文書番号: 325487 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料ではネットワーク アダプター用の高度なトラブルシューティングについて説明します。ネットワークのトラブルシューティング Windows vista については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://windowshelp.microsoft.com/Windows/en-us/Help/33307acf-0698-41ba-b014-ea0a2eb8d0a81033.mspx

詳細

ネットワーク接続の問題はさまざまな原因があるが不適切なネットワーク アダプター、正しくないスイッチの設定、動作不良のハードウェアまたはドライバーの問題のため発生します。接続のいくつかの現象が断続的と、これらの原因のいずれかを明確に指していません。


接続の問題の一般的な原因は次のとおりです。
  • ネットワーク アダプターおよびスイッチ ポートが異なる duplexlevels または転送速度設定です。
  • ネットワーク アダプターまたはスイッチは of10/100 メガビット/秒 (Mbps) に切り替わりません正しく転送レート。いくつかの autosensesettings のいくつかの networkadapters の速度が正しく認識されません。
  • ネットワーク アダプターは、マザーボードやその他のハードウェアまたはソフトウェアのコンポーネントおよびドライバーとの互換性です。
一般的なエラー メッセージは次のとおりです。
エラー 55:「指定されたネットワーク リソースは利用できません」(ERROR_DEV_NOT_EXIST)
エラー 64: 「指定されたネットワーク名は利用できません」(ERROR_NETNAME_DELETED)。
エラー 121:「セマフォのタイムアウト期間が期限切れ」(ERROR_SEM_TIMEOUT)。
エラー 1231:「トランスポートがリモート ネットワークへ到達できません」(ERROR_NETWORK_UNREACHABLE)
クライアント コンピューターのシステム イベント ログは、次のエントリのいずれか表示ことがあります。
種類: 警告
ソース: MrxSmb
イベント ID: 50
説明:
{遅延の書き込みのデータの紛失}システムに \Device\LanmanRedirector バッファーからファイル ・ データを転送しようとしています。書き込み操作に失敗し、一部のデータのみファイルに書き込まれました。
種類: 警告
ソース: MrxSmb
イベント ID: 3013
説明:
リダイレクターがタイムアウトします。 サーバー名
種類: 警告
ソース: MrxSmb
イベント ID: 3036
説明:
リダイレクターはセキュリティ署名の不一致が検出されました。接続は切断されました。
次の TCPIP 4201 エントリのイベント ログの複数のオカレンスがある可能性があります。
種類: 情報
ソース: TCPIP
イベント ID: 4201
説明:
ネットワーク アダプター Compaq NC6134 Gigabit NIC がネットワークに接続されているし、ネットワーク アダプター上での通常の操作が開始されたを検出しました。
TCPIP 4201 イベントが 1 一般的なまたは無効にするか、ネットワーク アダプターを有効にする後に、コンピューターを再起動した後です。

トラブルシューティング

ネットワーク アダプターに関する問題のトラブルシューティング、次の手順に従います。
  1. Ping または PathPing コマンド ライン ツールを使用すると、basicconnectivity をテストできます。ネットワーク ハードウェアの問題と incompatibleconfigurations を分離するのにには、Ping を使用します。PathPing を使用して、複数 hoptrips 上でのパケット損失を検出します。

    Ping 統計情報を監視するには、 ping-tコマンドを使用します。統計情報を表示して引き続きには、CTRL キーを押しながら BREAK キーを押してキーを押します。停止、pressCTRL + C。統計情報の出力で失われたパケットを検出した場合、問題の indicatesnetworking オープン システム相互接続 (OSI) までレイヤー 3 (IP levelconnectivity)。

    リモート システムに対して ping を実行する場合、サテライト リンクなどの遅延 ahigh のリンク経由で応答がかかることがあります。使用して、 -w (待機) スイッチを指定のタイムアウト時間を長くします。

  2. ネットワーク カード関連のエントリの orconnectivity に関連するエントリのイベント ログを確認します。

    詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    308427 Windows XP でイベント ビューアーでのログを表示およびイベントを管理する方法
  3. ネットワーク アダプターが Microsoft ハードウェア互換性リスト (HCL) にであるかどうかを確認します。
  4. 同じのデフォルトの gatewaythat を使用している他のコンピューターが、同じハブまたはスイッチに接続されているかを確認します。場合は、これらのコンピューターは、ネットワーク接続の問題の notexperience、1 台のコンピューターに障害がある、networkadapter が考えられます。

    このような場合、networkadapter ドライバーを最新バージョンに更新します。
  5. 各マザーボードの製造元に問い合わせてし、BIOSof ボードを更新します。いくつかのネットワーク アダプターとマザーボードまたは BIOS のバージョン areincompatible です。ベンダーの Web サイトまたは問い合わせてハードウェアの製造元から最新版を入手します。
  6. ネットワーク アダプターとアップリンク ハードウェア (接続ハブまたはスイッチ) の一般的な設定を確認します。すべての補完ネットワーク リソース (ネットワーク アダプター、ハブ、およびスイッチ) が同じ速度および二重化レベルに設定されているかどうかを確認します。メディアの種類が自動感知、自動感知、自動検出、または「自動選択」に設定されている場合はすべてのコンポーネントが自動感知正しくことを確認します。

