Exchange Server 2003 または Exchange 2000 Server でメールボックスの移動後、Entourage など、POP3、IMAP、または WebDAV のクライアントを使用するときに発生するパフォーマンスの問題について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 329067 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

POP3、IMAP4、および WebDAV のクライアントでパフォーマンスの問題

Microsoft Exchange Server 2003 と Microsoft Exchange 2000 Server に接続する、次のクライアント コンピューターと、完全にストリーミング ストア (.stm) ファイルを使用してデータの読み取りおよび書き込み。
  • インターネット プロトコル (IP) クライアント コンピューターをインターネット メッセージ アクセス プロトコル 4 (IMAP4) またはポスト オフィス プロトコル 3 (POP3) を使用しています。
  • WebDAV ベースのクライアント、Microsoft Entourage 2004 など
Active Directory でメールボックスの移動機能を使用するかどうかにデータを移動するユーザーとコンピューター、データは、.edb ファイルに移動します。 このためをそのメールボックスにアクセスする POP3、IMAP4、および WebDAV プロトコルを使うクライアントが指定データベースまたはサーバー間でメールボックスを移動した後パフォーマンスの問題が発生します。

ユーザーがログオン、メッセージ サイズを計算する必要があり、MIME への MAPI 変換発生メモリとサーバーのディスク POP3 または IMAP を使用するクライアント。 大規模な環境でこの計算はどれだけ時間がかかります。

Entourage 2004 年などの WebDAV クライアントを使用するクライアントに対してサーバー側で重大なパフォーマンスの問題可能性がありますコンテンツは大きなメッセージおよびその他のフォルダー、受信トレイで変換するとき。 極端な場合は、非常に大きな一時ファイルをサーバーが Exchange Server この問題が発生した場合で実行されている POP3、IMAP4、または WebDAV のシナリオで作成できます。

WebDAV クライアントでパフォーマンスの問題

前のセクションに記載されている問題、に加えて WebDAV クライアント ユーザーの Entourage または Outlook Web Access のユーザーなど、他の問題があります。 メッセージは、Entourage で、[送信トレイ] または [下書き] フォルダーに残る可能性があります。 さらに、次のイベントは、アプリケーション ログに記録される可能性があります。

イベント ID: 1000年
イベントの種類: エラー
イベント ソース: アプリケーション エラー
コンピューター: サーバー名
説明: アプリケーションの w3wp.exe の障害が発生している、バージョン Version_Number、モジュール exprox.dll、バージョン Version_Number フォールト アドレス 0x0002ce94 エラー発生

Outlook Web Access も表示されます、次のエラー、Web ブラウザーで。
500 内部サーバー エラー
さらに、Outlook Web Access ユーザーには、または、Entourage ユーザーの Exchange サーバーにアクセス、インターネット インフォメーション サービス (IIS) が Exchange サーバー上で応答を停止します。 次のエラー メッセージが表示されることがあります。
IIS ワーカー プロセス問題が発生し、終了に必要な
これらの問題は、現在のメッセージ サイズ制限を超えるクライアント コンピューターに大きな添付ファイルをダウンロード Outlook Web Access ユーザーまたは Entourage ユーザーときに発生します。 たとえば、現在のメッセージ サイズ制限を超えた古いメッセージの添付ファイルにはこれらの問題が発生します。 ユーザーを送信または、現在のメッセージ サイズ制限を超えるサイズの大きいメッセージを受信できないは、ユーザーは、現在のメッセージ サイズ制限が構成されて前に配信された古いメッセージ アクセスできます。

詳細

数百または数千のメールボックスを移動する場合をパフォーマンスの問題を防ぐ、次の方法の 1 以上を使用することができます。
  • 環境変数 TMP と TEMP 環境変数を設定された非常に高速のスピンドルをポイントすることを確認 (可能性のある RAID 0 + 1)。 ために、スタンドアロンのメールボックス サーバーはシステムの環境の TMP および TEMP 変数を調整することお勧めをします。 サーバー クラスターの場合、サーバー クラスターを実行しているサービス アカウントに対しての変数を構成することをお勧めします。
  • 互換性 レジストリ値を追加します。 この値は、メッセージ サイズの正確な計算の代わりに概算を使用するストアを知らせます。 次に、この手順について詳しく説明します。
  • Exchange Server 2003 には、MaxResponseSizeInBytes のレジストリ値を追加します。

互換性のレジストリ値の POP3 ユーザーを追加します。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を説明する手順がされています。 ただし、深刻な問題のレジストリを誤って変更する場合が発生する可能性があります。 このため、これらの手順を慎重に実行することを確認します。 追加の保護、するため、レジストリのバックアップを変更する前に。 問題が発生した場合に、レジストリを復元できます。 バックアップおよびレジストリを復元する方法の詳細についてはをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
322756バックアップおよび Windows のレジストリを復元する方法


