Windows Update サイトで更新プログラムを確認したときにエラー メッセージ "0X800A138F: 現在、利用可能な更新はありません" が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 326253 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料には、Windows Update サイトから更新プログラムをインストールしようとしたときに "0x800A138F" エラー メッセージが表示される場合に試行できる複数の方法が記載されています。また、この資料には、より経験のあるコンピューター ユーザー向けの詳細なトラブルシューティング方法も記載されています。

この資料は、初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。
この資料を最初に印刷しておくと、手順を実行しやすくなります。

現象

Windows Update Web サイトで更新のスキャンを行った後に、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
現在、利用可能な更新はありません。
このコンピューターで利用できる更新プログラムはありません。後でもう一度確認してください。
また、ページの左側のメニューが淡色で表示され、[インストールする更新の選択] リンクが利用できません。

また、次のようなエラー レポートをファイルに保存するように求める通知を受け取る場合もあります。
ソフトウェアの更新が不完全です。
Windows Update ソフトウェアは正常に更新されません。
エラー番号を Microsoft に送信する (0x800A138F)
さらに、Windows Update.log ファイルに次のようなメッセージが出力されていることがあります。
Error IUENGINE Querying software update catalog from https://v4.update.microsoft.com/getmanifest.asp (Error 0x80072F05)

原因

この動作は、さまざまな原因で発生する可能性があります。この問題は、次のいずれかの条件に該当する場合に発生することがあります。
  • Internet Explorer の設定が正しくない。
  • ファイアウォール、Web アクセラレータ、ウイルス対策プログラムなど、一部のサードパーティ製アプリケーションが、Windows Update Web サイトへの接続に悪影響を与えている。
  • Internet Explorer の破損した設定または互換性がない設定により Windows Update にアクセスできない。

問題の解決手順

この問題は複数の異なる原因により発生する可能性があるため、問題を解決するには複数の方法を実行する必要がある場合があります。ここでは、最も簡単な方法から始め、また順を追った手順でご案内します。問題を解決できない場合や、高度な方法を試す自信がないという場合に備えて、マイクロソフトに連絡してサポートを受ける方法についてもお知らせします。

作業を始める前に、コンピューターで実行している Internet Explorer のバージョンを調べる必要があります。実行中の Internet Explorer のバージョンが判明している場合は、方法 1 に進んでください。それ以外の場合は、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックします。

    [バージョン情報] ダイアログ ボックスに製品とバージョンの情報が表示されます。
コンピューターで実行しているブラウザーのバージョンがわかったら、方法 1 に進みます。

方法 1: Internet Explorer の設定をリセットする

問題の原因が Internet Explorer の設定またはアドオンの破損または非互換性である場合、通常は、Internet Explorer の設定をリセットすることで問題が解決されます。Internet Explorer の設定をリセットすると、アドオンとカスタマイズした内容はすべて削除され、Internet Explorer はクリーンな状態で開始されます。

Internet Explorer の設定をリセットすると、以下の機能が既定の設定に復元されます。
  • ホーム ページ
  • 検索プロバイダー、タブ ブラウズの設定
  • 閲覧の履歴
  • フォーム データ
  • パスワード
  • 色、言語、フォント、およびアクセシビリティの設定
  • ツール バー
  • ActiveX コントロール
: Internet Explorer の設定をリセットすると、Internet Explorer は最初にコンピューターにインストールしたときの状態に戻ります。リセットすると、このセクションに記載されている設定に保存されているすべての情報が消去されます。

このページで Internet Explorer の設定をリセットするには、「Internet Explorer を自動的にリセットする」セクションに進んでください。自分で Internet Explorer の設定をリセットするには、「自分で Internet Explorer をリセットする」セクションに進んでください。

Internet Explorer を自動的にリセットする

Internet Explorer の設定を自動的にリセットするには、[Internet Explorer を自動的にリセットする] ボタンまたはリンクをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。


Internet Explorer のリセット
Microsoft Fix it 50195

: このウィザードは英語版のみである場合があります。ただし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

: 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、自動的な解決ツールをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

次に、「問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。


自分で Internet Explorer をリセットする

重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
Microsoft Internet Explorer 6 の場合、Internet Explorer の設定をリセットするには、以下の手順を実行します。
  1. 閲覧の履歴とインターネット一時ファイルを削除します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    2. [名前] ボックスに「inetcpl.cpl」と入力し、Enter キーを押します。[インターネット オプション] ダイアログ ボックスが表示されます。
    3. [全般] タブをクリックします。
    4. [インターネット一時ファイル] セクションで [Cookie の削除] をクリックし、[OK] をクリックします。.
    5. 同じタブで [ファイルの削除] をクリックします。
    6. [すべてのオフライン コンテンツを削除する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。
  2. 言語の優先順位を設定します。
    1. [全般] タブで [言語] をクリックします。.
    2. [言語] の一覧で言語が選択されていない場合は、言語の優先順位を追加します。[英語 (U.S.) [en-us]] オプションが適切です。言語を選択した後、[OK] をクリックします。

