Windows XP のサービス パック 1 およびそれ以降のバージョンの Windows XP を実行しているコンピューターでボリューム ライセンス プロダクト キーを変更する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 328874 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

警告この資料の手順では、ボリューム ライセンス メディアに対してのみ有効です。OEM メディアまたは製品版メディアに対してこれらの手順をしようとする場合に、プロダクト キーは変更されません。Windows XP または Windows Server 2003 をインストールすると、メディア、プロダクト キーが一致しなければなりません。つまり、(MSDN、小売り、OEM、ボリューム ライセンスなど)、チャネル、SKU (Windows XP Professional、Windows XP Home Edition など)、および言語 (英語やフランス語で)、プロダクト キーとメディアの間で一致しなければなりません。これは、プロダクト キーを正しく入力できるように必要です。インストール メディアが、プロダクト キーが一致しない場合は、次のエラー メッセージが表示されます。
プロダクト キーが正しくありません。
(プロダクト キーが、公開する知っている)「リーク」のプロダクト キーを使用する場合 (ボリューム ライセンス インストール) 複数コンピューターに Windows XP を展開、Windows XP Service Pack 1 (SP1) およびそれ以降のバージョンの Windows XP のインストールまたは Windows Update の Web サイトから更新プログラムを自動的に取得できない可能性があります。たとえば、Windows XP SP1 および Windows xp 以降のバージョンをインストールするときに、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
Windows のインストールに使用したプロダクト キーが正しくありません。システム管理者または小売業者すぐに有効なプロダクト キーを入手するに問い合わせてください。マイクロソフト社の不正コピー対策チームを海賊版マイクロソフトのソフトウェアを購入したと思われる場合に piracy@microsoft.com 宛てで電子メールで連絡することも可能性があります。ください保証、Microsoft 著作権侵害対策チームに送信する個人情報は厳重に守秘おきます。
この資料は、上級レベルのコンピューター ユーザーに適しています。この資料を最初に印刷する場合は、次の操作を簡単に見つける可能性があります。

詳細

前提条件

この資料の情報を使用することができます前に有効なプロダクト キーが必要です。有効なプロダクト キーを入手するには、マイクロソフト ボリューム ライセンス サービス センターに連絡するには、次のリンクをクリックします。
https://www.microsoft.com/licensing/servicecenter/home.aspx

ボリューム ライセンス プロダクト キーを変更する手順

この資料は、この問題を解決するのには、ボリューム ライセンスのインストール後、Windows XP のプロダクト キーを変更する方法の 2 つの方法について説明します。1 つの方法は、Windows のライセンス認証ウィザードのグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) を使用して、その他のメソッドは、Windows 管理インストルメンテーション (WMI) スクリプトを使用します。ライセンス認証ウィザード メソッドは簡単です。ただし、複数のコンピューターのプロダクト キーを変更する必要があります、スクリプト メソッドが適します。

方法 1: ライセンス認証ウィザードを使用します。

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
だけ、いくつかのボリューム ライセンス プロダクト キーを変更する場合は、ライセンス認証ウィザードを使用できます。

メモ これらの手順を実行する前に、新しい復元ポイントを作成するにはシステムの復元を実行することをお勧めします。
ウィンドウを非アクティブ化します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに次のように入力します。 regedit、し [ OK] をクリックします。
  3. ナビゲーション ウィンドウで、見つけてし、次のレジストリ キーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\WindowsNT\Current Version\WPAEvents
  4. トピック ウィンドウの [ OOBETimerを右クリックし、[変更] をクリックします。
  5. ウィンドウを非アクティブ化するには、この値の少なくとも 1 桁を変更します。
Windows を再アクティブ化して、新しいプロダクト キーを追加します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに、次のコマンドを入力]をクリックします。
    %systemroot%\system32\oobe\msoobe.exe/a
  3. をクリックしますを電話する窓口手続きに、[次へ] をクリックして。
  4. [プロダクト キーの変更] をクリックします。
  5. 新しいキー ] ボックスに新しいプロダクト キーを入力し、[更新] をクリックします。

    前のウィンドウに戻ったらと後で通知] をクリックし、コンピューターを再起動します。
  6. 手順 1 と 2 を Windows がアクティブになっていることを確認するには.次のメッセージが表示されます。
    Windows が既にアクティブ化します。終了するには、[ok] をクリックします。
  7. [Ok]をクリックします。
  8. Windows XP Service Pack 1a または、それ以降のバージョンの Windows XP をインストールします。
Windows XP SP1 または Windows XP の新しいバージョンをインストールした後、Windows を再起動することはできません、する場合は、次の手順を行います。
  1. コンピューターを再起動し、Windows 拡張オプション メニューが表示されるまで、F8 キーを押して開始します。
  2. メニューから前回正常起動時の構成を選択し、ENTER キーを押します。このオプションは、以前の良好な構成を使用して Windows を起動します。
  3. 「手続きと新しいプロダクト キーを追加する」の下で、手順 1 〜 8 を繰り返します。
SP1 をインストールすることができます Windows XP のバージョンの Windows を再起動が、問題は解決されています。場合は、問題は解決されていません、実行方法 2 または複数の次の手順」セクションを参照してくださいトラブルシューティング リソースです。

方法 2: スクリプトを使用してください。

複数のコンピューターのプロダクト キーを変更する必要がある場合は、このメソッドお勧めします。ボリューム ライセンス プロダクト キーを変更する WMI スクリプトを作成し、このスクリプトをスタートアップ スクリプトに配置できます。

