ライセンス認証

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 326851 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、ライセンス認証に関する基本的な情報や、ライセンス認証窓口についてご紹介します。

詳細

ライセンス認証は簡単で安全

ライセンス認証は、シンプルかつ直感的で、匿名の手続きです。ほとんどの場合、認証手続きで要求されるのは、ソフトウェアによって自動生成されるインストール ID だけです。個人を特定する情報は要求されません。
インターネット経由のライセンス認証では、手続き完了まで 1 分もかかりません。この方法で手続きが完了すれば、その製品が作業のほとんどを処理するようになり、ユーザーの関与を求めることはありません。
ライセンス認証は、マイクロソフトのライセンス認証窓口で、口頭で完了することもできます。電話によるライセンス認証では、ライセンス認証窓口が認証手続きを補助します。ライセンス認証の詳細手順については、以下の参考サポート技術情報を参照してください。

参考サポート技術情報
「Office 2010 のライセンス認証」
「このコンピューターの Windows をライセンス認証する」
「ライセンス認証を行うには - Windows Vista」
「ライセンス認証を行うには - Windows XP」
「ライセンス認証には時間がかかりますか?」
「Microsoft Office 2013 のライセンス認証」

ライセンス認証までの猶予期間

有効なプロダクト キーを入力していない状態でも、ソフトウェアは 一定の期間内であれば実行可能です。これが猶予期間です。

参考サポート技術情報
「ライセンス認証をしないと製品をインストールできませんか?」

マイクロソフト プロダクト アクティベーション (マイクロソフト ライセンス認証)

マイクロソフト プロダクト アクティベーション (MPA) は、製品が正規品であることを検証するために設計された偽造品対策テクノロジーです。MPA は、Microsoft Windows の Windows 製品のライセンス認証 (WPA) や Microsoft Office の Office ライセンス認証ウィザード (OAW) などのテクノロジーを表す包括的な用語です。
「プロダクト アクティベーション (ライセンス認証)」は、カジュアル コピーと呼ばれる違法コピーを防止するように設計されています。カジュアル コピーとは、製品の単一のライセンスをライセンスのない複数のインストール間で共有することです。たとえば、あるお客様が Windows を購入し、コンピューターにインストールしたとします。その後、このお客様はメディアを隣人に貸しました。この隣人は、これを別のコンピューターにインストールしました。2 回目のインストールは合法的なものではありません。MPA はこのような正規にライセンス供与されたものではない使用を防止するように設計されています。

参考サポート技術情報
「マイクロソフトのライセンス認証とは何ですか?」

「プロダクト アクティベーション (ライセンス認証)」はどのように機能するのでしょうか。

「プロダクト アクティベーション (ライセンス認証)」は簡単に実行でき、多くのユーザーの場合、製品ごとに一度実行するだけで十分です。コンピューターで非常に多くのコンポーネントをアップグレードした場合、ライセンスの再認証が必要になることがあります。ライセンスについては、使用許諾契約書を参照してください。
「プロダクト アクティベーション (ライセンス認証)」は、インターネットか電話で行うことができます。インターネットによるライセンス認証では、ユーザーとマイクロソフトの間でデジタル証明書が交換されます。電話によるライセンス認証では、ユーザーに確認 ID が提供されます。
交換されるライセンス認証データは、ライセンス認証の目的でのみ使用されます。ライセンス認証は匿名で行うことができ、エンド ユーザーの個人を特定できるような情報は必要ありません。

参考サポート技術情報
「ライセンス認証で個人情報が漏洩しませんか?」

「ユーザー登録 (製品登録)」と「ライセンス認証 (プロダクト アクティベーション)」の違いについて

「ユーザー登録 (製品登録)」は、Windows 製品や、Office 製品をお使いいただくうえで、任意で行っていただくものです。ユーザー登録をしていただいた場合、製品のアップデートやサービス リリース、ご優待販売などの情報をご案内しております。
「ライセンス認証 (プロダクト アクティベーション)」は、購入していただいた製品が、正規に入手されたものであることを確認する目的で設計された不正コピー防止技術です。製品を継続してお使いいただく場合、必ず「ライセンス認証 (プロダクト アクティベーション)」を行っていただく必要があり、ユーザー登録とは異なります。
したがって、ユーザー登録のみを行っていただいても、「ライセンス認証 (プロダクト アクティベーション)」を求める画面は引き続き表示されます。

ライセンス認証窓口の対応範囲について

マイクロソフト ライセンス認証窓口では以下の業務を行っています。
元に戻す画像を拡大する
2881202


ライセンス認証窓口

お問い合わせの内容により、各担当が対応いたしております。下記を参照のうえ、適切な番号をお選びください。
元に戻す画像を拡大する
マイクロソフト ライセンス認証窓口

元に戻す画像を拡大する
音声ガイダンスのご案内

通話音声の録音について

マイクロソフトでは、より良いサービスの提供を目指しております。お客様へのサービス品質向上のため、通話内容を録音させていただく場合がありますのであらかじめご了承ください。



Updated ID 296

プロパティ

文書番号: 326851 - 最終更新日: 2013年8月19日 - リビジョン: 16.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Customer Service and Support Information
キーワード:?
kmcustomerservice kbmsccsearch kbpubtypekc KB326851
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com