Novell GroupWise である、[Exchange Server 2003 または Exchange 2000 Server の移行サーバーを設定する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 328737 - 対象製品
この資料は、以前利用可能な次の資料を統合: 326299、273963、328214、324233、328743、および 329041
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

移行中、Exchange 移行ウィザードを実行している Microsoft Windows Server 2003 ベースまたは Windows 2000 Server ベース コンピューターを移行サーバーと呼びます。 移行ウィザードは、Novell GroupWise であるから、メール データを抽出し、Exchange サーバーに転送します。 このプロセスを実行するには、移行サーバー両方のメッセージング システムと通信できる必要があります。

この資料には次のトピックが含まれています: メモ 移行サーバーとして平均ワークステーションを使用できます。 強力なハードウェアは、移行サーバーの必要ありません。

詳細

顧客の移行中をお勧めスケール アウト移行サーバー (つまり、移行のサーバー数を増やす) スケール アップするよりも (つまり使用のコンピューター数を減らしてより強力なハードウェアに)。

たとえば、1 人の顧客サイトに 30 〜 40 のユーザーが各夜が移行されます。 顧客移行の 4 つのサーバーを使用して各移行サーバー 8 に 13 のユーザーを処理するように夜間負荷を分散. 管理とトラブルシューティングの目的では、このシナリオは 30 〜 40 のすべてのユーザーのメール データを処理する 1 つの強力なサーバーよりです。

Programs to install on a migration server to let it communicate with both messaging systems, and how to work with the Migration Wizard most efficiently

クライアントとサーバーのソフトウェア バージョン

最適し、移行ウィザードで使用されるときに、最小限のエラーを生成するツールの次組み合わせ。
  • GroupWise 5.2.5 は、優先する GroupWise クライアント移行サーバーにインストールします。 この推奨事項、移行サーバーに対してのみは。 最新 GroupWise クライアントを使用して groupWise できます。
  • Novell NetWare 4. 8 は、移行サーバーにインストールする、優先する Novell ディレクトリ サービス (NDS) クライアントです。 この推奨事項、移行サーバーに対してのみは。 ユーザーは、最新の NDS クライアントを使用できます。

サーバー プログラムの移行

移行サーバー上で、次のプログラムをインストールすることをお勧めします。
  • Windows 2000 Server、Windows 2000 高度サーバー、Windows 2000 Professional、Standard Edition の Windows Server 2003 または Windows Server 2003 Enterprise Edition

    メモ 移行ウィザードが速くより信頼性の高い Windows Server 2003 の Standard Edition ベースのコンピューター、Windows Server 2003 Enterprise Edition ベースのコンピューター、Windows 2000 Server ベースのコンピューターおよび Windows 2000 Advanced Server ベースのコンピューターに実行されます。
  • Windows 2000 Service Pack 4 (SP4)
  • Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1)
  • groupWise 5.2.5
  • Novell NetWare 4. 8
  • Exchange システム マネージャー
移行のサーバーに Exchange システム マネージャーをインストールするには、Exchange CD を挿入します。 セットアップを実行し、[コンポーネントの選択] 画面で、[ 操作 ] ユーザー設定 (表示されている最初のコンポーネント)。 インストール ] をクリックし、[セットアップを完了します。

移行サーバーがない場合、Active Directory ディレクトリ サービス ドメインの一部は Exchange システム マネージャー移行サーバー上でインストールできません。 また、移行ウィザードを使用して GroupWise またはロータス ノーツからユーザーを移行する場合、次のイベントがアプリケーション イベント ログに記録されます。

イベント: 12010
ソース : MSExchangeMig
種類: エラー
説明: ノーツの移行セッションを初期化できませんでした。 'ntsmig.dll' が 'exchsrvr\bin' ディレクトリにあるかどうかを確認してください。

How Novell GroupWise mailbox folders map to Microsoft Exchange 2000 Server folders during migration

元に戻す全体を表示する
groupWise フォルダー Exchange 2000 サーバーのフォルダー
受信トレイ 受信トレイ
受信トレイ/< ユーザー名 > 受信トレイ
受信トレイ/< ユーザー名 >/サブフォルダー 受信トレイ/サブフォルダー
送信トレイ 送信済みアイテム
送信トレイ/< ユーザー名 >送信済みアイテム
送信トレイ/< ユーザー名 >/サブフォルダー送信済みアイテム/サブフォルダ
個人用フォルダー個人用フォルダー
個人用フォルダ/サブフォルダ個人用フォルダ/サブフォルダ
週ビューOutlook の予定表

