプが、Content-Disposition ヘッダーで指定されているファイル名と一致しない場合に発生します。この問題は、Internet Explorer 6 Service Pack 1 で初めて修正されました。 ファイルを開くときの問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    318761 [PRB] .rtf または .csv ファイルの閲覧時にダイアログ ボックス内の [開く] ボタンが無効になる
    Internet Explorer を更新後 TIFF ファイルを開くときに発生する問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    319829 Internet Explorer で TIFF (Tagged Information File Format) ファイルを開けない
  • DNS (Domain Name System) でサポートされていない文字がサーバー名に含まれていると、ASP ページの Cookie がブロックされます。たとえば、サーバー名にはアンダースコア文字 (_) を使用できません。この動作は仕様です。
  • Outlook 2000 および Outlook 2002 の [検索] ウィンドウおよび [整理] ウィンドウのフォントが Times New Roman に変更され、フォント サイズが大きくなります。
  • Microsoft FrontPage で、[プレビュー] タブに Web ページが正しく表示されないことがあります。通常のビューで表示する場合、およびブラウザで [プレビュー] コマンドを使用した場合には、ページが正しく表示される場合があります。この現象は、テーマを使用するカスケード スタイル シート (CSS) を使用した場合に発生することがあります。この問題は、Internet Explorer 6 SP1 および Internet Explorer の累積的な更新プログラム MS02-047 (2002 年 8 月 22 日) (323759) 以降で修正されています。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    323759 [MS02-047] Internet Explorer の累積的な修正プログラム (2002 年 8 月 22 日)
  • Internet Explorer の MultiLanguage Menus and Dialogs パッケージを使用して英語以外のロケールを指定している場合、Internet Explorer の一部のメニューまたはダイアログ ボックス項目が英語に戻ることがあります。たとえば、Internet Explorer のドキュメント ビューで、ショートカット メニューの項目が英語に戻ることがあります。 この問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    323916 累積的な更新プログラム MS02-023 (または MS02-015) をインストールすると Internet Explorer の Multilingual Menus and Dialog Boxes が機能しない
  • Microsoft Excel ワークシートまたは Microsoft Works 文書の SSL ハイパーリンクをクリックすると、以下のエラー メッセージが表示されることがあります。
    サーバーが見つかりません - ページを表示できません
    この問題は、Internet Explorer 6 SP1 および Internet Explorer の累積的な更新プログラム MS02-047 (2002 年 8 月 22 日) (323759) 以降で修正されています。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    323759 [MS02-047] Internet Explorer の累積的な修正プログラム (2002 年 8 月 22 日)
  • Web ページからターミナル サービス ベースのコンピュータに接続すると、スクリプト エラー メッセージまたは空白のページが表示されます。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    328002 Web ページからターミナル サービスに接続できない
  • 基本認証のみを使用するサードパーティ製のプロキシ製品を使用している場合、Windows XP Service Pack 1 または Internet Explorer 6 をインストールすると、インターネットに接続できなくなることがあります。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    331906 マイクロソフトの更新プログラムのインストール後にインターネットに接続できない
  • Windows XP の [ヘルプとサポート センター] のリモート アシスタンスを使用して他のユーザーを招待する場合、そのユーザーへの連絡に Windows Messenger を使用すると、招待が成功せず、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
    Microsoft Internet Explorer
    招待できませんでした。もう一度やり直してください。
    この問題は、Internet Explorer 用の累積的な更新プログラム MS03-004 (2003 年 2 月) (810847) をインストールした後に発生します。この問題を解決するには、Internet Explorer 用の累積的な更新プログラム MS03-015 (2003 年 4 月) (813489) 以降の累積的な更新プログラムをインストールします。

