Windows XP でドキュメントを移動するときに、エラー メッセージが表示される:「遅延書き込みデータの紛失」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 330174 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

または、大量のドキュメントを移動するときにそれ以外の場合、Windows XP でファイルを管理する実行してください、次のエラー メッセージが断続的に表示されます。
遅延書き込みに失敗しました
この資料は中級レベルから上級ユーザー向けです。

原因

このエラーは、通常、ハード ディスクの「を有効にするディスク上のキャッシュ書き込み」機能をオンにすると発生します。

ただし、「を有効にするディスク上のキャッシュの書き込み」機能をオフにした場合、次の方法のいずれかで、Ultra ダイレクト メモリ アクセス (UDMA) ハード ディスク コント ローラーが構成されているため、このエラーが発生します。
  • UDMA ドライブを必要な 80 芯 40 ピン ケーブルではなくコント ローラーに接続するには、40 線コネクタ ケーブルを使用しています。
  • BIOS の設定より高速な UDMA モードを強制する構成されます。
詳細については、遅延書き込みの失敗、遅延書き込みエラー情報」セクションを参照してください。

解決方法

この問題を解決するには、まず「を有効にするディスク上のキャッシュの書き込み」機能がオンになったかどうか確認します。オンになって、する場合はオフにします。これを行うには、次の手順を実行します。

メモ 「を有効にするディスク上のキャッシュの書き込み」機能をオフにするには、ハード ディスク速度が低下することがあり、コンピューターの全体的なシステム パフォーマンスに影響を与える可能性があります。このため、このセクションの手順を実行した後、システムのパフォーマンスを監視することがあります。

[ディスクの書き込みキャッシュを有効にするオフに、以下の手順を実行します。
  1. 開始] をクリックし、[マイ コンピューター] をクリックします。
  2. ハード ディスクを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [ハードウェア] タブをクリックします。
  4. ハード ディスクを選択する] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. ポリシー ] タブをクリックします。
  6. [ディスクの書き込みキャッシュを有効にする] チェック ボックスをオフにする] をクリックし、[ OK] をクリックして.
  7. [Ok]を閉じるには、ローカル ディスク (c:)] をクリックします。プロパティ] ダイアログ ボックス。
  8. コンピューターにインストールされているハード_ディスクごとに、手順 3 〜 5 を繰り返します。
これらの手順は、エラー メッセージを解決する場合は完了です。

これらの手順、エラー メッセージが解決しない場合、または機能がになっている場合は、「高度なトラブルシューティング」のセクションに移動します。ここは上級レベルのコンピューター ユーザーを対象としています。高度なトラブルシューティングに慣れていない場合は、サポートにお問い合わせください。これを行う方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/

高度なトラブルシューティング

ハード ディスク コント ローラーが正しく構成されているかどうかを確認します。

ハード ディスク コント ローラーが正しく構成されていることを確認するには、ケーブルの接続と、BIOS の設定を確認します。最初に、方法 1 を実行してください。

方法 1: は、80 芯 40 ピン ケーブルを使用していることを確認します。

UDMA ハード ディスク コント ローラーが 80 芯 40 ピン ケーブルを使用しているかどうかを確認します。これを行う方法については、コンピューターに付属のマニュアルを参照してくださいか、UDMA ハード ディスク コント ローラーの製造元に問い合わせてください。

80 芯 40 ピン ケーブルを使用している場合は、方法 2 に進みます。
このケーブルを使用していない場合は、取得し、80 線、40 ピン ケーブルを使用してエラー メッセージは、これが解決するかどうかを確認するのにします。

これがエラー メッセージを解決する場合は完了です。

エラー メッセージが解決しない場合は、方法 2 に進みます。

方法 2: BIOS 設定を確認します。

警告BIOS 設定の変更のすべての効果を十分に理解する場合を除き、BIOS の設定は変更されません。

高速な UDMA モードを強制するには、BIOS の設定が構成されていないことを確認します。これを行う方法については、コンピューターに付属のマニュアルを参照してくださいまたは、コンピューターの製造元に問い合わせてください。

マスター UDMA モードを強制するのには、BIOS の設定が構成されていない、する場合は、定期的な「遅延書き込みエラー」メッセージを防止することができます追加の対策については、「遅延書き込み失敗の情報」セクションに進んでください。
マスター UDMA モードを強制するのには、BIOS の設定が構成されていると設定を変更し、エラー メッセージには、これが解決するかどうかを確認するテストします。

これがエラー メッセージを解決する場合は完了です。

エラー メッセージが解決しない場合は、「遅延書き込み失敗の情報」のセクションに移動します。

遅延書き込みの失敗の情報

ケーブルを接続し、BIOS 設定を確認した後は再発を防ぐに「遅延書き込みエラー」メッセージの追加の対策を講じることができます。

データが破損している場合、遅延書き込みに失敗しましたが表示されることがあります。Windows XP でメモリ使用量、システムの大規模なキャッシュ機能が有効な場合、データが破損する可能性があります。この機能を有効にすると、数のページ テーブル エントリを増やすことができます Windows XP を管理する必要があり、極端な場合を使い果たすこと場合があります。すべてのシステムでは、この問題は発生しません、ただし、次のキーの要因データの破損があります。
  • (1 ギガバイトの RAM は共通である) 512 メガバイト以上のシステム メモリー
  • 大規模なの NTFS ディスク ボリュームを複数の大容量ボリューム (60 〜 100 ギガバイト ハード ドライブ、RAID アレイの場合)
  • (既定の AGP アパーチャより) 大きい AGP リソース要件を持つ AGP グラフィックス
  • サイズの大きなファイルを転送します。この問題は、コンピューターのシステム ページ テーブル エントリが不足している場合に発生します。コンピューターが起動すると、Windows デフォルトのページ テーブル エントリを割り当てるには、数に基づいて決定は、利用可能なシステム メモリの量。
データの破損を回避するには、こと、システム キャッシュが選択されていないメモリの使用量、システムのキャッシュ機能を無効にしていることを確認します。これには、「メモリ使用率のシステム ・ キャッシュが選択されていないことを確認します」セクションに移動します。

