Office XP Service Pack 2 で修正される Access 2002 の問題の一覧

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 325670 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP325670
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
難易度 : 中。基本的なマクロ、コーディング、相互運用性に関する知識が必要です。

この資料は Microsoft Access データベース (.mdb) および Microsoft Access プロジェクト (.adp) について記述したものです。

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、Microsoft Office XP Service Pack 2 (SP-2) をリリースしました。この資料では、Office XP SP-2 で修正される Microsoft Access 2002 の問題について説明します。

Office XP Service Pack 2 のダウンロード方法およびインストール方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
325671 Office XP Service Pack 2 (SP2) の概要

詳細

Office XP Service Pack 2 で修正される Access 2002 の問題

この更新プログラムにより以下の資料に記載されている問題が修正されます。修正内容の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
313915 [ACC2002] 起動オプションの [データベース ウィンドウの表示] を無効にしている場合でも、アプリケーション アイコンをクリックしたときにデータベース ウィンドウが表示される
322860 Access 2002 でハイパーリンクまたは VBA (Visual Basic for Applications) コードを使用してデータベースを開いた後にデータベースのパスワードを要求される
320713 [ACC2002] 印刷プレビューで開くはずのレポートがデザイン ビューに切り替わる
311888 [ACC2002] サブフォームに水平スクロール バーが表示されない
314413 [ACC2002] [宛名ラベル ウィザード] ダイアログ ボックスでフォントの一覧が正しく表示されない
また、この資料では、Office XP SP-2 で修正されるその他の問題についても簡単に説明します。
311219 [OFFXP] Office XP の Mscal.ocx で事前バインディングを使用するクライアントのバイナリ互換性が無効になる

Office XP SP-2 で修正されるその他の問題

また、以下の問題も修正されています。

サブフォームに水平スクロール バーが表示されない

サブフォーム コントロールの幅が 4 インチ未満で、サブフォーム コントロールにレコード移動ボタンと水平スクロール バーが使用されていると、水平スクロール バーが表示されません。この問題は、水平スクロール バーが必要な場合にも発生します。

Ctrl + アポストロフィ キーを使用した後、テキストを追加すると Access が終了する

Ctrl + アポストロフィ (') キーを使用して、前のレコードにある同じフィールドから値を挿入した後、そのフィールドにテキストを追加すると、Access 日本語版が突然終了します。

リンク テーブル マネージャの実行後にレコードが更新できない

リンク テーブル マネージャを実行してリンクを更新した後、ビューにリンクされたリンク テーブル内のレコードを更新できません。

パスワードで保護されたデータベースを修復できない

修復の必要がある、パスワードが設定されたデータベースを開こうとすると、正しいパスワードを入力したにもかかわらず、以下のメッセージが表示されます。
パスワードが無効です。
このため、データベースを開くことができず、修復できません。

レコードの削除を実行しても確認メッセージが表示されない

フォームからレコードを削除したとき、レコードを削除するかどうかを確認するメッセージが表示されません。この問題は、[レコードの変更] チェック ボックスがオンになっていて、"作業ウィンドウ固定" プロパティと "ポップアップ" プロパティが共に [はい] に設定されている場合に発生します。

データベースをアップサイズした後にインデックスの並べ替え順序が変更される

アップサイジング ウィザードを使用してデータベースをアップサイズすると、アップサイズ後のデータベースで、降順に設定されたすべてのインデックスの並べ替え順が、昇順に変更されます。

: この問題を回避するには、Office XP SP-2 以外に、Microsoft Data Access Components (MDAC) 2.6 以降もインストールする必要があります。MDAC の最新バージョンをインストールするには、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://www.microsoft.com/japan/msdn/data/default.asp

このサイトにある Component Checker ツールを使用すると、現在コンピュータにインストールされている MDAC のバージョンを確認できます。

Access スペイン語版で Formularios という単語が認識されない

Access スペイン語版で、"フォーム (Forms)" を意味する Formularios という単語が正しく解釈されません。これにより、パラメータ値の入力を要求する予期しないメッセージが表示される場合があります。

アクション クエリのコミットをキャンセルしてもデータが変更される

選択クエリから変換されたアクション クエリを実行したとき、変更をコミットするかどうかを確認するメッセージに [いいえ] と応答したにもかかわらず、変更がコミットされます。

関連情報

Office XP Service Pack 2 の既知の問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
328019 Office XP SP2 または Office XP SP3 のインストール後でも Access 2002 データベースを SQL Server にアップサイズすると降順のインデックスが昇順のインデックスに変更される

プロパティ

文書番号: 325670 - 最終更新日: 2014年1月29日 - リビジョン: 6.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbqfe kbinfo KB325670
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com