[XL2002] Excel 2002 SP-2 更新プログラム (2002 年 10 月 16 日) の概要

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 329750 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP329750
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Excel ブックに外部データへのリンクが含まれている場合に表示される警告メッセージが、悪意のあるユーザーによって抑制されることがあります。この更新プログラムを適用することにより、[リンクの自動更新前にメッセージを表示する] オプションの設定が悪意のあるユーザーによる設定より優先されるようになります。

この資料では、Excel 2002 SP-2 更新プログラム (2002 年 10 月 16 日) のダウンロードおよびインストール方法について説明します。

この更新プログラムは、Office XP Service Pack 3 以降に含まれています。 最新の Office XP Service Pack の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
307841 [OFFXP] 最新の Office XP Service Pack の入手方法

詳細

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

重要 : この資料に記載されている更新プログラムをインストールするには、Microsoft Windows インストーラのバージョンが 2.0 以降である必要があります。詳細については、この資料の「Windows インストーラ 2.0 への更新の必要性」を参照してください。

クライアント用更新プログラム

重要 : このクライアント用更新プログラムをインストールする前に、Microsoft Office XP Service Pack 2 (SP-2) をインストールする必要があります。 Office XP SP-2 のインストール方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
325671 Office XP Service Pack 2 (SP2) の概要
CD-ROM から Excel をインストールした場合は、以下の 2 つのうちいずれかの方法を選択できます。
  • Office ダウンロード Web サイトを使用して、入手可能な Service Pack や更新プログラムを含めた最新の更新プログラムをすべて自動的にインストールします。
    または
  • この後で説明する手順に従って、Excel 2002 更新プログラムのみをインストールします。
: クライアント用の更新プログラムのインストールには、Office ダウンロード Web サイトを使用することをお勧めします。Office ダウンロード Web サイトでは、使用中の Microsoft Office のインストール状態が検出され、Office を最新の状態にするために必要な更新プログラムがユーザーに正確に表示されます。

Office ダウンロード Web サイト

Office ダウンロード Web サイトでコンピュータにインストールする必要のある更新プログラムを検出するには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
http://office.microsoft.com/ProductUpdates/default.aspx
検出が完了すると、確認のために、推奨する更新プログラムの一覧が表示されます。[同意してインストールを開始] をクリックして手順を完了します。

Excel 2002 SP-2 更新プログラム (2002 年 10 月 16 日) のみをインストールする

以下の手順を実行して、クライアント用更新プログラムのダウンロードとインストールを行います。
  1. 次のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
    ここをクリックしてクライアント用更新プログラムをダウンロードします
  2. [保存] をクリックして、選択したフォルダに Exc1003.exe ファイルを保存します。
  3. エクスプローラで、[exc1003.exe] をダブルクリックします。
  4. 更新プログラムをインストールするかどうかを確認するメッセージが表示されたら [はい] をクリックします。
  5. [はい] をクリックして、使用許諾契約に同意します。
  6. Office XP CD-ROM を挿入するように求めるメッセージが表示されたら CD-ROM を挿入し、[OK] をクリックします。
  7. インストールが正常に行われたことを示すメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
: Excel 2002 SP-2 更新プログラム (2002 年 10 月 16 日) をいったんインストールすると、削除することはできません。

クライアント用更新プログラムの詳細については、以下の Web 資料に記載されている Office ツールへのリンクをクリックしてください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=09708964-A8D6-4F4E-9D82-280E08F36E8A&displaylang=JA

管理者用更新プログラム

: この資料の以下の手順を実行して管理者用更新プログラムをインストールする前に、管理者用インストール ポイントに Microsoft Office XP Service Pack 1 (SP-1) または Office XP SP-2 がインストールされていることを確認してください。 最新の Office XP Service Pack の入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
307841 [OFFXP] 最新の Office XP Service Pack の入手方法
Microsoft Excel 2002 をサーバーからインストールした場合、サーバーの管理者が管理者用更新プログラムを使用してサーバーを更新した後、更新プログラムをクライアント コンピュータに展開する必要があります。

サーバーの管理者は、次の手順を実行して管理者用更新プログラムをダウンロードしてください。
  1. 次のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
    ここをクリックして管理者用更新プログラムをダウンロードします
  2. ファイルをデスクトップにダウンロードします。
  3. エクスプローラで、[exc1003a.exe] をダブルクリックします。
  4. [はい] をクリックして、使用許諾契約に同意します。
  5. [展開されたファイルを保存する場所を指定してください。] ボックスに、C:\exc1003a と入力し、[OK] をクリックします。
  6. フォルダを作成するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  7. 管理者用インストールの更新手順を十分に理解している場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /a Admin Path\MSI File /p C:\exc1003a\MSP File SHORTFILENAMES=TRUE
    Admin Path には、管理者用インストール ポイントのパス (たとえば、C:\Excel2002) を指定します。

    MSI File には、MSI データベース パッケージ (たとえば、ProPlus.msi) を指定します。

    MSP File には、管理者用インストール更新プログラムの名前 (たとえば、EXCELff.msp) を指定します。
  8. クライアント ワークステーションに更新プログラムを展開するには、[スタート] ボタンをクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /i admin path\MSI file REINSTALL=EXCELFiles REINSTALLMODE=vomu
    admin path には、管理者用インストール ポイントへのパス (たとえば、C:\OfficeXP) を指定します。

