FIX、プロファイラー トレースでの読み取り、: fn_trace_gettable 関数と SPID 1000 の可能性があります原因のエラー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 325197
# をバグ: 360090 (SHILOH_BUGS)
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

使用するかどうかは、 : fn_trace_gettable SQL のプロファイラーのトレース、アクセス違反を読み取る機能やさまざまなその他のエラー メッセージは次の条件がすべて場合に発生する可能性があります。満たします。
  • サーバー プロセス ID (SPID) のイベントを含むトレース ファイル1000。
  • SPID 1000 の最初のイベントはイベントの前に付属します。SPID 1000 よりも大きい値です。
  • 1 つまたは複数、次の列のトレースを取得します。
    • サーバー名
    • NTUserName
    • NTDomainName
    • LoginName
    • LoginSid
    • ClientProcessID
    • ApplicationName
    • ホスト名
ここでは、アクセス違反が発生する可能性がありますクエリの例とリスト内のすべての条件が満たされています。
select * from ::fn_trace_gettable(<trace_file>, 1)	
バグの境界を超えて書き込むルーチンが発生するため、アレイが他で使用されているデータの構造を上書き可能性があります。接続です。したがってはさまざまな経験を接続を可能性があります。障害が発生条件です。

原因

されているイベントは、繰り返し利用可能なイベントです。値各列に対して報告されたは、常に、中には異なりますSPID の接続します。最適化によってサーバ送信するだけではこれらの値に 1 回です。その後、繰り返される列を参照します。値です。

トレース ファイルの読み込み中 : fn_trace_gettable できますこれらの値の配列を維持する必要があります。結果セットの後で行を生成します。方法では、エラーが発生しましたサイズこの配列 SPID 1000 のイベントを処理すると変更します。

解決方法

この問題を解決するには、最新を取得します。Microsoft SQL Server 2000年の service pack。詳細についてをクリックします。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の資料番号ベース:
290211 INF: SQL Server 2000年の最新の Service Pack を入手するには、方法
メモ: 次の修正プログラムがマイクロソフトのリリースより前に作成されました。SQL Server 2000 Service Pack 3。

この修正プログラムの日本語版します。ファイル属性 (またはそれ以降) 次の表に記載されています。は、日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。検索するのにはUTC および現地時間、使用の違いを タイム ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
   Date         Time   Version         Size             File name
   -----------------------------------------------------------------

   18-Jan-2002  04:45  2000.80.568.0      29,244 bytes  Dbmslpcn.dll     
   19-Nov-2002  19:50  2000.80.703.0   7,471,185 bytes  Sqlservr.exe     
   18-Jan-2002  04:45  2000.80.568.0      29,244 bytes  Ssmslpcn.dll     
				
メモ: ファイルの依存関係、最新の修正プログラムまたは機能のためそのファイルが含まれている追加も含めることができますファイルです。


回避策

SQL のプロファイラーのトレース ファイルを開きます。たい場合トレース テーブルを使用して、 として保存します。 機能します。使用するのには として保存します。 機能には、 ファイル メニューをクリックして として保存します。、し、選択. トレース テーブル.

ある SPID のトレース ファイルが含まれる場合は、注意してください。1023 を超える SQL Server 2000 Service Pack 1 で、以降を使用する必要があります。クライアント ツールのバージョン。
272737 FIX SQL プロファイラー エラー 1023 Spid を超えるトレース ファイルを読み取るとき生成します。

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認していますこの資料の冒頭にあります。

Microsoft ではこの問題は修正されましたSQL Server 2000 Service Pack 3。

プロパティ

文書番号: 325197 - 最終更新日: 2011年7月15日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbsqlserv2000presp3fix kbqfe kbpending kbsqlserv2000sp3fix kbhotfixserver kbmt KB325197 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:325197
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com