Office 2000 Service Pack 3 で修正される Access 2000 の問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 326605 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP326605
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、Microsoft Office 2000 Service Pack 3 (SP3) を公開しました。この資料では、Office 2000 SP3 で修正された Microsoft Access 2000 の問題について説明します。

Office 2000 Service Pack 3 (SP3) のダウンロード方法およびインストール方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
326585 [OFF2000] Office 2000 Service Pack 3 の概要

詳細

Office 2000 SP3 で修正された Access 2000 の問題

Office 2000 SP3 を適用すると、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されている問題が修正されます。
272384 [ACC2000] SQL Server 2000 にアップサイズするとオーバーフローエラー発生
304548 [ACC2000]オブジェクトのイベントが実行されない
260819 [ACC2000] Access 2000 の SendObject メソッドで失敗する
268379 [ACC2000] インポート/エクスポート定義の読み込み中にエラー
311888 [ACC2002] サブフォームに水平スクロール バーが表示されない
296130 [ACC2000] 宛名ラベル ウィザードのダイアログ ボックスでフォント一覧が正しく表示されない
290346 [ACC2000] ズームの使用時に全角文字が正しく表示されない
281153 [ACC2000] Access のレポートをエクスポートするとメモ型フィールドが切り捨てられる
293134 [ACC2000] フォーム内の Sum 関数が間違った値を返す

Office 2000 SP3 で修正されるその他の問題

上記の問題に加えて、以下の問題も Office 2000 SP3 で修正されます。

Microsoft Windows 2000 で Access ファイルを開くとき、または作成するときに IME の入力モードが自動的に変更される

以下の場合に、IME (Input Method Editor) の入力モードが自動的に変更されます。
  • 新規 Access データベースを開くとき、または作成するとき
  • データベースをいったん閉じて、再度データベースを開くとき
  • データベースを新規作成するとき

Access 2000 で OpenReport メソッドを使用するコードを実行すると、致命的なエラーが発生する

以下のいずれかのようなエラー メッセージが表示され、Access が終了します。OpenReport メソッドを含むコードを実行すると、このエラーが発生します。

エラー メッセージ 1
Microsoft Visual C++ Runtime Library

Runtime Error!
Program: C:\Program Files\Microsoft Office\Office\MSACCESS.EXE
abnormal program termination
エラー メッセージ 2
MSACCESS.EXE - アプリケーション エラー

"0x245c8b53" の命令が "0x245c8b53" のメモリを参照しました。メモリが "read" になることはできませんでした。

プログラムを終了するには [OK] をクリックしてください
プログラムをデバッグするには [キャンセル] をクリックしてください。
エラー メッセージ 3
このプログラムは不正な処理を行ったので強制終了されます。

終了しない場合は、プログラムの製造元に連絡してください。
[詳細] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。
MSACCESS のページ違反です。モジュール : <不明>、アドレス : 0000:245c8b53

パスワードで保護されたデータベースを修復できない

データベース パスワードが設定されたデータベースを開くと、次のメッセージが表示されます。
データベース database name は修復する必要があるか、データベース ファイルではありません。

データベースが開いているときに、いずれかのユーザーが Microsoft Access を終了しました。
このデータベースを修復しますか?
[はい] をクリックすると、次のメッセージが表示されます。
パスワードが正しくありません。
有効なパスワードを入力しても、このメッセージが表示され、データベースを修復することができません。

インポート先のテーブルの一覧にリンク テーブルが表示されない

filetype インポート ウィザードでは、既存のテーブルにデータをインポートすることはできません。データのインポート先のテーブルを指定するための、[次のテーブルに保存する] ボックスの一覧には、リンク テーブルは表示されません。

関数が定義されていない状態でコードをリセットすると致命的なエラーが発生する

定義されていない関数を呼び出しているコードをリセットすると、以下のいずれかのような致命的なエラー メッセージが表示されるか、Access が応答を停止します。

エラー メッセージ 1
MSACCESS.EXE - アプリケーション エラー

"0x65009ea1" の命令が "0x00fdffff" のメモリを参照しました。メモリが "read" になることはできませんでした。

プログラムを終了するには [OK] をクリックしてください
プログラムをデバッグするには [キャンセル] をクリックしてください。
エラー メッセージ 2
このプログラムは不正な処理を行ったので強制終了されます。

終了しない場合は、プログラムの製造元に連絡してください。
[詳細] をクリックすると、次のメッセージが表示されます。
MSACCESS のページ違反です。モジュール : VBE6.dll アドレス : 015f:6502c37d.

Excel にエクスポートすると、テキスト データが数値データに変換される

テキスト データを含むレポートを Microsoft Excel にエクスポートすると、テキスト データがテキストから数値に変換されます。この現象は、データがピリオドを 2 つ含む数字の場合に発生する可能性があります。たとえば、1.1.1 という文字列が 0.0423726851851852 に変換されます。

グラフにサンプル データが表示されることがある

Microsoft Access 2000 レポートのグラフの印刷または印刷プレビューを行うと、実際のデータではなくサンプル データが表示されることがあります。

Oracle への接続中、Access が応答を停止するか、ODBC の呼び出し失敗のエラー メッセージが表示される

Oracle データベースからテーブルやビューをインポートするか、リンクを作成する際、テーブルおよびビューの数が 64,000 を超えていると、テーブルまたはビューの名前を表示するときに Access が応答を停止するか、次のエラー メッセージが表示されます。
ODBC--呼び出しに失敗しました。

マウスの左ボタンを押したままにすると CPU 使用率が 100% になる

Microsoft Windows 2000 ベースのコンピュータでいずれかの Office プログラムを使用しているときに、マウスの左ボタンを数秒以上押し続けると、CPU 使用率が 100% に達することがあります。 この問題が Office 2000 のその他のアプリケーションに及ぼす影響の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
282893 [WD2000] マウス ボタンを押し続けると、CPU 使用率が 100% まで上昇する
324126 [XL2000] "Excel 2000 SR-1 アップデート : 2002 年 6 月 19 日" の概要

ユーザー プロファイルの Jet ODBC 設定が標準の Jet ODBC 設定で上書きされる

ユーザー プロファイルの Jet ODBC 設定と標準の Jet ODBC 設定に異なる値を設定すると、ユーザー プロファイルの設定より標準の設定が優先されます。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 326605 (最終更新日 2004-06-25) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 326605 - 最終更新日: 2004年10月1日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Access 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo KB326605
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com