Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 で Diskpart.exe を使用してデータ ボリュームを拡張する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 325590 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、Diskpart.exe コマンド ライン ユーティリティを使用して、データ ボリュームを未割り当ての領域に拡張する方法について説明します。

詳細

Diskpart.exe ユーティリティを使用して、コマンド ライン インターフェイスでディスク、パーティション、およびボリュームを管理することができます。Diskpart.exe は、ベーシック ディスク、ダイナミック ディスクの両方に対して使用可能です。コンテナに領域を追加する機能を持つハードウェア RAID 5 コンテナ上に NTFS ボリュームが存在する場合、Diskpart.exe を使用して、ディスクをベーシック ディスクとしたまま、NTFS ボリュームを拡張することができます。

データを維持したまま、既存の領域に未割り当ての領域を統合するには、extend コマンドを使用します。

extend コマンドの必要条件は、次のとおりです。
  • ボリュームが NTFS ファイル システムでフォーマットされている必要があります。
  • ベーシック ボリュームの場合、拡張用の未割り当ての領域が、同一ディスク上で連続した次の領域にある必要があります。
  • ダイナミック ボリュームの場合、未割り当ての領域として、システムの任意のダイナミック ディスク上の任意の空き領域を指定できます。
  • データ ボリュームの拡張のみがサポートされています。システム ボリュームまたはブート ボリュームは、拡張できず、次のエラーが表示されることがあります。
    DiskPart はボリュームを拡張できませんでした。拡張するのに有効なボリュームかどうか確認してください。
  • システム ページ ファイルがパーティションに含まれている場合は、パーティションを拡張できません。拡張しないパーティションにページ ファイルを移動してください。
パーティションまたはボリュームを拡張するには、最初にボリュームを選択して、フォーカスを与える必要があります。その後、拡張する領域の大きさを指定できます。ボリュームを拡張するには、次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトで diskpart.exe と入力します。
  2. list volume と入力して、コンピュータ上の既存のボリュームを表示します。
  3. Select volume volume number と入力します。volume number は、拡張するボリュームの番号です。
  4. extend [size=n] [disk=n] [noerr] と入力します。パラメータは次のとおりです。
    size=n
    現在のパーティションに追加する領域 (MB 単位)。サイズを指定しない場合、連続した次の未割り当ての領域すべてを使用して拡張されます。

    disk=n
    ボリュームを拡張するダイナミック ディスク。size=n に等しい領域がディスク上に割り当てられます。ディスクを指定しない場合、現在のディスク上のボリュームが拡張されます。

    noerr
    スクリプト専用です。このパラメータを指定すると、エラーの発生時に、Diskpart がエラーを無視してコマンドの処理を継続するようになります。noerr パラメータを指定しない場合、エラーが発生すると、Diskpart はエラー コードを表示して終了します。
  5. Diskpart.exe を終了するには、exit と入力します。
extend コマンドの完了時、Diskpart で正常にボリュームが拡張されたことを示すメッセージが表示されます。ボリューム上のデータを残したまま、既存のドライブに新しい領域が追加されます。

: Microsoft Windows XP および Microsoft Windows 2000 では、現在ダイナミック ディスク上にあるシンプル ボリュームが最初にベーシック ディスク上で作成されていた場合、Diskpart.exe を使用してそのシンプル ボリュームを拡張することはできません。拡張できるのは、ディスクがダイナミック ディスクにアップグレードされた後で作成されたシンプル ボリュームのみです。最初にベーシック ディスクで作成された、ダイナミック ディスク上のシンプル ボリュームを拡張しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。この制限は、Microsoft Windows Server 2003 にはありません。
DiskPart はボリュームを拡張できませんでした。
拡張するのに有効なボリュームかどうか確認してください。
: Windows Server 2003 および Windows XP には、Diskpart.exe が基本オペレーティング システムの一部として含まれています。

Windows 2000 用の Diskpart.exe コマンド ライン ユーティリティをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=0fd9788a-5d64-4f57-949f-ef62de7ab1ae&displaylang=en
: ダイナミック ディスクに変換する前には、更新版の BIOS、ファームウェア、ドライバ、およびエージェントがあるかどうか、システムの製造元に問い合わせることをお勧めします。

プロパティ

文書番号: 325590 - 最終更新日: 2006年9月27日 - リビジョン: 11.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbinfo KB325590
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com