追跡および Word 97 と Word 2000 での変更を管理する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 326528
Microsoft Word 2002 および Word 2003 のバージョンこの資料についてを参照してください。 305216.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で説明する情報がから採用されました。提供されるテキスト マイクロソフト プレス.

変更の追跡には、文書に変更を加える方法についても説明し、受け入れるか、変更を拒否します。

詳細

他のユーザーとドキュメントを共有すると、追跡できます。正確にどのような追加と削除、変更を参照してくださいするのには、次のように変更します。行うことができますし、承諾または時刻またはすべて同時に、1 つのリビジョンを拒否します。If校閲者別のドキュメントに加えられた変更に戻り、すべてを結合することができますその1 つを文書化し、それらを確認します。記録が必要な場合ドキュメントに加えた変更をすべてのドキュメントの異なるバージョンを保存できます。同じ文書にします。

文書内の変更を追跡することで、使用することができます。元のメッセージを失うことがなく、ドキュメントのバージョン。場合は、追跡元のテキストと違う色で、Word 変更されたテキストの変更を表示します。変更されたテキストを区別するのには、下線などの用途変更履歴マーク元のテキストをします。

既定、単語の下線および変更して、挿入したテキストの色です。余白には、垂直方向で変更された行も含まれますいずれかの左側に、文書内の変更を見つけるためにテキストを変更します。

変更の追跡を有効にするには、任意のツールバーを右クリックしをクリックしてください 確認します。 メニューを表示するのには 確認します。 ツールバーの [をクリックし、 変更履歴の記録 ボタン クリックします。リビジョンで行った変更が表示されます。マークを付けます。

メモ 編集中に履歴変更をオフにするをクリックして、 変更履歴の記録 上のボタンを 確認します。 ツールバー。変更履歴の記録機能を「、"変更"」に文書の下部のステータス バーに表示されます。オフの場合変更の追跡は、[初版] が淡色表示されます。

変更履歴のマークがある場合無造作に、マークアップが画面に表示することがなく変更内容を追跡できます。

変更履歴のマークが画面に表示することがなく変更を追跡するには次の手順を実行します。
  1. で、 ツール メニューの選択 トラック変更内容、し 変更の強調表示します。.
  2. オンにし、 中に変更箇所を追跡します。編集 チェック ボックスをオンし、オフにするのには、 ハイライト画面上の変更 チェック ボックスします。
リビジョン マークを表示することがなく変更を追跡するために、印刷ドキュメントに、次の手順を実行します。
  1. で、 ツール メニューの選択 トラック変更内容、し 変更を強調表示します。
  2. オンにし、 中に変更箇所を追跡します。編集 チェック ボックスをオンし、オフにするのには、 ハイライト印刷文書内の変更 チェック ボックスします。
変更履歴を確認するを受理または拒否します。いずれか、または、そのまま使用するか、同時変更をすべて元に戻す時間です。変更を適用すると、Word は、表記の変更履歴のマークを削除します。削除されたテキストをそのまま使用する場合は、Word も、テキストを文書から削除されます。Ifテキストを受け入れ、新しいテキスト文書に単語を残します。場合、変更を取り消す、文字列を元のテキスト戻さ。

変更を確認するのには使用して、 確認します。 ツールバー。使用して変更 1 つずつ確認できます、 次の変更前の変更 ボタンします。次を使用して、 変更を適用します。 または 変更を拒否します。 変更履歴を返信するためには、[ボタン] をクリックします。すべての変更に同意するには同時をクリックします。 トラック変更内容 で、 ツール メニューの [、] をクリックして 許可または変更を拒否します。、し すべてを受け入れる .同時にすべての変更を拒否する. します。 すべて拒否します。 .

加えられた変更の記録が必要な場合は、ドキュメントを同じドキュメントの別のバージョンのドキュメントを保存できます。同じドキュメントの異なるバージョンを保存すると、ディスク領域を節約もWord のバージョンとの差分だけが保存されますので、ない全体をコピー各ドキュメント。複数のバージョンのドキュメントを保存すると、戻ることができます。確認、開く、印刷、および以前のバージョンを削除します。また単語を持つことができます。文書を閉じるたびに、文書のバージョンを保存します。ユーザーの変更の記録が必要な場合に便利ですし、場合のように法律関係の書類。クリックして文書を閉じるたびに版を保存するのには バージョン で、 ファイル メニューを開くには バージョンでは DocumentName ダイアログ ボックスとクリックするには選択、 バージョンを閉じるときに自動的に保存します。 チェックボックス。

追跡して Word 97 と Word 2000 での変更を管理するには、次の手順を実行します。

または、変更履歴の記録機能を無効にするのには

  1. で、 ファイル メニューをクリックして ファイルを開く.
  2. 見つけてクリックして先となるドキュメント変更をトラックし、 ファイルを開く.
  3. で、 ビュー メニューのポイント ツールバー、し 確認します。.

    は、 確認します。 ツールバーが表示されます。
  4. で、 確認します。 ツールバーのをクリックして 変更履歴の記録.
メモ 変更履歴の記録] がオンになっている場合は、「記録」と表示されますステータス バーに黒い。で、 確認します。 ツールバーの 変更履歴の記録 ボタンには、青色の背景色があります。場合は、変更履歴の記録機能オフに、「変更」がステータス バーに淡色します。

変更し、コメントを追加

変更を行いをオンにすると、コメントをドキュメントに追加するのには変更履歴機能を以下の手順を実行します。
  1. テキストを削除するには、テキストを選択し、キーを押します。削除します。
  2. テキストの上にマウス ポインターを置く、削除します。

    Word のポップ ヒントの削除をマークします。移動するかどうかは、削除ポインター、ヒント指示、その人の名前、テキストとその人のテキストを削除するときに削除します。ここでは、「削除」というポップ ヒントを表示します。
  3. テキストを追加するには、テキストを表示する位置をクリックし、次のテキストを入力します。

    Word を異なる色で、新しいテキストを挿入します。変更を加えた人の色が異なる場合、変更の履歴機能がオンになっています。
  4. 追加したテキストの上にポインターを移動します。

    Aヒント通知、テキストを挿入したユーザーの名前とはユーザーは、テキストを挿入します。この例では、ポップ ヒントが表示されます。「挿入」します。
  5. コメントを追加するには、文書のポイントをクリックして場所コメントを追加します。で、 確認します。 ツールバー] をクリックします。 新しいコメント、し、コメントを入力します。
  6. 追加コメント上にポインターを置きます。

    ヒント挿入した人の名前を指示、コメントとコメントが行われました。この例では、ポップ ヒントが表示されます。「コメント」

プロパティ

文書番号: 326528 - 最終更新日: 2011年7月28日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB326528 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:326528
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com