      : 複数の言語の優先順位が選択されている場合、[言語] の一覧の 1 つを除いてすべての言語を削除します。
  3. Web の設定をリセットします。
    1. [プログラム] タブをクリックし、[Web の設定のリセット] をクリックし、[はい] をクリックします。
    2. [詳細設定] タブをクリックし、[既定値に戻す] をクリックします。
    3. 同じタブで、[サード パーティ製のブラウザー拡張を有効にする] チェック ボックスをオフにして、[OK] をクリックします。.
  4. Internet Explorer を起動し、更新プログラムをインストールします。
Windows Internet Explorer 7 の場合、Internet Explorer の設定をリセットするには、以下の手順を実行します。
  1. Internet Explorer で、[ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブの [リセット] をクリックします。
  3. [Internet Explorer の設定のリセット] ダイアログ ボックスで、[リセット] をクリックします。
  4. Internet Explorer 7 で既定の設定の復元が完了したら、[閉じる] をクリックし、[OK] を 2 回クリックします。
  5. Internet Explorer 7 を終了します。 次回 Internet Explorer 7 を起動すると、変更内容が有効になります。依然として Windows Update で問題が発生する場合は、方法 2 に進みます。
: 何らかの理由により Internet Explorer 7 を起動できない場合は、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    VistaStartButton
    をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [ネットワークとインターネット] をクリックし、[インターネット オプション] をクリックします。
  3. [詳細設定] タブの [リセット] をクリックします。
Internet Explorer 7 の Internet Explorer の設定のリセット (RIES) 機能の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
923737 Internet Explorer の設定のリセット (RIES) の使用方法
926717Internet Explorer の設定のリセット (RIES) 機能で Internet Explorer 7 の一部の設定がリセットされない


問題が解決されたかどうかの確認

Windows Update サイトからの更新プログラムのインストールを試行して、問題が解決されたかどうかを確認します。Windows Update サイトから更新プログラムをインストールできる場合は、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。

高度なトラブルシューティング

以下の説明は、上級レベルのコンピューター ユーザーを対象としています。高度なトラブルシューティングに自信がない場合は、サポート担当者にお問い合わせください。マイクロソフト サポートに問い合わせる方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja#tab0

方法 2: 一時的にバックグラウンド プログラムをオフにする

ファイアウォールやインターネット アクセラレータ プログラムが Windows Update と競合している場合があります。Windows Update へのアクセスで以前は問題なく一定期間動作していたファイアウォールやインターネット アクセラレータであっても、これらのプログラム用の新しい更新プログラムにより予期しない問題が発生する可能性があります。Windows Update と競合する可能性がある一般的なアプリケーションには、次のようなものがあります。
  • NetZero HiSpeed accelerator
  • Netscape Internet Service accelerator
  • Slipstream
  • Telus Fast Dial up service
  • Sygate Personal Firewall
  • Norton Internet Security
  • Freedom Firewall
  • Zone alarm Firewall
  • Call wave accelerator
  • Juno speedband
これらのプログラムを一時的に無効にすると、Windows Update と競合しているかどうかを確認できます。これらのアプリケーションをオフにする方法の詳細については、アプリケーションに付属する製品ドキュメントを参照するか、プログラム ベンダーに問い合わせてください。

アプリケーション ベンダーに問い合わる方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/gp/vendors/ja
サードパーティのバックグラウンド プログラムをオフにしても Windows の更新プログラムを正常にダウンロードできない場合は、方法 3 に進みます。

方法 3: プロキシ設定を構成する

  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [詳細設定] タブをクリックし、[HTTP 1.1 を使用する] チェック ボックスと [プロキシ接続で HTTP 1.1 を使用する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。
  4. Internet Explorer を終了します。
  5. Internet Explorer を再起動し、更新プログラムをインストールします。

方法 4: プロキシ サーバーのアドレスとポートを手動で設定する

この手順を実行するには、システム管理者またはインターネット サービス プロバイダー (ISP) のみが提供できる、プロキシ サーバーに関する情報が必要です。そのため、続行するにはシステム管理者または ISP への問い合わせが必要な場合があります。
  1. Internet Explorer で、[ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [接続] タブをクリックし、[LAN の設定] をクリックします。
  3. [プロキシ サーバー] で [LAN にプロキシ サーバーを使用する (これらの設定はダイヤルアップまたは VPN 接続には適用されません)] チェック ボックスをオンにし、[詳細設定] をクリックします。
    : プロキシ サーバーを使用しない場合は、[LAN にプロキシ サーバーを使用する (これらの設定はダイヤルアップまたは VPN 接続には適用されません)] チェック ボックスがオフであることを確認します。
  4. [Secure] ボックスに適切なプロキシ サーバー アドレスとポートを入力し、[OK] をクリックします。
  5. 更新プログラムをインストールします。

方法 5: Windows Update エンジン ファイルを登録する

Windows Update で実行する必要があるシステム DLL ファイルがシステムで正しく登録されていない場合、Windows Update で問題が発生することがあります。

これらのファイルを Windows Vista で登録するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[検索の開始] ボックスに「メモ帳」と入力します。次に、[プログラム] の一覧の [メモ帳] をクリックします。
  2. 以下のコマンドをコピーし、開いているメモ帳ファイルに貼り付けます。