POP3 の正確なメッセージ サイズを計算の代わりにおおよそのメッセージのサイズを使用するには、Exchange ストアを指示する、互換性のレジストリ値が使えます。

互換性のレジストリ値の POP3 ユーザーを追加します。

  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. レジストリの次のキーに移動し、クリックします:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\ POP3svc\Parameters
  3. [ 編集 ] メニューのをクリックして 追加値 、次のレジストリ値を追加します。
    値の名前: 互換性
    データ型: REG_DWORD
    Radix: 16 進
    データの値: 0xfffffffe
  4. レジストリ エディターを終了します。

IMAP4 のユーザーに対して高速メッセージ取得を有効に

  1. IMAP4 仮想サーバーのプロパティを開きます。
  2. [全般 ] タブは、[ 高速メッセージ取得を有効にする ] チェック ボックスをオンを [ OK] をクリック します。
この問題の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
317722Exchange 2000 メール MAPI から MIME 形式に変換するときにクライアントの遅延時間が発生します。

Entourage のような WebDAV クライアントでは、Exchange Server 2003 での MaximumResponseSizeInBytes レジストリ値を追加します。

MaximumResponseSizeInBytes レジストリ値は、Entourage ユーザーがサイズの大きいメッセージを扱う場合に IIS ワーカー プロセスに複数のメモリを割り当てるのに役立ちます。

コンテンツ変換では、Exchange サーバーに対して発生サイズの大きいメッセージを IIS 実行ことがありますのメモリ領域が不足しようと Exchange サーバーと、Entourage クライアント間の通信パイプを維持するとき。 このレジストリ キーのより大きな値を設定すると IIS 通信パイプと大きなメッセージのコンテンツの変換プロセスを維持できます。

コンテンツ変換際のみこのようなメッセージは、Entourage でユーザーがアクセスできます。 したがって、パフォーマンスに与える影響が時間経過に沿ってください。

MaximumResponseSizeInBytes レジストリ キーを少なくともそれら Exchange Server 2003 フロントエンドおよびバックエンド サーバーが、Exchange Server メールボックスへの接続に Entourage ユーザーが使用を追加します。 これを行うには、次の手順に従います。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を説明する手順がされています。 ただし、深刻な問題のレジストリを誤って変更する場合が発生する可能性があります。 このため、これらの手順を慎重に実行することを確認します。 追加の保護、するため、レジストリのバックアップを変更する前に。 問題が発生した場合に、レジストリを復元できます。 バックアップおよびレジストリを復元する方法の詳細についてはをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
322756バックアップおよび Windows のレジストリを復元する方法
  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. 以下のレジストリ キーを探してクリックします:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeWEB\DAV
    メモ 既定では、
    DAV
    キーがレジストリにありません。 自分で作成する必要があります。
  3. [ 編集 ] メニューのをクリックして 追加値 、次のレジストリ値を追加します。
    値の名前: MaximumResponseSizeInBytes
    データ型: REG_DWORD
    基数 : 10 進数
    値のデータ: value
    たとえば、この値を 500 MB (MB) を大きく場合は、次の計算を使用します。
    1024 * 1024 * 500 = 524288000 (10 進数) = 1F400000 (16 進数)
    [ のデータ フィールドにこの計算の結果を入力します。 この例では、入力 524288000 (10 進数) または 1F400000 (16 進数)。 このレジストリ キーの構成可能な範囲は 1 ギガバイト (GB) に 1 MB にある忘れないでください。 優れた結果 500 MB の値か 800 MB など、上位の値をまたはに顧客を設定して発生します。

    メモ 設定お勧めすることを値戻るまたは下位値を既定値に、コンテンツ変換の問題、組織内で subsides 後。 このレジストリ キーの既定値は 128 MB です。 パフォーマンスの問題を防ぐため、Exchange サーバーの正しいメッセージの制限とメールボックスのサイズ制限を設定することもお勧めします。
  4. レジストリ エディターを終了します。
[インターネットの情報の効果にこのレジストリ キーを配置するサービス (IIS)、Exchange アプリケーション プールを再起動します。 場合は、Entourage ユーザー メッセージが、値の値より大きいを操作しようとしましたし、データ フィールド、ユーザーのパフォーマンスの問題がありますが発生します。 サイズが大きいメッセージも可能性パフォーマンスの問題、サーバー側でがあります。 これに他のユーザーは影響があります。

重要な
このレジストリ キーは、Exchange Server 2003 に対してだけ機能します。 Exchange 2000 Server は機能しません。

プロパティ

文書番号: 329067 - 最終更新日: 2008年3月25日 - リビジョン: 9.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbmt KB329067 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:329067
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com