Microsoft Exchange System Attendant サービスを開始できない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 327844 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Exchange System Attendant サービスを手動で開始できない場合があります。また、次のいずれかまたは複数のエラー メッセージがアプリケーション イベント ログに出力される場合があります。
種類 : エラー
ソース : MSExchangeDSAccess
イベント ID : 2102
説明 : プロセス MAD.EXE (PID=1088)。以下に示す使用中のドメイン コントローラ サーバーのすべてから応答がありません。List of domain controllers

または

種類 : エラー
ソース : MSExchangeSA
分類 : General
イベント ID : 9004
説明 : メタベース更新サービスを開始できませんでした。エラーは '80040a01' です。

または

種類 : エラー
ソース : MSExchangeMU
分類 : General
イベント ID : 1002
説明 : メタベース更新エージェントを開始できませんでした。エラー コードは 80040a01 です。

または

種類 : エラー
ソース : MSExchangeSA
分類 : General
イベント ID : 1005
説明 : 予期しないエラー 不明なエラーが発生しました。ID 番号: 80040a01 Microsoft Exchange System Attendant が発生しました。

原因

この問題は、以下のいずれかまたは複数の状況に該当する場合に発生することがあります。
  • Exchange サーバーが Exchange Domain Servers グループのメンバに含まれていない。
  • Exchange サーバー上のいずれかのネットワーク アダプタに、手動で構成された DNS サフィックスがある。

    : ネットワーク アダプタは、ネットワーク インターフェイス カード (NIC) とも言います。

解決方法

この問題を解決するには、Exchange サーバーを Exchange Domain Servers グループに追加します。これを行うには、次の手順を実行します。

Exchange サーバーを Exchange Domain Servers グループに追加する

: 次の手順は、ドメイン コントローラ上で実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[管理ツール] を順にポイントし、[Active Directory ユーザーとコンピュータ] をクリックします。
  2. 左側のウィンドウで、[Users] をダブルクリックします。
  3. 右側のウィンドウで、[Exchange Domain Servers] グループをダブルクリックします。
  4. [Exchange Domain Servers のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[メンバ] タブをクリックして、[追加] をクリックします。
  5. ユーザー、連絡先、コンピュータの一覧で、該当する Exchange サーバーをクリックし、[追加] をクリックして、[OK] をクリックします。
  6. [メンバ] をクリックします。
  7. [Exchange Enterprise Servers] が一覧にない場合は、[追加] をクリックし、[Exchange Enterprise Servers] をクリックして、[追加] をクリックします。
  8. [OK] を 2 回クリックします。
  9. [Active Directory ユーザーとコンピュータ] ウィンドウを閉じます。
  10. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに cmd と入力し、Enter キーを押します。
  11. 次のように入力します。
    Secedit /Refreshpolicy Machine_Policy /Enforce
  12. Microsoft Exchange System Attendant サービスを手動で開始します。

ネットワーク アダプタの DNS サフィックスを消去する

  1. Exchange サーバーで、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、ncpa.cpl と入力します。
  2. ネットワーク アダプタのネットワーク接続を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [インターネット プロトコル (TCP/IP)] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [詳細設定] をクリックし、[DNS] タブをクリックします。
  5. [プライマリ DNS サフィックスの親サフィックスを追加する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。
  6. [この接続の DNS サフィックス] ボックスのテキストを削除して、このボックスを空白にします。
  7. [OK] を 2 回クリックし、[閉じる] を 1 回クリックします。
  8. [ネットワーク接続] ウィンドウに表示されているその他のネットワーク アダプタに関しても手順 1. 〜 7. を繰り返します。
  9. コンピュータを再起動します。

プロパティ

文書番号: 327844 - 最終更新日: 2007年11月26日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition
キーワード:?
kberrmsg kbprb KB327844
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com