重複する空き/予約済みフォルダーと、Exchange Server 5. 5 サイト上のオフライン アドレス帳フォルダーによって引き起こされる問題を解決します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 326637 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では重複する空き/予約済みフォルダーをオフライン アドレス帳フォルダーや失われた、Microsoft Exchange Server 5. 5 サイトでサイト フォルダーによって発生する問題を解決する方法について説明します。

概要

Microsoft Outlook クライアント Exchange Server 5. 5 サイトのフォルダーを使用して空き/予約済み情報をアクセスおよびオフライン アドレス帳をダウンロードします。 サイト フォルダーは [ システム フォルダー ツリーの [保存されているパブリック フォルダーです。 サイト フォルダーは Outlook 内のパブリック フォルダーの一覧に表示されません。 ここでは重複したサイトのフォルダーまたは不足しているサイト フォルダーの問題を解決する方法について説明します。

各サイトには、1 つだけの空き/予約済み情報フォルダーがあります。 Microsoft Exchange Server 管理プログラム、Schedule + 空き時間のパブリック フォルダー内にあるを使用して、すべての空き時間情報フォルダーをすべてのサイトを組織内で表示できます。 各フォルダーの表示名が EX としてフォーマットされている:/o = Organization Name/ou = Site Name

オフライン アドレス帳フォルダーが オフライン アドレス帳 のツリーの下に表示されます。 各サイトは、1 つのオフライン アドレス帳フォルダーを持ちには Exchange Server 5. 5 では、各サイト、OAB Version 2 フォルダーがあります。 古いクライアントは、の [Exchange 4. 0 や、Exchange 5. 0 のアドレス帳に最初のオフライン アドレス帳フォルダーが入っており OAB Version 2 フォルダーには、Exchange Server 5. 5 のアドレス帳が含まれています。

重複したサイトのフォルダーが別のサイト フォルダーを含むパブリック フォルダー ストアを復元する場合や、別に、Exchange Server サイトのサイト フォルダー グローバルに一意な識別子 (GUID) を変更する場合サイトに導入されます。 重複したサイト フォルダー以下の問題が生じる。
  • クライアントは空き/予約済み情報のアクセスまたは自分の空き/予約済み情報を公開できません。
  • 一部のクライアントが 1 つの空き/予約済みフォルダーに接続し、一部のクライアントが別の空き/予約済みフォルダーに接続するためクライアントで別の空き時間情報を表示することがあります。
  • クライアントが、オフライン アドレス帳をダウンロードできません。
  • 管理者が、オフライン アドレス帳を生成できません。
  • サイト フォルダーのプロパティへの管理アクセスが失われます。 通常、管理者のいずれかの次のエラー メッセージときが表示される、サイト フォルダー オブジェクトにアクセスします。
    ディレクトリ内に、オブジェクトは見つかりませんでした。 (c1010aae)

    インフォメーション ストア内のオブジェクトは見つかりませんでした。 (c1040af2)

詳細

Exchange サイトにインストールされている最初のサーバーは、既定サイト フォルダー サーバーになります。 Exchange サイトが作成される、サイト フォルダー GUID が生成されます。 GUID は 16 進数の文字の 16 バイト シーケンスです。 GUID は、他の Exchange サイトは、同じの GUID を持つことが非常に可能性は低いアルゴリズムによって生成されます。 サイト フォルダーの GUID の属性はインストール中に、インフォメーション ストア サイト設定オブジェクトにスタンプされますされ、この GUID は生成し、サイト フォルダーを管理するサイト フォルダー サーバーが使用されます。

raw モードで、Exchange 管理ツール プログラムを起動するときに、サイト フォルダー サーバーとサイト フォルダーの属性表示できます。 これを行うには、次の手順に従います。 警告 深刻な問題がありますが発生する生モードの Exchange Server 管理ツール ( 管理者/r ) を誤って使用する場合 Microsoft Windows NT Server、Microsoft Exchange Server、またはその両方を再インストールしなければならないことです。 Microsoft できません、誤って Raw モードを使用して起因する問題責任を負わないこととします。 ユーザー自身の責任において Raw モードを使用します。
  1. raw モードで Microsoft Exchange 管理ツールを起動します。 これを行うには、コマンド プロンプトで c:\exchsrvr\bin\admin/r を入力します。
  2. サイト コンテナーを展開しと展開、 構成 コンテナーします。
  3. インフォメーション ストア サイト設定 オブジェクトをクリックします。
  4. [ ファイル ] メニューの [] をクリック Raw プロパティ を表示、サイト フォルダー サーバーとサイト フォルダーの GUID 属性。
サイト フォルダー GUID とサイト フォルダー サーバーの両方を変更できます。 ただし、サイト フォルダー GUID を変更すると、すべての既存空き/予約済み情報およびサイト用のすべてのオフライン アドレス帳情報が破棄されます。 また、Exchange 組織内のすべてのサーバー上にあるこのサイトのサイト フォルダーのすべてのレプリカは破棄されます。 クライアントが再び正確な再、オフライン アドレス帳する必要がありますすべて生成される、クライアント情報をダウンロードできる前に前にすべての空き/予約済み情報をアップロードする必要があります。

