Exchange 2003 をインストールする準備 Deployment Tools または ADC Tools を使用すると"複数の Active Directory オブジェクト found %1 の識別名 (DN)"のエラー メッセージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 329490 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

使用して、Microsoft Exchange Server 2003 デプロイメント ツールのコンポーネントまたは ADC ツールのコンポーネントの Active Directory コネクタで、Exchange Server 2003 のインストールの準備を次のようなエラー メッセージが表示されます可能性があります。
エラー: 複数の Active Directory オブジェクトの %1、識別名 (DN) の Active Directory オブジェクトが見つかりました: %2.
メッセージを開いて、%1 は、Microsoft Exchange Server 5. 5 オブジェクトの識別名です。 これは、メールボックスをでです通常がカスタム受信者または配布リストを可能性もあります。 メッセージを開いて、%2 は Active Directory オブジェクトの識別名です。 これは通常、ユーザー アカウントが、連絡先または配布グループが場合も。

原因

この問題は、次の条件の両方に該当する場合に発生します:
  • 2 つ以上の接続許可書、複数のドメイン コントローラーに書き込むことがあり、これらのドメイン コントローラーが同期されていません。
  • 両方 (またはすべて) これらの接続許可書の同じ Exchange 5. 5 コンテナー ソースとして使用情報についてはレプリケートします。
以前の Active Directory コネクタ (ADC) レプリケーションの不整合を検索、配置用のツールまたは ADC ツールときに、この資料の「現象」に記載エラー メッセージが生成されます。 ユーティリティは、Exchange Server 5. 5 ディレクトリおよび Active Directory に対するライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) フィルターを適用して、エラー メッセージの %2 フィールド内のオブジェクトを報告します。 次の LDAP フィルター検索これら:
  • 同じ Ex5:legacy 55 DN を持つ複数の Active Directory オブジェクト
  • Exchange 5. 5 のソース オブジェクトを持つ 2 つ以上の NT5 の msexchADCGlobalNames : GUID、各 GUID は Active Directory にオブジェクトに対応する場所
  • 複数の Active Directory オブジェクトを同じ legacyExchangeDN を持つ = 55 DN

解決方法

次の概要では、この問題を解決する手順について説明します。
  • すべての Active Directory オブジェクト、1 つの Exchange Server 5. 5 オブジェクトを参照するグローバルの名前がスタンプされてを識別します。
  • Exchange Server 5. 5 オブジェクトを一意にリンクされます 1 つの Active Directory オブジェクトを指定します。
  • 1 つの Exchange Server 5. 5 オブジェクトを参照する属性を持つのすべて他 Active Directory オブジェクトを削除します。
  • 無効に一時的にする 1 つの ADC サービスように、他の ADC サービスは、1 つの Exchange Server 5. 5 オブジェクト、指定された Active Directory アカウントを rereplicate ことができます。
  • エラーなったときに発生配置用のツールから、エラー検出ツールまたは ADC ツールを再実行することを確認します。
この問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. Exchange 5. 5 オブジェクトの識別名が表示、%1 のフィールドのエントリを記録します。
  2. Active Directory ユーザーとコンピューター ユーティリティを起動します。
  3. メニューの 表示 ] をクリックして 高度な機能 です。
  4. ドメイン コンテナーを右クリックし、 検索 します。
  5. [ 検索 </a0>] ボックスの一覧 カスタムの検索条件 を選択します。
  6. [詳細設定 ] タブをクリックして、次の LDAP クエリ を入力してください] の LDAP 検索 ボックスに入力
    msexchadcglobalnames ex5 =: %1 *
    場所 %1 は手順 1 でメモした識別名です。

