DHCP データベースを Windows NT 4.0 Server、Windows 2000、または Windows Server 2003 から Windows Server 2003 に移動する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 325473 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Windows NT Server 4.0、Microsoft Windows 2000、または Microsoft Windows Server 2003 を実行しているコンピュータから Windows Server 2003 を実行しているコンピュータに DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) データベースを移動する方法について、手順を追って説明します。

: Microsoft Windows バックアップ ユーティリティ (ntbackup.exe) を使用すると、1 台のサーバー上で DHCP データベースのバックアップを作成し、復元することができます。DHCP データベースを DHCP サーバー間で移行 (または移動) する作業には、このユーティリティは使用しないようにしてください。

Windows NT 4.0 サーバーまたは Windows 2000 サーバーの DHCP データベースをエクスポートする

  1. サーバー上の DHCP Server サービスを停止します。
    1. ローカル Administrators グループのメンバ アカウントを使用して、移動元の DHCP サーバーにログオンします。
    2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
    3. コマンド プロンプトで net stop dhcpserver と入力し、Enter キーを押します。"Microsoft DHCP Server サービスを停止中です. Microsoft DHCP Server サービスは正常に停止されました" というメッセージが表示されます。
    4. exit と入力し、Enter キーを押します。
  2. JetPack ユーティリティを使用して、DHCP データベースを圧縮します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
    2. コマンド プロンプトで cd %systemroot%\system32\dhcp と入力し、Enter キーを押します。
    3. jetpack dhcp.mdb temp.mdb と入力し、Enter キーを押します。
    4. データベースの圧縮が正常に終了したら、exit と入力し、Enter キーを押します。
  3. DHCP Export Import ユーティリティ (Dhcpexim.exe) を使用して DHCP データベースをエクスポートします。このユーティリティは Windows 2000 Resource Kit Supplement 1 から入手できます。また、次のマイクロソフト Web サイトから Dhcpexim.exe を入手することもできます。
    http://www.microsoft.com/windows2000/techinfo/reskit/tools/new/dhcpexim-o.asp
    データベースをエクスポートするには、次の手順を実行します。
    1. Dhcpexim.exe ユーティリティをインストールし、Dhcpexim.exe ユーティリティを起動します。
    2. [Welcome to DHCP Export Import tool] 画面で、[Export configuration of the local service to a file] をクリックし、[OK] をクリックします。
    3. [File name] ボックスで、エクスポート ファイルの名前を入力し、[保存] をクリックします。たとえば、dhcpdatabase.txt と入力します。
    4. エクスポートするスコープをクリックし、[Disable the selected scopes on local machine before export] チェック ボックスをオンにして、[Export] をクリックします。
    5. [OK] をクリックします。
  4. サーバーの DHCP Server サービスを無効にします。これにより、データベース転送後にサービスが開始されないようにすることができます。DHCP Server サービスを無効にするには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。次に、[サービス] をダブルクリックします。
    2. サービスの一覧で [Microsoft DHCP Server] (または [DHCP Server]) をダブルクリックし、[スタートアップ] (または [スタートアップの種類]) ボックスの [無効] をクリックします。次に、[OK] をクリックします。
    3. サービスが開始されている場合は、[停止] をクリックし、[はい] をクリックして、サービスの停止を確認します。Windows 2000 の場合は、[サービスの停止] をクリックし、サービスを停止します。
    4. [閉じる] をクリックし、[サービス] ダイアログ ボックスを閉じます。
重要 : Dhcpexim.exe は、Windows 2000 または Windows NT 4.0 を実行しているサーバーから Windows Server 2003 を実行しているサーバーにデータベースを移動するときに必要です。Windows NT 4.0 では、DHCP の Netsh コマンドは使用できません。

: Windows 2000 ベースのサーバー上で、(データベースのデータではなく) データベースの構成のみをエクスポートする場合は、Dhcpexim.exe ではなく、次のコマンドを使用します (Dhcpexim.exe は使用しないでください)。
netsh dhcp dump >C:\dhcp.txt
C:\dhcp.txt には、エクスポート先のファイルのパスと名前を指定します。

注 : Windows 2000 Server では、netsh コマンドにエクスポート用のオプションは用意されていません。netsh dhcp server dump コマンドと netsh dhcp server import コマンドに互換性はありません。netsh dhcp server dump > C:\dhcp.txt コマンドで作成したデータを、netsh DHCP server import C:\dhcp.txt コマンドでインポートしようとすると、Windows Server 2003 ベースのコンピュータで次のようなエラー メッセージが表示されます。
この要求は、サポートされていません。
エクスポートした構成ファイルを新たな Windows Server 2003 サーバーに移行するには、次のコマンドを使用します。
netsh exec c:\dhcp.txt
Dhcpexim.exe は、Windows Server 2003 ではサポートされていません。Windows 2000 ベースのコンピュータで Dhcpexim.exe を使用してデータベースをエクスポートし、Windows Server 2003 にインポートしようとすると、Dhcpexim.exe は終了し、次のエラー メッセージが表示されます。
エラーが発生しました。間違ったフォーマットのプログラムを読み込もうとしました。
このような場合は、dhcpexim を使用して Windows 2000 からデータをエクスポートし、Windows Server 2003 環境で netsh DHCP server import xyz.txt コマンドを使用してデータをインポートします。

Microsoft Windows Server 2003 サーバーの DHCP データベースをエクスポートする

Windows Server 2003 サーバーから別の Windows Server 2003 サーバーに DHCP データベースのデータおよび構成を移動するには、以下の手順を実行します。
  1. ローカル Administrators グループのメンバ アカウントを使用して、移動元の DHCP サーバーにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  3. netsh dhcp server export C:\dhcp.txt all と入力し、Enter キーを押します。