    プログラミング的に得るのスイッチ、二重化設定が自動あります半二重を使用するように。全二重を使用するように強制することがあります。

    再起動クライアント、スイッチをリセットし、接続をテストします。

    クライアントとパッシブ ハブの上に配置します。通信を再開する場合は anincorrect ネットワーク スイッチの構成によって原因可能性があります。

    デバイスを構成する詳細については方法、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。
  7. 手動で設定、コンピューターのネットワーク アダプターを hasconnectivity 問題半二重および低速に。

    半二重および 10 Mbps に構成されているスイッチにシステムを接続または a10 Mbps のハブを使用して、下の transmissionspeed に接続を確立できるかどうかを参照してください。

    パフォーマンスを向上する、増加の速度設定の manuallyto 100 Mbps、コンピューターを再起動。Connectivityloss のネットワークのテストを全二重に設定し、コンピューターを再起動します。二重化設定および速度を previoussettings、Ifnetwork の損失が発生を減らします。
  8. 障害が発生したシステムと thehub の間のネットワーク ケーブルをスワップするか、切り替えます。
  9. テストおよび実証済みの信頼性の高いされているネットワーク アダプターとネットワーク アダプターを交換してください。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. ネットワーク アダプター診断プログラムを削除します。
    2. ネットワークのプロパティで、ネットワーク アダプターを削除します。
    3. 新しいネットワーク アダプターをインストールします。
  10. ネットワーク モニターをネットワーク接続の両端で同時に実行します。Twosystems のアドレスのトレースをフィルター処理した後は同様のトラフィックを参照してくださいかどうかを確認する両方のトレースを比較します。

    TCPretransmissions を検出するには、ネットワーク モニター エキスパート ツールの TCP 再送を使用します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. ネットワーク モニターを起動します。
    2. で、 ツール メニューのをクリックします エキスパートプロパティ TCP 再送信 ナビゲーション ウィンドウでします。
    3. [実行一覧に追加] をクリックします。
    4. クリックしてください。 エキスパートを実行します。.
    フレームがない場合のトレースは、すべて中間ケーブル、ハブ、スイッチ、およびルーターのハードウェアまたは構成のエラーを確認します。

    ネットワーク モニターでキャプチャ統計概要フレームを表示します。このフレームは、トレースの最終フレームです。次の統計情報カウンターに 0 以外の値が含まれている場合は、接続の問題は、ハードウェアまたは構成の問題によって原因可能性があります。
    統計: MAC の CRC エラー = 0
    統計: ハードウェア エラーのため MAC フレーム削除 = 0
ネットワーク スイッチおよびサーバー ネットワーク アダプターが正常に機能する通信対応二重化の設定が必要です。両方全二重または半二重に設定する必要があります。一致しないことはできません。

ローカル エリア ネットワーク (LAN) 上のコンピューターは、通常、共通の全二重ネットワーク メディアを共有します。この構成では 2 台のコンピューターに同時にデータを送信します。

接続の問題が発生するは、次の条件のいずれかに該当する場合。
  • コンピューターは、新しいイーサネット スイッチ ポート thatautomatically 感覚ネットワークの速度に移動しました。ただし、ように、コンピューターのネットワーク アダプター構成の静的ネットワーク transferspeed の設定 (10 Mbps、100 Mbps、または 1 ギガビット毎秒 [Gbps]) で、全二重通信を強制的にします。
  • 両方のイーサネット スイッチ ポートおよびコンピューターの networkadapter は、100 Mbps または 1 Gbps の全二重通信を強制的に構成します。ただし、このイーサネット スイッチまたはネットワーク アダプターはレートの tocommunicate をことができない可能性があります。 またはフル duplextransmissions を使用できない場合があります。
全二重ハードウェアを使用して、イーサネット LAN 環境のネットワーク パフォーマンスを向上できます。この構成はネットワーク デバイス間の双方向の通信を許可します。情報は、全二重ハードウェアなし 1 つの方法を送信、その他の方法を送信し。半二重ハードウェアの構成では、ネットワーク上のパケットが頻繁に衝突して、パケットの再送信する必要があります、競合が発生するたびにします。これは、ネットワークのパフォーマンスが低下することができますより多くのトラフィックを作成します。

全二重転送し、受信パスが分割します。したがって、転送したり、同時に受信し、衝突が回避します。ため、スループットが向上し、衝突がない全二重は、不良ケーブル終端または許容範囲を超えるケーブルの減衰を受けやすくなります。これはパフォーマンスが低下するだけで十分となるデータの再転送を生成できます。

関連情報

243294 無効と表示されているネットワーク モニターで TCP ヘッダーのチェックサム
315978 Windows XP では、ルーターでネットワークの問題

プロパティ

文書番号: 325487 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
キーワード:?
kbresolve kbinfo kbnetwork kbtshoot kbmt KB325487 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:325487
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com