How to migrate local archives from Novell GroupWise

データの量に応じて組織が、移行するマイクロソフト コンサルティング サービス可能性があります注意ローカル アーカイブの移行に対して複数のユーザー、ローカルのアーカイブの標準メールをデータに変換するときに生成はデータ量、本当のため。 たとえば、マイクロソフト コンサルティング サービスは電子メールの過去 30 日間の移行に対して cautions します。 場合によっては、マイクロソフト コンサルティング サービス組織により経営幹部だけを選択の従業員、ローカルのアーカイブの移行を示します。

次一覧は、ローカルのアーカイブの移行プロセスの概要です。
  1. ユーザーは、ローカルのアーカイブを移行することを要求します。
  2. 各要求が承認または経営陣によってまたは別の承認の本文を拒否します。
  3. 移行処理中に、要求が承認される場合、ユーザーのローカル GroupWise アーカイブの標準メールをデータ形式に戻すと、ユーザーの GroupWise に以前アーカイブ データを転送し、移行チーム変換メール サーバーにします。
  4. 移行チームは、GroupWise メール データ Exchange サーバーに移行します。
  5. Microsoft Outlook でユーザーがローカル.pst ファイルを作成します。
  6. ユーザーによって、GroupWise に既に格納されていたデータをコピー、Exchange 2000 Server.pst ファイルを実行しているサーバーからローカルのアーカイブ。
  7. ローカルまたはファイル サーバーに格納されているユーザーのコンピューター ローカル アーカイブは、この順序で、次に移行します。
    1. グループ Wise メールボックス サーバー
    2. 移行サーバー
    3. Exchange 2000 Server サーバー
    4. 移行後に、ユーザー コンピューター

Some best practices for migrating from GroupWise to Exchange Server

GroupWise 移行アカウント

場所、場所を指定するし、Novell GroupWise であるドメインから移行して、移行ウィザードのセキュリティを指定すると、GroupWise ドメインのパスの求め、GroupWise ドメイン ページで、ユーザー アカウント名とパスワード。 パスワードは、GroupWise のパスワード、Novell ディレクトリ サービス (NDS) パスワードではありません。

移行を使用する移行プロセスの早い段階で、GroupWise のアカウントを作成することをマイクロソフト コンサルティング サービスお勧めします。 この GroupWise アカウントの名前は、アカウント名 GroupWise ドメインの] ページで入力します。 移行アカウントには、次条件を満たす必要があります。
  • GroupWise ドメインの] ページで入力したアカウント名完全なアクセス必要があります、GroupWise ドメインをポスト オフィスを移行するユーザーを含むドメインで。 さらに、GroupWise 移行アカウントも読み取りし、すべてのファイル、ポスト オフィスのプロキシ内への書き込みのアクセス権限、ポスト オフィス内のすべてのメールボックスに移行複雑さ大幅に削減は。
  • GroupWise 移行アカウントを移行するユーザーと同じ、ポスト オフィスでなければなりません。
GroupWise ほとんどの組織ではすべてポスト オフィスが、両方の抽出条件を満たすアカウントを含むことをあまりありません。 この手順を簡略化、作成移行アカウントを指定します。

GroupWise 移行アカウントは、移行するポストオフィスのローカルある必要があります。

「GroupWise 移行アカウントに」セクションや、GroupWise 移行アカウント ドメイン GroupWise] ページで、入力したすべてのアカウント内の前述したようで、アカウントを移行すると、同じ GroupWise ポスト オフィスがあります。 ただし、同じ GroupWise ドメインはありません十分です。 したがって、ある GroupWise ドメインの数にかかわらず、組織内、複数のポスト オフィスがある場合をする必要があります作成すべてポストオフィスに対して、移行アカウント。

プライマリ GroupWise ドメインの移行ウィザードを指すは不足している可能性があります。

GroupWise ドメイン ページもに移行するユーザーを含む GroupWise ドメインのパスを入力します。 移行が成功したことを確認するには、移行ウィザードが移行するユーザーを含むポスト オフィスがある GroupWise ドメインを指すがあります。 でも、移行ウィザード設定プライマリ GroupWise ドメインを指す、移行ウィザードにできません表示セカンダリ GroupWise ドメイン内のポスト オフィス。 したがって、GroupWise 複数ドメイン環境で、ドメイン名を移行するユーザーを含むポスト オフィスを含む入力します。 親ドメイン名を入力しません。

関連情報

についてには、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックしてします。
326299ホワイト ペーパーの概要: 共存と移行が Novell GroupWise である </a0>] の Microsoft Exchange のコネクタを使用して
262201移行ウィザードのセットアップ方法
329041Novell GroupWise である 6 Exchange サポート
316886Exchange Server 5. 5 から Exchange 2000 Server に移行する方法
327861Exchange 2000 に移行中に共存に対するから管理する方法
281584Exchange ツールの移行

プロパティ

文書番号: 328737 - 最終更新日: 2007年10月25日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
キーワード:?
kbmt KB328737 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:328737
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com