サイト フォルダー サーバーを変更する場合、新しいサーバーが、サイト フォルダーのチェックを実行します。 サイト フォルダー サーバーは、時間と、Exchange Server インフォメーション ストア サービスを起動したときに 1 つのときにすべて 24 時間 1 サイト フォルダー確認します。

ベスト プラクティスとして、サイト フォルダー サーバー必要および空き/予約済みフォルダー、オフライン アドレス帳フォルダーのレプリカ。 サイト フォルダーのレプリカは、サイト フォルダー サーバーに存在、フォルダーのレプリカが一時的に利用できないため、サイト チェックが失敗する可能性は低いが。

サイト フォルダーのディレクトリの名前は、特定のアルゴリズムを使用して、サイト フォルダー GUID から生成されます。 したがって、サイト フォルダー サーバーできます GUID を使用して、サイトのフォルダーの読み取りし、するサイトのフォルダー名を計算します。 サイト フォルダー GUID と一致しないサイト フォルダーのレプリカを破壊しようと、サイト フォルダー サーバーします。 サイト フォルダー GUID を使用して、サイトのフォルダー一致しない場合、サイト フォルダー サーバーは新しいサイト フォルダーを作成します。

一部の システム フォルダー ] ツリー内のフォルダーはサイト フォルダーはできません。 空き/予約済みフォルダーのみと、オフライン アドレス帳フォルダーは、GUID を使用して、サイトのフォルダーの変更によって影響されます。 サイト フォルダー GUID を変更した場合、[組織フォーム] </a0> システム フォルダー、EventConfig_SERVERNAME フォルダーおよびその他のシステム フォルダーは影響されません。

重複したサイトのフォルダーを作成できる方法

重複したサイトのフォルダーが、次の方法のいずれかで作成されます。
  • GUID を使用して、サイトのフォルダーが変更されます。 GUID を使用して、サイトのフォルダーは、管理者が、異なる GUID を設定するときに意図的に変更できます。 サイト フォルダー GUID も意図しない変更できますが目的または「フォークリフト」の目的で回復用サーバーのインストール中にします。
  • 別のサイト フォルダーを含むパブリック フォルダー ストアがサイトに復元されます。
Exchange ディレクトリ内のそれぞれのオブジェクトの オブジェクト バージョン 属性をは。 オブジェクトが何らかの方法で変更されたとき (たとえば、追加する、電話番号エントリのメールボックスに)、 オブジェクトのバージョン 属性が 1 ずつインクリメントされます。 、時間の経過は、Exchange システム内のほとんどのオブジェクトが値が大きく 1 より大きい オブジェクトのバージョン 属性を持ちます。 一般に、新しい Exchange システムは下位の オブジェクト バージョン 属性値を持ちます。

オブジェクトへの変更をサーバーに複製が、変更、内の オブジェクト バージョン 属性が既にサーバー上にある オブジェクトのバージョン 属性に比較されます。 新しい オブジェクト-バージョン 属性が既にサーバー上にある値に以上でない場合は、変更は破棄されます。 オブジェクト バージョン 属性の値が等しいとき、は、タイムスタンプなどの他の属性をかどうか、変更は破棄されますを決定する使用します。

インフォメーション ストア サイト設定オブジェクトにアクティブ長時間されているサイトにも、低 オブジェクト バージョン 属性の値が頻繁。 いくつかの構成設定は、インフォメーション ストア サイト設定オブジェクトに頻繁に更新されます。 Exchange システムでの オブジェクト バージョン 属性値が低いがある他のオブジェクトには、一般的なプロパティがあります。 ただし、インフォメーション ストア サイト設定オブジェクトが作成されたとき、サイト フォルダーの GUID と、サイト フォルダー サーバーの属性カスタマイズが。