    MSI File には、MSI データベース パッケージ (たとえば、ProPlus.msi) を指定します。

    : クライアント コンピュータの Microsoft Office XP コンポーネントを再インストールするには、REINSTALL=ALL と指定します。
管理者用インストールの更新方法およびクライアント ワークステーションへの展開方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
301348 [OFFXP]管理者用インストールをSP-1にアップデートする方法
上記の資料には、管理者用更新プログラムをインストールするための標準的な手順が掲載されています。

また、『Microsoft Office XP リソース キット』の次の資料を参照することもできます。
http://www.microsoft.com/japan/office/ork/defaultxp.asp

更新プログラムがインストール済みかどうかを確認する方法

Excel 2002 SP-2 更新プログラム (2002 年 10 月 16 日) は、Excel.exe ファイルに影響します。この更新プログラムにより、コンピュータにインストールされている Excel 2002 のバージョンは 10.0.4524.0 になります。Excel の [ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックすると、コンピュータにインストールされている Excel のバージョンを確認できます。

Office XP のバージョンを確認する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
291331 Office XP のバージョンを確認する方法
: Excel 2002 SP-2 更新プログラム (2002 年 10 月 16 日) が既にコンピュータにインストールされている場合、Excel 2002 SP-2 更新プログラム (2002 年 10 月 16 日) をインストールすると、次のメッセージが表示されます。
この更新プログラムは適用されているか、すでに適用されている更新プログラムに含まれています。

Windows インストーラ 2.0 への更新の必要性

Excel 2002 SP-2 更新プログラム (2002 年 10 月 16 日) をインストールするには、Microsoft Windows インストーラのバージョンが 2.0 以降になっている必要があります。Microsoft Windows 2000 Service Pack 3 (SP-3) および Microsoft Windows XP には、このバージョンの Windows インストーラが含まれています。最新版の Windows インストーラをインストールするには、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Windows NT 4.0 および 2000 用の Windows インストーラ

この更新プログラムで修正される問題

Excel 2002 SP-2 更新プログラム (2002 年 10 月 16 日) を適用することにより、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) に記載されている問題が修正されます。
324051 [XL2002] Excel で大きなシートをコピーすると CPU 使用率が 100% になる
320516 テキスト ファイル ウィザードを使用してテキスト ファイルを開いた後にエクスプローラで Excel ファイルを開くことができない
この更新プログラムにより、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) に記載されていない以下の問題も修正されます。

[Security] 悪意のあるユーザーによって作成されたブックに外部データへのリンクが含まれている場合に、ユーザーにセキュリティの通知が行われない

Microsoft Excel ブックに外部データへのリンクが含まれている場合に表示される警告メッセージが、悪意のあるユーザーによって抑制されることがあります。この更新プログラムを適用することにより、[リンクの自動更新前にメッセージを表示する] オプションの設定が悪意のあるユーザーによる設定より優先されるようになります。

重要 : [リンクの自動更新前にメッセージを表示する] オプションがオン (有効) になっていない場合、この資料に記載されているセキュリティ上の問題に対して脆弱な状態のままとなります。Excel で [リンクの自動更新前にメッセージを表示する] オプションを更新するには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[編集] タブをクリックします。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS02-059 に記載されているこの問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
330008 [MS02-059] Word のフィールド コードおよび Excel の外部データ更新の問題により、情報が漏えいされる

[XL2002] GetPivotData 関数が突然終了する

GetPivotData 関数を作成すると、Excel が突然終了することがあります。この問題は、あるブック上のピボットテーブルにデータ フィールドが含まれていて、GetPivotData 関数が他のブック内にある場合に発生します。

[XL2002] ブックを共有すると Excel が応答を停止することがある

共有しているブックを保存すると、Excel が応答を停止することがあります。各ユーザーが使用しているユーザー設定のビューを削除するといったん解決しますが、しばらくすると再びこの問題が発生します。

[XL2002] ピボットテーブルの [フィールド リストの表示] が機能しなくなる

ピボットテーブルに大量のデータが含まれている場合、ピボットテーブルを含む Excel ブックの修復に成功しても、[フィールド リストの表示] が機能しなくなります。

[XL2002] Excel の [計算方法] タブの [自動] がオフになっていても計算が自動的に実行される (日本語版)

日本語版の Excel で、オプションの [計算方法] タブで自動計算機能が無効になっていても、自動計算が実行されます。

[XL2002] Excel ブックを開くと、不意に閉じられることがある

以下の条件が満たされた状態で Excel ブックを開くと、ブックが不意に閉じることがあります。
  • 更新できないリンクがブックに 1 つ以上含まれています。
  • ブックに、Auto_Open または Workbook_Open マクロが含まれています。
  • リンクを更新してマクロを実行することを選択します。または、マクロの実行がデフォルトで有効になっています。

[XL2002] Excel ファイルを HTML として保存すると、ハイパーリンクの構文が正しく保存されない

シート間のハイパーリンクを含む Excel ブックを開き、HTML ページとして保存すると、ハイパーリンクの構文が正しく保存されず、HTML ファイルを Web ブラウザで開いてハイパーリンクをクリックしても機能しません。

[XL2002] セル範囲から集計を削除すると、Excel が応答を停止する

Excel のセル範囲から集計を削除しようとすると、Excel が応答を停止し、CPU 使用率が 100% に達することがあります。

[XL2002] OLE プログラムを使用して Excel ファイルを開くと OLE プログラムが終了し、Excel のプロセスが残る

OLE プログラムを使用して Excel ファイルを開くと OLE プログラムが終了し、Excel のプロセスが残ったままとなります。

プロパティ

文書番号: 329750 - 最終更新日: 2007年4月23日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 2002 Service Pack 2
キーワード:?
kbdownload kbinfo KB329750
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com