文書番号: 325375 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP325375
中小企業のお客様は、中小企業向けサポート サイトで問題解決や学習に関する他のリソースを参照できます。
Microsoft Windows 2000 については、次の資料を参照してください。 315396.
Windows XP バージョンについては、次の資料を参照してください。 308041.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows Server 2003 の起動問題のトラブルシューティングに使用できる手順について説明します。

正常に Windows が起動する場合は、以下のフェーズを経由します。
  • 初期フェーズ
  • ブート ローダー フェーズ
  • カーネル フェーズ
  • ログオン フェーズ
上記のフェーズのいずれかで問題が発生する場合、Windows が正常に起動せず、以下の問題が発生することがあります。
  • コンピューターが応答を停止 (ハング) する。
  • エラー メッセージが表示される。
ブート ローダー メニューで、または "オペレーティング システムの選択" メッセージが表示されたときに、[Microsoft Windows Server 2003] をクリックした後に起動の問題が発生した場合は、オペレーティング システムに必要なファイルが見つからないか壊れている可能性があります。Windows にはこの問題のトラブルシューティングを行うために使用できるさまざまなオプションが用意されています。このオプションには、セーフ モード、回復コンソール、および自動システム回復などがあります。

前回正常起動時の構成を使用してコンピューターを起動する方法

新しいドライバーをインストールした場合など、コンピューターに変更を加えた直後に起動の問題が発生する場合は、前回正常起動時の構成機能を使用してコンピューターを起動してみてください。

Click here to show/hide solution

コンピューターをセーフ モードで起動する方法

セーフ モードでコンピューターを起動すると、ユーザーが必要とするドライバーとコンピューター サービスのみが読み込まれます。自動的に起動するドライバー、プログラム、またはサービスが適切でないことが原因で発生する問題を認識および解決する必要がある場合に、セーフ モードを使用できます。

Click here to show/hide solution

イベント ビューアーを使用して起動問題の原因を識別する

起動問題の原因の識別や診断に役立つ関連情報については、イベント ビューアーでイベント ログを参照します。イベント ログに記録されているイベントを表示するには、以下の手順を実行します。Click here to show/hide solution

システム情報を使用して起動問題の原因を識別する

システム情報ツールには、コンピューターのハードウェア、システム コンポーネント、およびソフトウェア環境が包括的に表示されます。このツールは、問題のあるデバイスやデバイスの競合を特定する際に役立ちます。このツールを使用するには、以下の手順を実行します。Click here to show/hide solution

セーフ モードのブート ログ ファイルを表示する

起動問題のトラブルシューティングを行うには、Ntbtlog.txt ブート ログ ファイルを参照し、セーフ モードでコンピューターを起動したときに読み込まれなかったドライバーとサービスをメモします。Click here to show/hide solution

デバイス マネージャーを使用して起動問題の原因を識別する

デバイス マネージャーは、コンピューターにインストールされているハードウェアをグラフィカルに表示します。このツールは、起動問題の原因となる可能性があるデバイスの競合を解決したり、互換性のないデバイスを識別するために使用します。

デバイス マネージャーを起動するには、以下の手順を実行します。Click here to show/hide solution

システム構成ユーティリティの使用方法

システム構成ユーティリティ (Msconfig.exe) は、マイクロソフトのサポート技術者が Windows 構成問題を診断するときに日常的に使用しているトラブルシューティング手順を自動化します。このツールを使用すると、消去法を使用して、システム構成の変更、および問題のトラブルシューティングを行えます。Click here to show/hide solution

トラブルシューティング用のクリーンな環境を作成する

トラブルシューティング用のクリーンな環境を作成するには、次の手順を実行します。Click here to show/hide solution

[起動システム] オプションを使用して問題を切り分ける

[起動システム] オプションを使用して問題を切り分けるには、次の手順を実行します。Click here to show/hide solution

[スタートアップのオプションを選択] オプションを使用して問題を切り分ける

[スタートアップのオプションを選択] オプションを使用して問題を切り分けるには、次の手順を実行します。Click here to show/hide solution