により、インフォメーション ストア サイト設定オブジェクトのサイト フォルダー GUID で、インフォメーション ストア サイト設定オブジェクトの オブジェクト バージョン 属性をインクリメントによって誤って上書きされることができません。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 次の情報 (Exchange Server computer は、Exchange Server コンピューターの名前、Exchange site name は、Exchange Server サイトの名前です) を含む Import.ini という名前のテキスト ファイルを作成:
    [Import]
    DirectoryService=<Exchange Server name>
    Basepoint=/o=ML/ou=<Exchange site name>
    Container=Configuration
    OverwriteProperties=Yes
    RawMode=Yes
    
  2. (Exchange site name は、Exchange Server サイトの名前です)、次の 3 つの行を含む Import.csv という名前のテキスト ファイルを作成:
    Obj-Class,Obj-Dist-Name,Directory Name,Admin Note
    Information-Store-Cfg,/o=ML/ou=<Exchange site name>/cn=Configuration/cn=Site-MDB-Config,Site-MDB-Config,an admin note
    Information-Store-Cfg,/o=ML/ou=<Exchange site name>/cn=Configuration/cn=Site-MDB-Config,Site-MDB-Config,~DEL
    
    メモ 繰り返し回数を繰り返す (いくつか 1, 000 単位の時間は十分な) がある場合だけ、Import.csv ファイルの最後の 2 つの行。 次の 2 行作成し、インフォメーション ストア サイト設定オブジェクトの属性 管理メモ を削除します。 これら 2 つの行を実行するたびに、 オブジェクトのバージョン の属性は 2 を増やします。
  3. Exchange 管理ツール プログラムには、Admin.exe ファイルと、Import.csv ファイルを各サイトにインポートします。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. コマンド プロンプトで次コマンドを Exchsrvr\Bin サブディレクトリから実行し、変更を保存し:
      ADMIN.EXE /I IMPORT.CSV
    2. コマンド プロンプトで次のコマンドを実行:
      ADMIN.EXE /O IMPORT.INI

破壊し、サイト フォルダーを再生成する方法

重要です 具体的には、既存のサイト フォルダーの内容を破棄する場合や、サイト フォルダーのレプリカのすべての回復方法を使い果たすがない限りサイト フォルダーを生成しない操作を行います。

Exchange サイトが作成される、サイト フォルダー GUID が生成されます。 名前をオフライン アドレス帳フォルダーおよび空き/予約済みフォルダーを識別する GUID を使用して、サイトのフォルダーを使用してます。 サイト フォルダーのチェックが実行されると、不適切なサイト フォルダーの GUID に基づくサイト フォルダーは破棄されます。

Exchange で OAB バージョン 2 という名前のオフライン アドレス帳フォルダーのサブフォルダーの存在 Server 5. 5、します。 このフォルダーには、オフライン アドレス帳の Exchange Server 5. 5 バージョンが含まれます。 元オフライン アドレス帳フォルダーは使用では、Exchange Server 5. 5 以前のバージョンの Exchange Server を実行しているサーバーとの互換性。 OAB Version 2 フォルダーの名前が、サイト フォルダー GUID に基づいていません。 サイト フォルダーのチェックには、重複しているフォルダーまたは有効でない OAB Version 2 フォルダーを削除できません。 ただし、OAB Version 2 フォルダーは、元のオフライン アドレス帳フォルダーの子ため、無効な OAB Version 2 フォルダーのコピー破棄できるサイト フォルダーは再生成するとき。

重複したサイト フォルダーに関する問題があり、サイト フォルダーのチェック、問題を解決することができなかった場合場合は、サイト フォルダーの GUID をリセットできます。 サイト フォルダー GUID をリセットする前に次の高速かつ信頼性の高いプロセスさせる手順に従うことができます。
  1. サイト フォルダー サーバーに、オフライン アドレス帳フォルダー、OAB バージョン 2] フォルダーで、および空き/予約済みのフォルダーをレプリケートします。
  2. これらのフォルダーのすべてのレプリカを組織内の他のサーバーから削除します。
] フォルダーのレプリカのプロパティにアクセスできない場合、インスタンス インターフェイスを各サーバーのパブリック インフォメーション ストア オブジェクト上で高速かつ信頼性の高いプロセスを使用します。