    たとえば、識別名は cn user1、cn = 受信者、ou = = サイト-1、o 組織-1 = を入力してください] の LDAP クエリ ] ボックスに、次を入力します。
    msexchadcglobalnames ex5:cn = user1、cn = 受信者、ou = = サイト-1、o = 組織-1 *
    メモ アスタリスク ( * )、識別名の後に文字。
  7. 今すぐ検索 をクリックします。
  8. Exchange 5. 5 オブジェクトに返されるオブジェクトはリンクされている一覧を表示します。 見つかった項目の一覧にはすべてのアイテムが表示されますが有効になっているオブジェクトを無効にするときでも有効にします。 確認するかどうか、オブジェクトは無効を右クリックして [ プロパティ ] をクリックします。
  9. Exchange 5. 5 オブジェクトに対応にする項目を決定します。 これに、 マスター のオブジェクトを考慮し、他はすべて mis-stamped オブジェクトを検討します。
  10. 同じ Ex5:legacy 5. 5 DN の複数の Active Directory オブジェクトのあるコンテナーとの接続許可書を実行するすべての ADC サービス停止します。 どの ADC サービスを停止するがわからない場合は、組織内のすべての ADC サービスを停止一時的にします。
  11. 削除または Exchange 5. 5 オブジェクトにリンクされているすべての mis-stamped オブジェクトのメールの無効にします。 これは、手順 9 でメモした master Active Directory オブジェクトと Exchange 5. 5 オブジェクトは、一対一リレーションシップ保持します。

    メモ ユーザーに、mis-stamped オブジェクトへのログオンを必要としない場合削除します。 それ以外の場合はメール-無効、mis-stamped オブジェクト。 この場合オブジェクトをマウスの右ボタンでクリックして、[ Exchange タスク ] をクリックして Exchange 属性を削除するには、Exchange タスク ウィザードの手順に従います。
  12. ADC の正しいオブジェクト一致グローバルの名前のリンクを再作成を許可します。 Ddeml.dll ファイル (または、エラー メッセージに表示されたファイル) をシステム レジストリに登録します:
    1. Exchange タスク ウィザードを Active Directory ユーザーとコンピューター ユーティリティを使用して master オブジェクトから Exchange 属性を削除します。
    2. raw モードで Exchange 5. 5 アドミニストレーターを起動します。 このためには、入力 管理者/生 コマンド プロンプトで Exchsrvr\bin フォルダーから。
    3. 見つけて、Microsoft Exchange 管理ユーティリティ内のオブジェクトをクリックします。 [ ファイル ] メニューの [ Raw プロパティ ] をクリックします。
    4. オブジェクトの属性 の一覧から [ ADC-グローバル名 ] をクリックして [ 削除 ] をクリックします。 繰り返し 削除 クリックして、 属性値 のリストが空になるまでします。
    5. [ 適用 ] をクリックし、 [OK] を実行します。
    6. オブジェクトがまだ選択されている状態で、 ファイル メニューの [ プロパティ ] をクリックします。
    7. プライマリ Windows NT アカウント のエントリが手順 9 で master オブジェクトと見なされますが、Active Directory オブジェクトに対応するを確認します。
    8. [ [OK] をクリックして終了、Exchange 管理ツール ユーティリティ。
  13. いずれかの ADC サービスを停止して再起動します。 双方向の接続許可書スタンプ単一 NT5 と Ex5 の Globalnames master Active Directory オブジェクトと、Exchange Server 5. 5 オブジェクトの両方でそれぞれです。
  14. この資料の「現象」で説明したエラーを受信した配置用のツールまたは ADC ツールに、使用前に、変更をレプリケートするには、ドメイン コントローラーに対してための十分な時間を確保します。
  15. 再度、ツール実行し Exchange 5. 5 (%1) オブジェクトが含まれていない以上のエントリが表示されていることを確認してください。

詳細

次の表、エラー検出ツールをこの資料の「現象」に記載されているエラーは、をログ記録できます。 また、出力ファイルも含まれています。

元に戻す全体を表示する
ツール名 ログ ファイル
ADUserScanADUserScan.log
ADCConfigCheckAdcconfigcheck.log
ADCUserCheckAdcusercheck.log
推奨Adcobjectcheck.log
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
316280[XADM] ADC のグローバル名前属性の説明、

プロパティ

文書番号: 329490 - 最終更新日: 2007年10月25日 - リビジョン: 2.6
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
キーワード:?
kberrmsg kbprb kbmt KB329490 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:329490
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com