システム キャッシュがメモリ使用量の選択されていないことを確認します

サイズの大きなファイルを転送する場合、システムは、「遅延書き込みの失敗」のエラー メッセージが発生する可能性がありますシステム ページ テーブル エントリ不足しています。不足しているからして Windows XP を管理する必要があります、ページ テーブル エントリの数の増加を防ぐためにメモリ使用量の [システム キャッシュ] オプションが選択されていないことを確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、 [マイ コンピューター] を右クリックし、を開くには、[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスのプロパティ] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブをクリックし、[パフォーマンス] を開くには、[パフォーマンス オプション] ダイアログ ボックスの設定] をクリックします。
  3. [詳細設定] タブをクリックします。
  4. メモリ使用量プログラムを選択する] をクリックします]をクリック。
  5. [システムのプロパティのダイアログ ボックスを閉じます[ok]をクリックします。
場合は、次の手順では、作業は完了です。

これらの手順で問題が解決しない場合は、この問題を回避してみてください。

回避策: ページ テーブル エントリの数を増やす

この資料では、トラブルシューティングの方法を試した後、まだ「遅延書き込みの失敗」のエラー メッセージが表示システムに使用可能なページ テーブル エントリ数を増やすことでこの問題を回避することができます。これを行うには、次の手順を実行します。

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit[ok]をクリックしています。
  2. 次のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management
  3. 詳細ウィンドウで、 SystemPagesの値を右クリックし、[変更] をクリックしてください
    注: 既定値は 0 (16 進)
    .
  4. [値のデータ] ボックスで、次のように入力します。 7FFF、し [ OK] をクリックします。
    メモ 次の別の値を使用しようとする可能性があります。
    • 7FFF = 32,000
    • PTEsBFFF = 50,000
    • PTEs24FFF = 150,000 Pte

    メモ FFFFFFFF の値は使用されませんする必要があります。を設定することが大きすぎる場合は、ページ プール メモリが不足して実行する可能性があります。
  5. レジストリ エディターを終了します。
  6. 再起動
  7. メモリを監視 \ パフォーマンス モニターで、システム ページ テーブル エントリを解放します。
この回避策は、エラー メッセージを解決しなかった、場合に、類似した問題と「ソリューション」ソリューションを確認またはサポートに連絡します。サポートへの問い合わせ方法については、次の手順」セクションを参照してください。

類似した問題と解決策

この資料で問題が解決されない場合は同様の問題があることや、別の資料で問題を解決できることを見つける可能性があります。「ファイル ロック」または「アクセス拒否」のエラー メッセージが表示されたら、する場合は、ファイル ロックまたはアクセス拒否情報」のセクションに移動します。以上のような問題は、「関連情報」セクションを参照していますください。

ファイル ロックまたはアクセス拒否の情報

ネットワーク上に保存されているファイルを開くし、ファイルに変更を保存しようまたは汎用名前付け規則 (UNC) パスを使用して Microsoft Excel ブックなどのファイルを開く場合は、ファイル ロックまたはアクセス拒否のエラー メッセージが表示されます。ファイル ロックまたはアクセス拒否のエラー メッセージ UNC パスにファイルを保存するときの詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
812937 ファイル ロックまたはアクセス拒否のエラー メッセージ、ネットワーク経由でファイルを保存するときに

詳細

詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
818788 USB 2.0 ストレージ デバイスを取り外すと、エラー メッセージ「{遅延書き込みデータの紛失}」
321733 Windows XP ベースまたは Windows 2000 ベースのコンピューターからサーバーにファイルを作成すると、エラー メッセージ:「遅延書き込みデータの紛失」
831594 ファイルを保存するかを OneNote 2007 または OneNote 2003 を終了しようとすると、エラー メッセージ「遅延データ書き込みに失敗しました"
870894 Windows XP の Service Pack 2 または Windows XP の Tablet PC Edition 2005 で「遅延書き込みデータの紛失」のエラー メッセージが表示されます。
842520 Windows XP で、ファイルを保存した後は、「遅延データ書き込みに失敗しました"エラーが発生する
これらの資料で、エラー メッセージが解決しない場合は、次の手順」セクションに移動します。

次のステップ

これらの方法で問題が解決しない場合は、Microsoft カスタマー サポート サービスの Web サイトで、問題に対する他の解決方法を調べることができます。マイクロソフト カスタマー サポート サービス Web サイトが提供しているサービスには次のようなものが含まれます。
  • 検索可能なサポート技術情報: テクニカル サポート情報および Microsoft 製品のセルフ ヘルプ ツールを検索します。
  • ソリューション ・ センター: 製品別のよく寄せられる質問および重要なサポートを表示します。
  • その他のサポート オプション: 質問を行う、Microsoft カスタマー サポート サービスへの問い合わせ、またはフィードバックの提供にこの Web を使用します。
問題が続く場合は、お問い合わせください。
http://support.microsoft.com/contactus

プロパティ

文書番号: 330174 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
kbresolve kberrmsg kbprb kbmt KB330174 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:330174
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com