メモ サイト フォルダー サーバーにすべてのレプリカをだけを場合なりサイト フォルダーのチェックされる成功すると、GUID を使用して、サイトのフォルダーをリセットする必要はありません。

新しいサイト フォルダー GUID を生成するのに、Guidgen.exe ユーティリティを使用することができます。 重複したサイトのフォルダーがある場合、一部のサーバーからクライアントがパブリッシュ、空き時間情報、フォルダーのいずれかにされ、他のサーバーからクライアント可能性がありますがパブリッシュ各自の情報を別のフォルダーにします。 このような状況では、一部の空き/予約済みのデータの一時的に切断問題を解決しようとする場合に発生可能性があります。

警告 GUID を使用して、サイトのフォルダーを変更する場合、Exchange 組織内の任意のパブリック フォルダー ストアの以前のバックアップに復元することはありません必要があります。 これを行うと、次問題が生じる。
  • 重複したサイトのフォルダーを作成できます。
  • 既存のサイト フォルダーは破壊する可能性があります。
  • サイト フォルダー サーバーのパブリック データベースをレプリケートする完全に停止がします。
  • 一部またはすべてのサーバー上の他のパブリック ストアをサイト フォルダーのレプリカを受け付けることできません。
この問題を解決するには、を破壊し、Exchange 組織内の一部またはすべてのサーバーにパブリック フォルダー ストアを再構築してあります。 1 つだけのサイト フォルダーの GUID をリセットすることはできません。 GUID をリセットすると、すべてのオフライン アドレス帳と、サイトの空き/予約済みの情報が削除されます。

GUID を使用して、サイトのフォルダーをリセットしてすべてのオフライン アドレス帳と、サイト内の空き/予約済み情報を削除するには、次の手順を実行します。
  1. Guidgen.exe ユーティリティの入手します。

    メモ このユーティリティを入手できない場合は、Microsoft Product Support Services にお問い合わせください。 サイト フォルダー サーバー、または組織内で Exchange サーバーでは、Guidgen.exe ユーティリティを実行する必要はありません。 マルチパス リモート生成し、新しい GUID を送信できます。
  2. Guidgen.exe ユーティリティを起動し、 レジストリ形式
  3. 新しい GUID をクリックします。

    結果 ボックスに表示される新しい GUID 数字を書き留めます。
  4. raw モードで Microsoft Exchange 管理ツールを起動します。 これを行うには、コマンド プロンプトで c:\exchsrvr\bin\admin/r を入力します。
  5. サイト コンテナーを展開します。
  6. を再構築するサイトの 構成 コンテナーを展開し、 インフォメーション ストア サイト設定 オブジェクトを実行します。
  7. [ ファイル ] メニューの [ Raw プロパティ ] をクリックします。
  8. オブジェクトの属性] ウィンドウのスクロール、[ サイト-フォルダーの GUID ] をクリックし、[ 削除 ] をクリックします。
  9. 値の編集 ] ボックスで手順 3 で作成した GUID を持つ、既存の GUID を置き換えます。 値を変更すると、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
    クリップボード内の文字の一部はこのエントリに対して無効です。
    メモ このエラー メッセージが表示されたらが変更は、され、ダッシュと中かっこは、GUID から削除されます。 GUID を入力する場合、ダッシュや中かっこ入力しません。
  10. 設定 を、[クリックして確認 編集 値と 属性 の値が同じであります。
  11. [ 適用 ] をクリックし、 [OK] を実行します。
  12. 直ちにサイト フォルダーの再構築を強制的、停止して、サイト フォルダー サーバーでインフォメーション ストア サービスを開始します。 いない、即時の再構築を強制するは場合、は、フォルダーは次 24 時間に再構築します。 サイトに複数のサーバーがある場合、サイトですべてのサーバーでインフォメーション ストア サービスを再起動します。 サイト フォルダー Guidgen.exe ユーティリティを使用して正常に再生成されたがされて後、はサイト フォルダー サーバー上の唯一のサイト フォルダーのレプリカ。 パブリック フォルダーのレプリケーションが完了したら、組織内のすべてのレプリカは破棄されます。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
152960Exchange サイト内の最初のサーバーを削除したサイトの役割を割り当てる

プロパティ

文書番号: 326637 - 最終更新日: 2006年10月28日 - リビジョン: 2.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbmt KB326637 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:326637
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com