ChangeVLKey2600.vbs のサンプル スクリプトとサンプル ChangeVLKeySP1 スクリプトは、このセクションに記載されている 1 つの引数として入力する新しいボリューム ライセンス キーを使用します。5 つの部分から成る英数字の形になります。

Windows XP SP1 および Windows xp 以降のバージョンを実行していない Windows XP ベースのコンピューターでは、ChangeVLKey2600.vbs スクリプトを使用すること、および Windows XP SP1 および Windows xp 以降のバージョンを実行している Windows XP ベースのコンピューターでは、スクリプトにより次を使用することをお勧めします。これらのスクリプトは、次の関数を実行します。
  • これらの 5 つの部分で構成される英数字のプロダクト キーからハイフン文字 (-) を削除します。
  • Win32_WindowsProductActivationクラスのインスタンスを作成します。
  • SetProductKeyメソッドの呼び出し、新しいボリューム ライセンス プロダクト キーを使用します。
バッチ ファイルまたは cmd ファイルを使用する新しいプロダクト キーを引数として、以下のサンプル スクリプトのいずれかを作成できます。スクリプトをスタートアップ スクリプトの一部として展開したり、1 台のコンピューターでプロダクト キーを変更するには、コマンド ・ ラインから実行できます。
プロダクト キーのスクリプトを作成する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb457096.aspx
により次
' 
' WMI Script - ChangeVLKey.vbs
'
' This script changes the product key on the computer
'
'***************************************************************************

ON ERROR RESUME NEXT


if Wscript.arguments.count<1 then
   Wscript.echo "Script can't run without VolumeProductKey argument"
   Wscript.echo "Correct usage: Cscript ChangeVLKey.vbs ABCDE-FGHIJ-KLMNO-PRSTU-WYQZX"
   Wscript.quit
end if

Dim VOL_PROD_KEY
VOL_PROD_KEY = Wscript.arguments.Item(0)
VOL_PROD_KEY = Replace(VOL_PROD_KEY,"-","") 'remove hyphens if any

for each Obj in GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}").InstancesOf ("win32_WindowsProductActivation")

   result = Obj.SetProductKey (VOL_PROD_KEY)

   if err <> 0 then
      WScript.Echo Err.Description, "0x" & Hex(Err.Number)
      Err.Clear
   end if

Next
				
ChangeVLKey2600.vbs
' 
' WMI Script - ChangeVLKey.vbs
'
' This script changes the product key on the computer
'
'***************************************************************************

ON ERROR RESUME NEXT

if Wscript.arguments.count<1 then
   Wscript.echo "Script can't run without VolumeProductKey argument"
   Wscript.echo "Correct usage: Cscript ChangeVLKey.vbs ABCDE-FGHIJ-KLMNO-PRSTU-WYQZX"
   Wscript.quit
end if

Dim VOL_PROD_KEY
VOL_PROD_KEY = Wscript.arguments.Item(0)
VOL_PROD_KEY = Replace(VOL_PROD_KEY,"-","") 'remove hyphens if any
Dim WshShell
Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
WshShell.RegDelete "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\WPAEvents\OOBETimer" 'delete OOBETimer registry value
for each Obj in GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}").InstancesOf ("win32_WindowsProductActivation")

   result = Obj.SetProductKey (VOL_PROD_KEY)

   if err <> 0 then
      WScript.Echo Err.Description, "0x" & Hex(Err.Number)
      Err.Clear
   end if

Next 
				
次の使用例は、コマンドラインからスクリプトにより次を使用する方法を示します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスで、次のコマンドを入力しますどこ AB123-123AB-AB123-123AB-AB123 新しいプロダクト キーを使用して、[ OK] をクリックすることです。
    c:\changevlkeysp1.vbs ab123-123ab-ab123-123ab-ab123
正規の Microsoft ソフトウェアの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/genuine/default.aspx
SP1 をインストールすることができます Windows XP のバージョンの Windows を再起動が、問題は解決されています。問題が解決しない、する場合は、次の手順」セクションを参照してください。

次のステップ

これらのメソッドが解決しない場合は、次のマイクロソフト Web サイトを使用して、自分でトラブルシューティングを続行することができます。
  • 検索可能なサポート技術情報: テクニカル サポート情報および Microsoft 製品のセルフ ヘルプ ツールを検索します。
  • ソリューション ・ センター: 製品別のよく寄せられる質問および重要なサポートを表示します。
  • その他のサポート オプション: 質問を行う、Microsoft カスタマー サポート サービスへの問い合わせ、またはフィードバックの提供にこの Web を使用します。
これらのマイクロソフト Web サイトを使用しても疑問が解消しない場合、または Microsoft サポート サービス Web サイトで解決策を見つけることができない場合は、次のリンクをクリックしてサポートに問い合わせてください。
http://support.microsoft.com/contactus

関連情報

無効なプロダクト キーの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
326904 Windows XP Service Pack 1 (無効なプロダクト キーについての S)、またはサービス パック 2 (S) をインストールすると、エラー メッセージ:「Windows のインストールに使用したプロダクト キーが無効」

プロパティ

文書番号: 328874 - 最終更新日: 2014年6月1日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
キーワード:?
kbsetup kbregistry kbenv kbhowto kbmt KB328874 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:328874
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com