Dmio イベント ID 30 0xc000009a を含むのステータスを報告します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 329075
重要です レジストリを変更する方法についての情報を掲載しています。これを変更する前にレジストリのバックアップを作成してください。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っていることを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明」
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

ダイナミック ディスクを使用すると、次に受け取ることがあります。データが破損する可能性があります、Dmio イベント ログ エントリは、データベースの破損1 つまたは複数のダイナミック ディスク上のボリューム、ファイル ・ システムの破損、または可能性がありますアプリケーション エラー:

Event Type:	Information
Event Source:	dmio
Event Category:	None
Event ID:	29
Date:		MM/DD/YYYY
Time:		HH:MM:SS AM/PM
User:		N/A
Computer:       Computer_Name
Description:
dmio: Harddisk9 read error at block 445136247: status 0xC000009A 


Event Type:	Warning
Event Source:	dmio
Event Category:	None
Event ID:	35
Date:		MM/DD/YYYY
Time:		HH:MM:SS AM/PM
User:		N/A
Computer:       Computer_Name
Description:
dmio: Disk Harddisk9 block 445136247 (mountpoint F:): Uncorrectable read error 


Event Type:	Information
Event Source:	dmio
Event Category:	None
Event ID:	30
Date:		MM/DD/YYYY
Time:		HH:MM:SS AM/PM
User:		N/A
Computer:       Computer_Name
Description:
dmio: Harddisk2 write error at block 411779656: status 0xC000009A
				

メモ
  • 状態コードは常に 0xc000009a を含むです-STATUS_INSUFFICIENT_RESOURCES とブロックの番号によって異なります。
  • 312 Ftdisk.sys ベーシック ディスクの場合は、Windows 2000 が使用されますがようなイベントと同じ状況を報告するされません、ための PTE が不足しています。リソースもボリュームの破損やデータの破損に可能性があります。ディスクです。

原因

この状態の組み合わせのため発生します。または要素を含む。
  • コンピューターの使用を /3 GB Boot.ini ファイルで設定します。この設定を大幅に削減します。利用するページ テーブル エントリ (Pte) の合計数は、カーネルです。
  • コンピューターの多くを処理できるストレージ アダプターを使用してください。同時要求 (最大 0 xff、10 進数の 255)。
  • ストレージ ・ アダプターのドライバーはバッファーを割り当てる必要があります。SCSI ミニポートのディスパッチ要求します。場合は、SCSI ミニポートにディスパッチします。多くの大規模な要求をシステムの実行が Pte 不足。
  • Windows 2000 の記憶域スタックは保証されません。メモリの負荷の下で進行します。
障害は、次の一連の後が発生します。
  1. アプリケーション アダプターは非常に大量の I/O を送信します。要求します。
  2. クラス ドライバーに基づいてこの要求を分割、アダプターが処理できる最大の転送します。
  3. クラス ドライバー送信、要求の各部にポート ドライバーには、クラス ドライバーは、I/O 要求パケット (IRP) を使って送信します。バッファー全体を表す元の MDL。
  4. ポート ドライバーが、全体のバッファーごとにマップします。ピース。
  5. アダプターの多くの要求を処理できるのでまたマップこれらの大きなバッファーの冗長コピーをシステムを最終的に PTE が不足実行します。リソース。

解決方法

この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: レジストリを変更します。

警告 重大な問題、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用して、または別の方法を使用して変更すると発生します。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証できません。お客様の責任においてレジストリを変更します。
同時実行の I/O 要求を削減します。大容量記憶域コント ローラーによって許可されています。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. 見つけて、次のレジストリ エントリをクリックして場所 Storage_Driver_Name ミニポート ドライバー AIC78xx などの名前を示します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Storage_Driver_Name\Parameters\Device\NumberOfRequests
  3. NumberOfRequests エントリの REG_DWORD 値を変更します。これを行うには、16 〜 255 の 10 進数を削減します。これ数は、バス上の未解決の要求の最大数を表します。これを使用します。調整要求ごとのストレージ割り当てを控えめに消費するため非ページ メモリです。

    メモ Windows 2000 に付属のドライバーの使用します。キーをキーでないかどうか、提示、同時要求の数0x10 (16 進) の既定値です。
このレジストリの変更に関する詳細についてはキーには、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
240314情報:同時実行の I/O の数に制限の設定を要求します。

方法 2: Boot.ini ファイルを変更します。

削除、 /3 GB スイッチは、Boot.ini ファイルからし、再起動、コンピューターです。

方法 3: (Windows 2003) Boot.ini ファイルで/USERVA スイッチを使用してください。

/USERVA の使用方法の詳細については、Boot.ini ファイルに切り替えます、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
316739Boot.ini ファイルで/USERVA スイッチを使用して/3 GB 構成をチューニングする方法
以下の Windows 2003 の修正プログラム可能性がありますも PTE の使用量に影響を与えるし、エラーを解決します。
831899 PTE の Windows Server 2003 ベースのノードの追跡を有効にすると、"0x000000DA stop"のエラー メッセージがブルー スクリーンが表示されます。

詳細

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
247904ページのアドレスを構成する方法プールとシステム ページ テーブル エントリのメモリ領域
274750 方法:SQL Server では、2 GB 以上のメモリを構成します。

プロパティ

文書番号: 329075 - 最終更新日: 2011年7月28日 - リビジョン: 9.0
キーワード:?
kbprb kbmt KB329075 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:329075
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com