[HOWTO] Visual Studio .NET でプロジェクトのコピー機能を使用して ASP.NET Web アプリケーションを展開する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 326356 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Visual Studio .NET には、プロジェクトのコピー機能が備えられています。この機能を使用すると、開発中に別の場所にプロジェクト ファイルをコピーすることや、運用中の Web サーバーに ASP.NET プロジェクトを展開することができます。 この資料では、Microsoft Visual Studio .NET のプロジェクトのコピー機能を使用して、Microsoft ASP.NET Web アプリケーションを展開する方法について説明します。この資料では、以下の項目について説明します。
  • FrontPage Server Extensions (FPSE) および共有への接続方法
  • コピー対象のファイルをフィルタ処理するツール オプション
  • サーバーのセットアップ
  • プロジェクトのコピー機能を使用するときに発生することがあるその他の問題

プロジェクトをリリース モードにした後のプロジェクトのコピー機能の使用

プロジェクトのコピー機能を実行する前に、プロジェクトをリリース モードに設定すると、ASP.NET アプリケーションのパフォーマンスが向上します。

プロジェクトをリリースモードに設定するには、次の手順を実行します。
  1. ソリューション エクスプローラでソリューションを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. 左側のウィンドウで、[構成プロパティ] フォルダをクリックします。
  3. 右側のウィンドウで、対象とするプロジェクト名をクリックし、[構成] ボックスの一覧から [Release] をクリックします。
  4. [OK] をクリックします。

Visual Studio .NET におけるプロジェクトのコピー機能の実行手順

: すべてのアセンブリを最新版にするため、プロジェクトのコピー機能を使用する前にビルドを 1 回実行する必要があります。この処理を行わないと、ASP.NET アプリケーションで古いバージョンのファイルが展開される可能性があります。
  1. [プロジェクト] メニューの [プロジェクトのコピー] をクリックします。
  2. [プロジェクトのコピー] ダイアログ ボックスで、使用するターゲット プロジェクト フォルダを指定します。
  3. コピー先フォルダへの接続に使用する Web のアクセス方法を選択します。Web のアクセスには、次の方法があります。
    • FrontPage - FrontPage Server Extensions (FPSE) を使用して、HTTP 通信でコピー先フォルダにファイルを転送します。ローカル ネットワーク外部のサーバーにファイルを転送するときは、この方法を使用します。FPSE サーバーをインストールする必要があります。
      または
    • UNC (汎用名前付け規則) に基づくファイルの共有 - この方法を使用するには、コピー元フォルダからコピー先フォルダに直接アクセスする必要があります。コピー先フォルダが別のコンピュータ上にある場合は、対象となるコンピュータがローカル ネットワーク上で検出できる必要があります。
  4. [コピー] オプションを選択し、コピー先フォルダにコピーするファイルを指定します。ファイルを指定するには、次の手順を実行します。
    • ASP.NET アプリケーション全体を展開する場合は、[このアプリケーションの実行に必要なファイルのみ] をクリックします。DLL ファイルと、"ビルド アクション" プロパティが [コンテンツ] に設定されたファイルが展開されます。"ビルド アクション" プロパティが [コンテンツ] に設定されていないソース ファイルは展開されません。
    • すべてのビルド ファイル、プロジェクト ファイル、およびソース ファイルを含める場合は、[すべてのプロジェクト ファイル] をクリックします。
    • コピー元フォルダにあるファイルのすべてをコピーする場合は、[ソース プロジェクト フォルダのすべてのファイル] をクリックします。
    : プロジェクトのコピー機能では、前回の展開時からのファイル変更の有無にかかわらず、すべての関連ファイルがコピーされます。変更内容の展開を頻繁に行う場合は、この点に注意してください。