[スタートアップ] タブを使用して問題を切り分ける

[スタートアップ] タブには、スタートアップ グループ、Win.ini load= と run= および、レジストリから起動時に読み込む項目が表示されます。[スタートアップ] タブを使用して問題を切り分けるには、次の手順を実行します。Click here to show/hide solution

システム サービスのトラブルシューティングを行う

システム サービスのトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。Click here to show/hide solution

System.ini ファイルのトラブルシューティングを行う

System.ini ファイルのトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。Click here to show/hide solution

Win.ini ファイルのトラブルシューティングを行う

Win.ini ファイルのトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。Click here to show/hide solution

Boot.ini ファイルのトラブルシューティングを行う

Boot.ini ファイルを変更するのは、システム管理者および詳しい知識があるユーザーに限られます。Boot.ini のトラブルシューティングを行う手順は、この資料の範囲外です。

詳細については、サポート技術情報を検索してください。これを行うには、マイクロソフト サポート Web サイトにアクセスしてください。

システム構成ユーティリティを通常スタートアップに再設定する

システム構成ユーティリティを通常スタートアップに再設定するには、次の手順を実行します。Click here to show/hide solution

Windows 回復コンソールを使用する

回復コンソールは、コンピューターが正常に起動しない場合に Windows を修復するために使用できるコマンド ライン ツールです。回復コンソールは Windows Server 2003 CD から起動できます。または、コンピューターに事前にインストールしておいて起動時に使用することもできます。前回正常起動時の構成スタートアップ オプションを使用してコンピューターを起動できなかった場合、およびセーフ モードでコンピューターを起動できなかった場合に、回復コンソールを使用します。基本的なコマンドを使用して問題のあるドライバーやファイルを識別および発見できる詳しい知識を持っているユーザーのみ回復コンソールを使用することをお勧めします。
回復コンソールを使用するには、次の手順を実行します。Click here to show/hide solution

ハード ディスクやファイル システムが破損していないかどうかを確認する

ハード ディスクまたはファイル システムが破損していないことを確認するには、Windows Server 2003 CD からコンピューターを起動し、回復コンソールを起動して、Chkdsk コマンドライン プロンプト ユーティリティを使用します。これにより問題が解決することがあります。Click here to show/hide solution

自動システム回復を使用する方法

自動システム回復 (ASR) を使用してシステム障害から回復するには、次の手順を実行します。Click here to show/hide solution

バックアップを使用して ASR ディスク セットを作成する

ASR を使用するには、ASR ディスク セットを持っている必要があります。ASR ディスクを作成するには、次の手順を実行します。Click here to show/hide solution

Windows のインストールを修復する方法

Windows CD から Windows セットアップを実行して、壊れた Windows Server 2003 インストールを修復できる場合があります。

Windows のインストールを修復するには、以下の手順を実行します。Click here to show/hide solution

マイクロソフト サポート Web サイトを使用して解決方法を見つける方法

この資料の手順を実行しても問題を解決できない場合、マイクロソフト サポート Web サイトを使用して問題の解決方法を検索できます。マイクロソフト サポート Web サイトが提供するサービスの一部についての説明を以下に記載します。
  • サポート技術情報検索 - マイクロソフト製品のテクニカル サポート情報とセルフ ヘルプ ツールを検索できます。
  • 製品別のサポート情報 - よく寄せられる質問と重要なサポート情報を製品別に参照できます。
  • マイクロソフト ニュースグループ - 他のユーザーや Microsoft MVP (Most Valuable Professionals) から情報を得ることができます。
  • ダウンロード センター - ダウンロード センターでソフトウェアおよび更新プログラムを検索します。
  • サポート オンライン - Web を通じて、または電話でサポートに関する質問をします。

プロパティ

文書番号: 325375 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
キーワード:?
kbmgmtservices kbenv kbhowtomaster KB325375
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com