[INF] SQL Server クライアントでの接続試行時、プロトコルの変更が可能

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 328383 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP328383
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Data Access Components (MDAC) 2.6 以降がインストールされたクライアント コンピュータでは、複数のプロトコルまたはプロセス間通信 (IPC) を使用して、SQL Server への接続を試行することができます。

詳細

MDAC 2.6 以降では、クライアント側ネットワーク ライブラリ Dbnetlib.dll の機能が強化されています。MDAC 2.6 以降を使用すると、複数のプロトコルが利用可能な場合、クライアント アプリケーションは最初のプロトコルでの接続試行が失敗すると、すぐに他のプロトコルを使用して接続を試行します。

デフォルトでは、クライアントの利用できるプロトコルは、TCP と名前付きパイプです。SQL Server クライアント ユーティリティを使用して、プロトコルの順序を操作することができます。クライアント アプリケーションでは、クライアント コンピュータで指定された順序でプロトコルが使用されます。プロトコルの順序は、次のレジストリ キーの値 ProtocolOrder に格納されています。
HKLM\Software\Microsoft\MSSQLServer\Client\SuperSocketNetLib
たとえば、クライアント コンピュータで TCP と名前付きパイプの両方が利用でき、その順序が次のようになっているとします。
  • TCP

    次に

  • 名前付きパイプ
このとき、クライアント コンピュータからサーバーに対して TCP 接続が試みられ、その接続試行の結果、ゼロ (0) 以外のコードの戻り値が返されると、クライアントでは自動的にリストの次のプロトコルを使用して接続が試行されます。ここでは、名前付きパイプが使用されます。この場合、クライアントでは TCP での接続は行われませんが、名前付きパイプでの接続は正常に行われます。

: クライアントには、最初のプロトコルで接続が失敗したことを示すエラーは返されません。

クライアント アプリケーションで 2 番目のプロトコルが使用され、エラーが返された場合は、クライアントにエラーが返されます。

以下のいずれかの方法で別名を作成している場合、

  • SQL Server クライアント ネットワーク ユーティリティを使用して別名を作成

    または

  • ODBC DSN (データ ソース名) を作成するときに別名を作成

クライアント アプリケーションではサーバーとの接続の確立に別名の情報が使用され、他のプロトコルは使用されません。

クライアント アプリケーションでのすべての接続試行に使用されるプロトコルを制御し、複数のプロトコルを使用して接続を試行することを許可しない場合は、以下のいずれかの方法を実行します。

  • SQL クライアント ネットワーク ユーティリティを使用して、使用するプロトコルを指定して別名を作成します。

    または

  • 接続文字列でプロトコルを指定します。たとえば、以下のように指定します。
    "DSN=DSNName;SERVER=servername;DATABASE=YourDataBaseName;Network=DBMSSOCN;Address=IP_Address,1433;UID=YourUID;PWD=YourPassword;"
    
    この例では、ネットワーク プロトコルに "DBMSSOCN" を指定しています。これは、TCP/IP プロトコルを使用することを意味しています。接続文字列内でプロトコルを指定すると、Dbnetlib は指定されたプロトコルだけを使用し、他のプロトコルでの接続は試行しません。同様に、名前付きパイプ プロトコルだけを有効にする場合は、次のような接続文字列を使用します。
    "DSN=DSNName;SERVER=servername;DATABASE=YourDataBaseName;Network=DBNMPNTW;Address=\\.\pipe\sql\query;UID=YourUID;PWD=YourPassword;"
    
    または

  • クライアント ネットワーク ユーティリティを使用して、他のプロトコルを削除します。

関連情報

SQL Server Books Online のトピック 「クライアント ネットワーク ユーティリティ」

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 328383 (最終更新日 2002-09-04) をもとに作成したものです。


プロパティ

文書番号: 328383 - 最終更新日: 2004年5月17日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft Data Access Components 2.6
  • Microsoft Data Access Components 2.7
キーワード:?
kbinfo KB328383
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com