    NET STOP BITS
    NET STOP WUAUSERV
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUAUENG.DLL /U /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUAUENG1.DLL /U /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUAPI.DLL /U /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\ATL.DLL /U /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUCLTUI.DLL /U /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUPS.DLL /U /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUPS2.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\IUENGINE.DLL /U /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUWEB.DLL /U /S
    REN "%WINDIR%\SOFTWAREDISTRIBUTION" "OLDSDVINOD"
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUAUENG.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUAUENG1.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUAPI.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\ATL.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUCLTUI.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUPS.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\IUENGINE.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUWEB.DLL /S
    NET START BITS
    NET START WUAUSERV
    NET START CRYPTSVC
    REGSVR32 VBSCRIPT.DLL /S
    REGSVR32 JSCRIPT.DLL /S
    REGSVR32 SCRRUN.DLL /S
    REGSVR32 DISPEX.DLL /S
    REGSVR32 MSSCRIPT.DLL /S
    REGSVR32 SOFTPUB.DLL /S
    REGSVR32 WINTRUST.DLL /S
    REGSVR32 INITPKI.DLL /S
    REGSVR32 URLMON.DLL /S
    REGSVR32 DSSENH.DLL /S
    REGSVR32 MSXML.DLL /S
    REGSVR32 MSXML2.DLL /S
    REGSVR32 MSXML3.DLL /S
    REGSVR32 RSAENH.DLL /S
    REGSVR32 GPKCSP.DLL /S
    REGSVR32 SCCBASE.DLL /S
    REGSVR32 SLBCSP.DLL /S
    REGSVR32 CRYPTDLG.DLL /S
    REGSVR32 MSSIP32.DLL /S
  3. メモ帳で、[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、「register.bat」と入力します。
  4. [ファイルの種類] をクリックし、[すべてのファイル] を選択します。
  5. register.bat ファイルをデスクトップに保存します。デスクトップで register.bat ファイルを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アクセス制御の許可
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  6. 更新プログラムを確認し、見つかった更新プログラムをインストールします。
Windows XP、Microsoft Windows 2000、または Windows Server 2003 でファイルを登録するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「notepad」と入力して、[OK] をクリックします。
  2. 以下のコマンドをコピーし、開いているメモ帳ファイルに貼り付けます。

    NET STOP BITS
    NET STOP WUAUSERV
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUAUENG.DLL /U /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUAUENG1.DLL /U /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUAPI.DLL /U /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\ATL.DLL /U /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUCLTUI.DLL /U /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUPS.DLL /U /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUPS2.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\IUENGINE.DLL /U /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUWEB.DLL /U /S
    REN "%WINDIR%\SOFTWAREDISTRIBUTION" "OLDSDVINOD"
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUAUENG.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUAUENG1.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUAPI.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\ATL.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUCLTUI.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUPS.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\IUENGINE.DLL /S
    REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\WUWEB.DLL /S
    NET START BITS
    NET START WUAUSERV
    NET START CRYPTSVC
    REGSVR32 VBSCRIPT.DLL /S
    REGSVR32 JSCRIPT.DLL /S
    REGSVR32 SCRRUN.DLL /S
    REGSVR32 DISPEX.DLL /S
    REGSVR32 MSSCRIPT.DLL /S
    REGSVR32 SOFTPUB.DLL /S
    REGSVR32 WINTRUST.DLL /S
    REGSVR32 INITPKI.DLL /S
    REGSVR32 URLMON.DLL /S
    REGSVR32 DSSENH.DLL /S
    REGSVR32 MSXML.DLL /S
    REGSVR32 MSXML2.DLL /S
    REGSVR32 MSXML3.DLL /S
    REGSVR32 RSAENH.DLL /S
    REGSVR32 GPKCSP.DLL /S
    REGSVR32 SCCBASE.DLL /S
    REGSVR32 SLBCSP.DLL /S
    REGSVR32 CRYPTDLG.DLL /S
    REGSVR32 MSSIP32.DLL /S
  3. メモ帳で、[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、「register.bat」と入力します。
  4. [ファイルの種類] をクリックし、[すべてのファイル] を選択します。
  5. register.bat ファイルをデスクトップに保存します。
  6. デスクトップで register.bat ファイルをダブルクリックし、Windows Update のファイルを登録します。
  7. 更新プログラムを確認し、見つかった更新プログラムをインストールします。

詳細

Internet Explorer を構成する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
135982 プロキシ サーバーを使用するように Internet Explorer を設定する方法
これらの資料で問題が解決しなかった場合、または、この資料に記載されている現象とは異なる現象が発生する場合は、詳細についてサポート技術情報を検索してください。サポート技術情報の資料を検索するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://support.microsoft.com/?ln=ja
次に、[検索] ボックスに、表示されたエラー メッセージを入力するか、問題の詳細を入力します。

プロパティ

文書番号: 326253 - 最終更新日: 2011年5月11日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Update
  • Microsoft Update
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Business
キーワード:?
kbsurveynew kbmsifixme kbfixme kbtshoot kbexpertisebeginner kbresolve kbprb KB326253
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com