Exchange 2000 メールボックスへのアクセスを使用しているクライアントにサーバー側で制限を設定する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 328240 - 対象製品
重要です この資料では、レジストリの変更についてをについて説明します。 万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。 バックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 1 (SP1) 以降では、Exchange メールボックスのアクセスに使用クライアント上で、サーバー側の制限を今すぐ配置できます。 この制限が、古い MAPI クライアントを制限またはを 任意 の MAPI クライアントを使用して、サーバーにログオンするユーザーを制限する場合に役立ちます。

サーバー側の制限をクライアントに

、のアクセスを制限するには、Exchange 2000 Server を実行しているサーバー上、次のレジストリ文字列値を作成します。

警告 レジストリ エディターを誤って使用する深刻な問題が生じるとして、オペレーティング システムの再インストールする必要があります。 マイクロソフトではあることができます解決を保証レジストリ エディターを誤って使用起因する問題。 レジストリ エディターは、自己の責任においてご使用してください。レジストリの復元については、Regedt32.exe のヘルプ トピック「レジストリ キーを復元する"または Regedit.exe で「レジストリを復元する」ヘルプ トピックを参照して。
  • 場所: HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\ MSExchangeIS\ParametersSystem
  • 名: MAPI クライアントを無効にします。
  • 種類: REG_SZ
  • たとえば、MAPI クライアントのバージョン--のコンマまたはセミコロンで区切られた一覧 </a0> 値: 入力してください。
    9.0.0-9.9.9; 12.0.0-12.1.5 1.1.1-2.2.2
MAPI クライアントのバージョン、レジストリの文字列値を記述する 4 つの可能な範囲は
  • 6.0.0-7.0.0 : ために 6.0.0 〜 7.0.0 のバージョンができません。
  • 6.0.0-: ために 6.0.0 のバージョンが以降のバージョン
  • -9.0.0 : 9.0.0 をすべてのバージョンの防止
  • 10.0.0 : このバージョンのみを防止します。
重要です レジストリの文字列値を追加した後停止し、新しい値を有効にするには、情報ストア サービスを再起動してください。

クライアントのエラー メッセージ

制限されているクライアントがログオンを試みると Exchange 2000 Server で、ユーザーを実行しているサーバーが、次のエラー メッセージを受信します。
Microsoft Outlook を起動できません。 Microsoft Exchange Server コンピューターへのログオン失敗しました。

クライアント バージョン文字列

クライアント自体はクライアントのバージョン文字列を規定します。 この文字列はクライアントの [ バージョン情報 ] ダイアログ ボックスで報告されるバージョン番号に似ています。 ただし、依存しないでこのバージョン番号。 代わりに Exchange システム マネージャーを使用して、メールボックス ストアのログオン ページで [ クライアント バージョン プロパティを表示をします。

重要です 文字列報告では、Exchange システム マネージャーが、付加価値-- W.X.Y.Z たとえば。 サーバー側のレジストリ文字列値を構成する場合は、 W Y 、および Z の位置にある値に基づく文字列を使用します。 X 方向の位置にある値を含めません。 たとえば、システム マネージャーが 10.0.0.1234 表示では、Exchange のバージョンを具体的には、これらのユーザーを停止する場合は 10.0.1234、データ値を持つレジストリ文字列値を実装します。

バージョン文字列の規則

MAPI クライアントを含む Microsoft Outlook 2000、バージョン文字列、次の規則を使用します。
Major build numberBuild numberDot release
Microsoft Outlook 2002 のバージョン文字列は、次の規則を使用します。
Major build numberMinor build Number: Build number
修正プログラムおよびサービスのリリースに影響する、クライアントのバージョン文字列可能性があります。 慎重クライアントへのアクセスを制限する場合がありますサーバー側の Exchange コンポーネントも MAPI を使用してログオンします。 一部のコンポーネントは、そのクライアントのバージョン 6.0.4712.0 など、Exchange のビルド番号を報告する他のユーザーが、SMTP や OLEDB など、コンポーネント名として報告します。 このため、バージョン番号が 6 で始まるしているクライアントの制限を回避します。 x.x

たとえばを防ぐために MAPI アクセスを完全に、次の制限の指定ではなく
0.0.0-65535.65535.65535
サーバー コンポーネントできるようにログオンできるように、2 つのセル範囲を指定します。
0.0.0-5.9.9、7.0.0-65535.65535.65535

関連情報

MAPI クライアントを無効にする方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
288894Exchange Server を実行しているコンピューターへの MAPI クライアントのアクセスを無効にする方法

プロパティ

文書番号: 328240 - 最終更新日: 2007年10月25日 - リビジョン: 3.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
キーワード:?
kberrmsg kbhowtomaster kbmt KB328240 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:328240
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com