: データをエクスポートするには、ローカル管理者のアクセス許可が必要です。

Windows Server 2003 サーバーに DHCP Server サービスをインストールする

既存の Windows Server 2003 ベース コンピュータに DHCP Server サービスをインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックして、[プログラムの追加と削除] をダブルクリックします。
  2. [Windows コンポーネントの追加と削除] をクリックします。
  3. Windows コンポーネント ウィザードで、[コンポーネント] ボックスの [ネットワーク サービス] をクリックし、[詳細] をクリックします。
  4. [動的ホスト構成プロトコル (DHCP)] チェック ボックスがオンになっていない場合はオンにして、[OK] をクリックします。
  5. Windows コンポーネント ウィザードで [次へ] をクリックして、選択したコンポーネントをインストールします。Windows Server 2003 CD を挿入するように求められたら、CD ドライブまたは DVD ドライブに Windows Server 2003 CD を挿入します。セットアップ プログラムによって、使用しているコンピュータに DHCP サーバーとツールのファイルがコピーされます。
  6. セットアップが完了したら、[完了] をクリックします。

DHCP データベースをインポートする

: Backup Operators グループのメンバでない場合、この手順の途中でアクセス拒否のメッセージが表示されることがあります。"サーバー servername の DHCP サーバーのバージョンを検出できません" というエラー メッセージが表示された場合は、サーバー上で DHCP Server サービスが実行されていること、および、ローカル Administrators グループのメンバであるユーザーでログインしていることを確認してください。

重要 : Windows Server 2003 への DHCP データベースのインポートには、Dhcpexim.exe を使用しないでください。また、インポート先の Windows Server 2003 サーバーがメンバ サーバーであり、このサーバーをドメイン コントローラに昇格する予定がある場合は、昇格の前に DHCP データベースを移行することをお勧めします。Windows Server 2003 ドメイン コントローラへの DHCP データベースの移行は可能ですが、ローカル管理者アカウントが存在するため、メンバ サーバーへの移行作業の方がより容易に行うことができます。
  1. ローカル Administrators グループの明示的なメンバであるユーザーとして、ログインします。ローカル Administrators グループのメンバであるグループに属しているユーザー アカウントでは、正常に実行できません。対象のドメイン コントローラで使用できるローカル管理者アカウントが存在しない場合は、コンピュータをディレクトリ サービス復元モードで再起動し、管理者アカウントを使用して、以下に説明する手順に従ってデータベースをインポートします。
  2. エクスポートした DHCP データベース ファイルを Windows Server 2003 ベースのコンピュータのローカル ハード ディスクにコピーします。
  3. Windows Server 2003 ベースのコンピュータ上で DHCP サービスが開始されていることを確認します。
  4. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  5. コマンド プロンプトで、netsh dhcp server import c:\dhcpdatabase.txt all と入力して Enter キーを押します。c:\dhcpdatabase.txt には、Windows Server 2003 コンピュータにコピーしたデータベース ファイルの完全なパスとファイル名を指定します。

    : Windows 2000 ドメイン コントローラからエクスポートした DHCP データベースを、ドメインの Windows Server 2003 メンバ サーバーにインポートしようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
    アクセスが拒否されました。
    : データをインポートするには、ローカル管理者のアクセス許可が必要です。
  6. この問題を解決するには、Windows Server 2003 DHCP サーバー コンピュータを、エンタープライズ レベルで DHCP Admins グループに追加します。
  7. エンタープライズ レベルで DHCP Admins グループに Windows Server 2003 DCHP サーバー コンピュータを追加した後、手順 5. に記載されているアクセス拒否のエラー メッセージが表示された場合は、インポートするために使用しているアカウントが、ローカル Administrators グループに属していることを確認します。アカウントがこのグループに属していない場合は、アカウントをグループに追加するか、インポートを実行するローカル管理者としてログオンします。

    : ローカル Administrators グループの明示的なメンバではないユーザーで DHCP の IMPORT または EXPORT コマンドを実行して失敗した場合は、Windows Server 2003 ベースのコンピュータに次の修正プログラムを適用してください。

    833167 Windows Server 2003 用のボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) 修正プログラム パッケージのリリースについて
  8. コマンドが正常に終了したというメッセージが表示されたら、コマンド プロンプトを終了します。

DHCP サーバーを承認する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[管理ツール] を順にポイントして、[DHCP] をクリックします。

    : Administrators グループのメンバであるアカウントを使用してサーバーにログオンしている必要があります。Active Directory ドメインでは、Enterprise Administrators グループのメンバであるアカウントを使用してサーバーにログオンしている必要があります。
  2. DHCP スナップインのコンソール ツリーで、新しい DHCP サーバーを展開します。サーバー オブジェクトの右下に赤い矢印が表示されている場合、そのサーバーはまだ承認されていません。
  3. サーバー オブジェクトを右クリックして、[承認] をクリックします。
  4. しばらく待ち、もう一度そのサーバーを右クリックして、[最新の情報に更新] をクリックします。DHCP サーバーが承認されていることを示す緑色の矢印が表示されます。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
323416 Windows Server 2003 でワークグループに DHCP サーバーをインストールして構成する方法
130642 Windows NT 4.0 および Windows 2000 の DHCP データベースを別のサーバーに移行する方法
890480 netsh dhcp server import コマンドを使用して Windows NT Server 4.0 ベースのコンピュータから Windows Server 2003 ベースのコンピュータに DHCP データベースをインポートすると、アクセス拒否のエラー メッセージが表示される

プロパティ

文書番号: 325473 - 最終更新日: 2006年4月21日 - リビジョン: 19.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbhowtomaster kbnetwork KB325473
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com