エラー メッセージ: ユーザー インターフェイス エラー: ロードするには、ログオン ユーザー インターフェイス DLL Msgina.dll に失敗しました

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 329316 - 対象製品
Notice
この資料は Windows 2000 に適用されるものです。2010 年 7 月 13 日をもって Windows 2000 のサポートは終了します。を Windows 2000 のサポート終了のソリューション ・ センター Windows 2000 の移行戦略を計画するための開始点です。詳細については、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) をインストールした後、コンピューターを起動すると、次のエラー メッセージが表示されます。
ユーザー インターフェイス エラー:
ログオン ユーザー インターフェイスDLL msgina.dll を読み込めませんでした。
システム管理者にお問い合わせください。DLL を置き換える、または元の DLL を復元します。
Windows のログオン画面が表示されないされ、Windows 2000 を開くことができません。

原因

Services.exe がこのレジストリ キーを作成前に Winlogon.exe Mpr.dll レジストリ キーと、この問題が発生可能性があります。Windows 2000 の SP3 では Msgina.dll Mpr.dll。 Mpr.dll に依存を初期化できるようにするのには、次のレジストリ キーがあることが必要です。
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\NetworkProvider\HwOrder
Services.exe の起動時にこのキーが作成されます。Services.exe、Winlogon Mpr.dll のレジストリ キーをクエリを可能性がありますと、Winlogon.exe を同時に開始されるためが Services.exe で作成されています。この現象が発生すると、Msgina.dll がロードされないし、この資料の「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されます。この依存関係では、Windows 2000 Service Pack 2 (SP2) には存在しません。

解決方法

Service Pack の情報

この問題を解決するのには、Microsoft Windows 2000 用の最新の service pack を入手します。詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
260910 Windows 2000 の最新の Service Pack を入手する方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用して下さい。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービスへリクエストを送信して、修正プログラムを入手してください。

その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が見つからない場合は、修正プログラムがその言語で利用可能ではありません。この修正プログラムの英語版のファイル属性が (またはそれ以降) 次の表に一覧表示されます。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) で一覧表示されます。ファイルの情報を表示するはローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するのを使用して、 タイム ゾーン タブのコントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
   Date         Time   Version        Size     File name
   ------------------------------------------------------
   15-Oct-2002  18:53  5.0.2195.6090  332,560  Msgina.dll


この修正プログラムを適用するのには、コンピューターを起動して Windows 2000 を開くにはする必要があります。別の Windows 2000 SP2 ベースのコンピューターし、空のフォーマットされた 3 1/2 インチ ディスクにアクセスする必要があります。

この問題を解決するのには、Windows 2000 を開くし、修正プログラムを適用します。
  1. 別の Windows 2000 SP2 ベース コンピューターに空のフォーマットされた 3 1/2 インチ ディスクをディスク ドライブに挿入します。
  2. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  3. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、各コマンドの後 ENTER をキーを押します。
    C:
    CD \
    CD \WINNT\system32\dllcache
    A: msgina.dll をコピーします。
  4. 3 1/2 インチ ディスクをディスク ドライブから削除します。
  5. 「現象」に記載されている問題コンピューターを起動し、、回復コンソールを起動します。回復コンソールをスタートアップ オプションとしてインストールしていない場合は、次の手順を実行します。
    1. Windows 2000 Server セットアップ ディスク 1年のディスクをディスク ドライブに挿入または、ブート可能な CD-ROM ドライブがある場合は、Windows 2000 Server CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入することができます。
    2. コンピューターを再起動します。
    3. 画面に表示される指示に従います。セットアップ ディスクを使用している場合は、他のセットアップ ディスクをフロッピー ドライブに挿入します。ファイルの読み込みには数分をかかる場合があります。
    4. Windows 2000 インストールを修復し、回復コンソールを起動するのには、適切なオプションを選択します。
  6. 回復コンソールのコマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、各コマンドの後 ENTER をキーを押します。
    CD system32
    REN msgina.dll mdgina.old
    CD dllcache
    REN msgina.dll msgina.old
    メモ: Msgina.dll は、System32 フォルダー内、または Dllcache フォルダーに存在しない場合は、手順 7 に進みます。
  7. 2 つ目の Windows 2000 SP2 ベースのコンピューターから、「現象」に記載されている問題のあるコンピューターのディスク ドライブにコピー Msgina.dll ファイルにはが含まれています 3 1/2 インチ ディスクを挿入します。
  8. 回復コンソールのコマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、各コマンドの後 ENTER をキーを押します。
    COPY a:\msgina.dll
    CD ..
    COPY a:\msgina.dll
    exit
  9. コンピューターを再起動して、修正プログラムを適用します。

状況

マイクロソフトがあります。記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認します。この資料の冒頭。 この問題は Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 で修正されました。

詳細

Windows 2000 Datacenter Server 用の修正プログラムを入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の文書番号をクリックします。
265173 データ センターのプログラムおよび Windows 2000 Datacenter Server 製品
回復コンソールの使用の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
301645方法: Windows 2000 で起動しないコンピューターで回復コンソールを使用

プロパティ

文書番号: 329316 - 最終更新日: 2013年4月5日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbautohotfix kbhotfixserver kbqfe kbsecurity kbwin2ksp4fix kbbug kbfix kbwin2000presp4fix kbmt KB329316 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:329316
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com