    : この問題は、Windows XP の [ヘルプとサポート センター] ではなく、Windows Messenger を使用してリモート アシスタンスを依頼した場合には発生しません。
  • Internet Explorer 用の累積的な更新プログラム MS03-015 (2003 年 4 月) (813489) を削除してコンピュータを再起動すると、エクスプローラが読み込まれないことがあります。そのため、ログオンしてもデスクトップに何も表示されません (アイコンやタスク バーが表示されません)。この問題は、次の手順を記載されている順に実行した場合に発生します。
    1. Internet Explorer 5.01 SP3 用の Q813489 をインストールします。
    2. Internet Explorer 6 SP1 にアップグレードします。
    3. Internet Explorer 6 SP1 用の Q813489 をインストールします。
    4. Internet Explorer 6 SP1 用の Q813489 を削除します。
    この問題が発生しないようにするには、Internet Explorer 6 SP1 にアップグレードする前に Q813489 をアンインストールします。この問題を回避するには Ctrl + Alt + Del キーを押してタスク マネージャを起動し、現在実行しているのと同じバージョンの Internet Explorer を再インストールするか、それ以降のバージョンの Internet Explorer をローカルのインストール ソースからインストールします。
  • Internet Explorer 用の累積的な更新プログラム MS03-015 (2003 年 4 月) (813489) をインストールすると、Outlook 2000 の [Outlook Today] ページをカスタマイズできなくなることがあります。 この問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    820575 [OL2000] Internet Explorer 用の累積的な修正プログラムのインストール後、Outlook Today をカスタマイズできない
  • Internet Explorer 6 Service Pack 1 (SP1) を実行しているコンピュータに、Internet Explorer の累積的な更新プログラム MS03-004 (2003 年 2 月) (Q810847.exe) をインストールすると、Microsoft Outlook または Microsoft Outlook Express が突然終了することや、電子メール メッセージを入力する際、または [コピー] および [貼り付け] コマンドを使用して電子メール メッセージにテキストを貼り付ける際にエラー メッセージが表示されることがあります。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    816506 Internet Explorer または Outlook Express が Mshtml.dll 内のエラーで突然終了する
  • Windows XP Service Pack 1 (SP1) を実行しているコンピュータにセキュリティ更新プログラム MS03-013 (811493) をインストールした場合、または、セキュリティ更新プログラム MS03-013 (811493) をインストール済みの Windows XP ベースのコンピュータを Windows XP SP1 にアップグレードした場合に、コンピュータの処理速度が低下することがあります。この問題は、ウイルス対策プログラムなどの一部のサードパーティ製のプログラムのいくつかの機能を使用した場合に発生しやすくなります。たとえば、ファイルを開くか実行する際に対象のファイルを必ずスキャンするようにウイルス対策プログラムが構成されている場合に、この問題が発生することがあります。この機能は、"リアルタイム" スキャンとも呼ばれます。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    819634 セキュリティ更新プログラム 811493 (MS03-013) のインストール後にパフォーマンスの問題が発生する場合がある
  • Outlook Express 用の累積的な更新プログラム MS03-014 (2003 年 4 月) (330994) をインストールすると、電子メールまたはニュース メッセージに含まれている添付ファイルを保存するときに、毎回マイ ドキュメント フォルダが使用されます。この問題を回避するには、添付ファイルを保存する適切なフォルダを毎回指定する必要があります。マイクロソフトは、この問題を Outlook Express 用の累積的な更新プログラム MS03-014 (2003 年 4 月) (330994) の問題として認識しています。
  • Internet Explorer 用の累積的な更新プログラム MS03-032 (2003 年 8 月) (822925) などの Internet Explorer 用の累積的な更新プログラムを削除するときに、以下のエラー メッセージが表示されることがあります。
    この修正プログラムのアンインストールでエラーが発生しました。
    この問題は、Baan Front Office Client がインストールされている場合に発生することがあります。Baan Front Office Client により、次のレジストリ キーの Path 文字列値に情報が追加されます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\IEXPLORE.EXE
    この問題を解決するには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。regedit と入力し、[OK] をクリックします。
    2. 以下のレジストリ キーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\IEXPLORE.EXE
    3. 文字列値の [Path] を右クリックし、[変更] (または [修正]) をクリックします。
    4. [値のデータ] ボックスで、セミコロン (;) と、"Internet Explorer" の後に表示されている文字をすべて削除します。

      修正後の [値のデータ] ボックスのテキストの例を以下に示します。
      C:\Program Files\Internet Explorer
  • Internet Explorer 用の累積的な更新プログラム MS03-032 (2003 年 8 月) (822925) または Internet Explorer 用の累積的な更新プログラム MS03-040 (2003 年 10 月) (828750) をインストールした後、フレームまたはウィンドウ内の JavaScript 関数によって開かれる Web ページにアクセスすると、エラー メッセージ "HTTP 404 - ファイル未検出" が表示されることがあります。

    この問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    827667 フレームまたはウィンドウ内の JavaScript 関数によって開かれる Web ページにアクセスすると、エラー メッセージ "HTTP 404 - ファイル未検出" が表示される
  • MS04-004 を適用後、初めて正常にログオンしたときに、サイトの資格情報がキャッシュされます。それ以降のログオンでは、更新プログラムの適用前に表示された資格情報を求めるメッセージは表示されません。ログオン時に資格情報を求めるメッセージが表示されるのは、ユーザーがログオフするか、ユーザーのセッションがリセットされた場合のみです。この動作の影響を受けるのは、キオスク モードの場合のみです。キオスク モードの環境では、ユーザーはログオンしないため、セッションがリセットされるまで以前のログオン情報がキャッシュされます。

関連情報

Windows 2000 Service Pack の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
Windows XP Service Pack の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法
Internet Explorer 6 Service Pack の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
328548 [IE] 最新の Internet Explorer 6 Service Pack を入手する方法

プロパティ

文書番号: 325192 - 最終更新日: 2007年3月20日 - リビジョン: 23.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2000 Standard Edition
  • Microsoft Internet Explorer 6.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows 2000 Standard Edition
    • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6
    • Microsoft Windows Millennium Edition
    • Microsoft Windows 98 Second Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Internet Explorer 5.5?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows 2000 Standard Edition
    • Microsoft Windows NT 4.0
    • Microsoft Windows Millennium Edition
    • Microsoft Windows 98 Second Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
    • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Internet Explorer 5.01?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows 2000 Standard Edition
    • Microsoft Windows NT 4.0
    • Microsoft Windows 98 Second Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
    • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Internet Explorer 5.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows NT 4.0
    • Microsoft Windows 98 Second Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
    • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
  • Microsoft Outlook Express 6.0
  • Microsoft Outlook Express 5.5
  • Microsoft Outlook Express 5.0
  • Microsoft Windows XP 64-Bit Edition Version 2003
  • Microsoft Windows XP 64-Bit Edition Version 2002
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Word 2002
  • Microsoft Word 2000
  • Microsoft Works Suite 2001 Standard Edition
  • Microsoft Works 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo kbenv KB325192
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com