Web サーバー セットアップの必要条件

必要なソフトウェア
  • Microsoft Windows 2000 または Windows XP
  • Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS)
  • Microsoft .NET Framework
プロジェクトのコピー機能を使用するには、プロジェクト ディレクトリを Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) のアプリケーションとして設定する必要があります。IIS アプリケーションを作成するには、次の手順を実行します。
  1. インターネット サービス マネージャを起動します。コンピュータで Microsoft Windows XP を実行している場合は、インターネット インフォメーション サービス管理コンソールを開きます。
  2. 左側のウィンドウで、設定する仮想ディレクトリを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [アプリケーションの設定] の [アプリケーション名] ボックスに Web サイト名または仮想ディレクトリ名が表示されていることを確認します。表示されていない場合は、[構成] をクリックします。

    : [プロジェクトのコピー] ダイアログ ボックスで Web のアクセス方法として FrontPage を選択した場合は、Web サーバーに FrontPage Server Extensions (FPSE) をインストールする必要があります。

    FrontPage Server Extensions のインストールの詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。

    FrontPage Server Extensions 2002 をインストールする
    http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/sppt/sharepnt/proddocs/owsd02.mspx

プロジェクトのリモート サーバーへのコピー

リモート Web サーバーへのプロジェクトのコピーを実行するには、次の手順を実行します。
  1. リモート サーバーで、すべての Visual Studio .NET プロジェクトを格納するフォルダ (C:\Projects など) を作成します。
  2. C:\Projects ディレクトリのファイル共有を有効にします。
  3. C:\Projects ディレクトリに、コピーするプロジェクトの名前を指定してサブフォルダを作成します (c:\Projects\Test1 など)。
  4. IIS の Microsoft 管理コンソール (MMC) で、仮想ディレクトリを作成します。仮想ディレクトリに Test1 という名前を付け、ディレクトリとして C:\Projects\Test1 フォルダを指定します。
  5. Visual Studio .NET で既存の ASP.NET Web アプリケーションを開きます。[ビルド] メニューの [ソリューションのビルド] をクリックします。
  6. ツール バーの [ソリューション構成] ドロップダウン リストで、コンパイル モードを [Debug] から [Release] に変更します。
  7. 対象となるプロジェクトをクリックし、[プロジェクト] メニューの [プロジェクトのコピー] をクリックします。以下の項目を設定後、[OK] をクリックします。
    1. [ターゲット プロジェクト フォルダ] に http://servername/test1 と入力します。servername は使用するサーバー名、Test1 は仮想ディレクトリを指します。ここでは、上記の手順 3. と 4. で作成したフォルダの名前を指定します。
    2. [Web のアクセス方法] ボックスの一覧で [ファイルの共有] をクリックします。[パス] には \\Servername\Projects\Test1 と入力します。
    3. プロジェクトの適切な [コピー] オプションをクリックします。
: このサンプルでは、ルート ディレクトリである C ドライブにフォルダを作成し、そのフォルダにプロジェクトをコピーする方法を説明しています。同様の手順を実行して、Web ルート (\\InetPub\Wwwroot) にプロジェクトをコピーすることもできます。

関連情報

Visual Studio .NET の [プロジェクトのコピー] ダイアログ ボックスの詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。
[プロジェクトのコピー] ダイアログ ボックス
http://www.microsoft.com/japan/msdn/library/ja/vsintro7/html/vxurfCopyProjectDialog.asp
FrontPage Server Extensions (FPSE) の詳細については、次の Microsoft Developer Network Web サイトを参照してください。
FrontPage Server Extensions 2002 from Microsoft for Windows-based Web Servers
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa140175(office.10).aspx

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 326356 (最終更新日 2003-06-17) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 326356 - 最終更新日: 2007年2月12日 - リビジョン: 3.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft ASP.NET 1.0
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Professional Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Enterprise Architect
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Enterprise Developer
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Academic Edition
  • Microsoft Internet Information Server 4.0
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Professional Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Enterprise Architect
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Enterprise Developer
キーワード:?
kbdeployment kbhowtomaster KB326356
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com