マイクロソフトのサポート ポリシーを Exchange の Outlook Web Access のカスタマイズ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 327178
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート (CSS) のポリシー、スクリプト、画像、およびその他のファイルで、次の製品のカスタマイズをします。
  • Microsoft Outlook Web App (OWA) の Microsoft Exchange Server 2010
  • Microsoft Exchange Server 2007年、Microsoft Exchange Server 2003年、Microsoft Exchange 2000 Server、および Microsoft Exchange Server 5.5 を Outlook Web Access (OWA)

詳細

まず、ここでは、OWA のカスタマイズの種類がサポートされていないについて説明します。次に、どのカスタマイズはサポートされてし、マニュアルは、これらのシナリオを見つけることができます情報を提供します。

サポートされていないカスタマイズ

OWA の機能やユーザー インターフェイスに、ニーズや組織に合わせて変更することができます。OWA の多くのソースファイルを編集または、サーバー上で変更できます。したがって、既定の OWA の機能を変更することが可能です。ただし、Microsoft CSS は、マイクロソフトの Exchange または OWA の一部として記載されている方法で OWA をカスタマイズ サポート マイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) または TechNet の web サイト上のドキュメント。その他のカスタマイズ サポートまたはマイクロソフトは推奨します。ない限り、ファイルをカスタマイズする方法について説明する Microsoft のドキュメント OWA のすべてのソース ファイルが正規のソース コード ファイルとして扱うがあります。

Microsoft CSS が文書化されていないカスタマイズをすることはできません。OWA をカスタマイズする場合は、次の制限事項および考慮事項が適用されます。
  • マイクロソフト CSS で OWA コンポーネントをカスタマイズするための支援を提供しません。
  • マイクロソフト CSS は、OWA サーバーの問題についての連絡は OWA をカスタマイズした場合はファイルの元のバージョンと、カスタマイズしたファイルを置き換えるし、ファイルの元のバージョンを使用して、問題が再現されることを確認する必要があります。ファイルのカスタマイズされたバージョンでのみ問題が発生して、ファイルの元のバージョンで、この問題を再現できない場合は、Microsoft CSS は、問題のトラブルシューティングすることはできません。
  • Exchange の service pack、プログラムのロールアップ、または OWA のファイルを更新する修正プログラムをインストールすると、カスタマイズしたファイルを上書き可能性があります。作成したカスタマイズを失いたくない場合は、カスタマイズされたファイルのバックアップを作成し、service pack、プログラムのロールアップ、または修正プログラムをインストールした後、ファイルを復元します。サービス パック、修正プログラム、およびカスタマイズを上書きするを処理する方法の詳細についてを検索するには、修正プログラム ロールアップをインストールする前に、Exchange のリリース ノートを参照してください。

次の OWA の機能領域のカスタマイズの一般的な要求がマイクロソフト CSS ではサポートされていません。
  • カスタムのユーザー認証ロジックと既定のユーザー インターフェイス。
  • ユーザー設定します。
  • ユーザー インターフェイスでは、ログオン ページ以外の任意のページを変更します。
  • OWA を変更するのには、ISAPI フィルターを使用します。OWA を監視するのにには、ISAPI フィルターを使用できます。
  • 完全な OWA ユーザー インターフェイスでカスタム iFrame HTML タグを使用します。代わりに、iFrame タグでは、OWA の web パーツを使用して、必要に応じてことがあるかどうかを考えることができます。詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
Exchange 2010: Outlook Web App Web パーツを使用してください。

Exchange 2007: Outlook Web Access の Web パーツを使用する方法


ピア ツー ピアのアシスタンス

パブリック フォーラムの Microsoft Exchange の開発者コミュニティのピア ツー ピア サポートを提供します。Exchange 開発フォーラムを表示するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

Exchange 開発フォーラム

サポート済みのカスタマイズ

OWA をカスタマイズするためのサポートは、使用する Microsoft Exchange のバージョンによって異なります。ただし、OWA のバージョンをすべてカスタム アイテムの種類のカスタム web フォームを作成できます。Web フォームは、カスタム メッセージ クラスに登録してください。組み込みの項目の種類のカスタマイズはサポートされていません。

OWA のカスタマイズを文書化されサポートされている機能の概要を次に示します。
2010 Exchange Server します。
Exchange Server 2010年を使用すると、OWA の次の側面をカスタマイズできます。
  • カスタム フォームを追加します。
  • ナビゲーション ウィンドウのリンクを他のアプリケーションを統合します。
  • 新規のドロップダウン ・ メニューに項目を追加します。
  • 右クリック (コンテキスト) メニューに項目を追加します。
  • その他のインスタント メッセージング サーバー製品との統合します。
OWA をカスタマイズする方法についてのドキュメントを表示するには Exchange 2010 では、アクセス、次のマイクロソフト TechNet web サイト。

TechNet: Outlook Web App のカスタマイズの概要MSDN: Exchange Server 2010 SP1 Outlook Web App カスタマイズ SDK


2007 Exchange Server します。
Exchange 2007 の OWA ユーザー設定フォームを作成し、ユーザー インターフェイスの一部の要素をカスタマイズすることができます。OWA をカスタマイズする方法についてのドキュメントを表示するには Exchange 2007 では、アクセス、次のマイクロソフト TechNet web サイト。

TechNet: Outlook Web Access の外観をカスタマイズします。

MSDN: Outlook Web Access への参照

2003年および Exchange 2000 Server Exchange Server します。
Exchange 2000 Server と Exchange Server 2003年バージョンの OWA の 2 つの主要コンポーネントで構成されています。 テンプレートとコントロール。テンプレートは、Exchange ストアと通信するバイナリのインターネット サーバー API (ISAPI) 拡張機能から提供されます。コントロールは、テンプレートで参照されているし、プログラムの Files\Exchsrvr\Exchweb フォルダーにあります。コントロールは、スクリプトまたは HTML カスケードのスタイル シート ファイル (.css) ファイル、JScript ファイル (.js)、HTML コンポーネント ファイル (.htc) など、XSL 変換ファイル (.xsl)、およびグラフィック ファイル構成されます。

OWA 2003 に web フォームを作成する方法についてのドキュメントを参照するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

TechNet: を作成して、Outlook Web Access のテーマの展開

TechNet: Outlook Web Access のログオン ページをカスタマイズします。

MSDN: Exchange Web フォーム

Exchange 2000 Server SDK OWA 2000 で web フォームを作成する方法について説明します。この SDK をダウンロードするには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

Exchange 2000 Server SDK のドキュメントおよびサンプル 2007 年 3 月

Exchange 2000 の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
321832 Outlook Web Access のログオン ページを変更する方法

プロパティ

文書番号: 327178 - 最終更新日: 2012年4月9日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB327178 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:327178
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com