最初の 99 のデータベースでは、Windows のシステム モニターに BUG SQLServer:Databases パフォーマンス カウンター限定

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 330088
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Windows 2000 システム モニター (パフォーマンスパフォーマンス オブジェクトの監視) SQLServer:Databases 表示し、最初の 99 のカウンターのインスタンスを測定します。SQL Server 7.0 または 2000 の SQL Server の各インスタンスのデータベースを指定します。

は、 _Total カウンターのインスタンスの場合、 SQLServer:Databases オブジェクトが、最初の 99 のカウンター値の合計です。データベースは、カウンターのインスタンスの包括的な合計のないよう、SQL Server のすべてのデータベース。

選択すると、 すべてのインスタンス オプション、データベースの任意のカウンターのすべてのデータベースを選択、インスタンスの一覧。リストが SQL Server 内の最初の 99 のデータベースに制限されています、含まれています、 _Total インスタンスの合計値。

回避策

データベース カウンターを 99 の測定 SQL Serverデータベース、SQL Server、その他のデータベースの名前付きインスタンスを設定します。監視し、 データベース SQL Server の各インスタンスの 99 のデータベース カウンター個別にします。


SQL の複数のインスタンスが名前付きのサーバーをインストールします。SQL Server の複数のインスタンスがあるために考えられる回避策はこの各インスタンスは、インストールされている場合は、独自のパフォーマンス オブジェクト オブジェクトのリストを持ちます。既定をインスタンスします。 SQLServer:Databases、名前付きインスタンスの形式であっても MSSQL$ InstanceName: データベース.

詳細については、カウンター オブジェクト名前付け規則、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。技術情報:
272433BUG: SQL Server Books Online が誤ってという SQL Server 2000年のカウンターの名前の名前付きインスタンス

状況

マイクロソフトは、これは、マイクロソフト製品のバグであること確認していますこの資料の冒頭に記載します。

詳細

オブジェクトとそのカウンターの Microsoft SQL Server を説明します。システム モニターを使用して SQL Server を実行しているコンピューターでの活動の監視に使用します。各オブジェクトにはさまざまな側面を決定する 1 つまたは複数のカウンターが含まれています、監視するには、[オブジェクト] をクリックします。

一般的には場合は、パフォーマンス オブジェクトの型を持つ複数カウンター インスタンス使用可能なリソースを追跡するカウンターを追加できます。統計情報を 1 つのインスタンス、複数のインスタンス、またはすべてのインスタンスでは、同時にします。複数のインスタンスが SQLServer:Databases オブジェクトごとのリソースを 1 つのデータベースを表すことができます。同時に監視します。各カウンター インスタンスは、まず 99 のデータベース SQL Server にして 99 最初のデータベースだけカウントされることができます。使用して、 _Total カウンターのインスタンスです。カウンターのインスタンスであるために表示されるデータベースSQL の場合、データベース サーバーのインスタンスの最初の 99 のデータベースユーザー データベースとシステムを含む、データベース id (DBID) を並べ替えるデータベースは、 マスター, モデル, msdb、、 tempdb.SQL クエリ アナライザーで、DBID を取得するのには、次のクエリを実行します。各データベースには。
USE master
GO
SELECT dbid, name FROM sysdatabases ORDER BY dbid
GO				
パフォーマンス カウンターに加えて、パフォーマンス条件警告のみ 99 先データベースを利用できます。後に作成されたデータベースは、最初の 99 のデータベースが含まれていない、 sysperfinfo システム テーブルでです。そのため、使用すると、 sp_add_alert プロシージャは、プロシージャは、エラーが返されます。

関連情報

詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb687503.aspx

プロパティ

文書番号: 330088 - 最終更新日: 2011年7月15日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
kbbug kbsysadmin kbpending kbcode kbmt KB330088 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:330088
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com