Small Business Server 2000 ドメインに Windows XP ベースのコンピューターを追加すると、DNS エラー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 331072
重要です この資料でにはセキュリティ設定を低くする方法、またはコンピューターのセキュリティ機能を無効にする方法を示す情報が含まれます。特定の問題を回避するには、このような変更を行います。これらの変更を行う前に、使用している環境でこの回避策の実装に関連付けられているリスクを評価することをお勧めします。この回避策を実装する場合は、システムを保護するために、適切な追加手順を実行します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Windows XP Professional コンピューターが、Microsoft の Small Business Server 2000 ドメインに追加しようとすると、次のエラー メッセージのいずれかを受け取ることがあります。
DomainName.local のドメインのドメイン コント ローラーに接続できませんでした。
ドメイン名が正しく入力されていることを確認します。
名前が正しい場合は、トラブルシューティング情報の詳細をクリックします。
クリックすると、 詳細情報は、次のようなエントリが表示されます。
DomainName.local のドメインのドメイン コント ローラーを検索するために使用するサービス ロケーション (SRV) リソース レコードを DNS を照会すると、次のエラーが発生しました。

エラーが発生しました:「DNS 名は存在しません」。
(エラー コード 0x0000232B RCODE_NAME_ERROR)
DNS ドメイン名のドメインのドメイン コント ローラーを検索するために使用するサービス ロケーション (SRV) リソース レコードを照会すると、次のエラーが発生しました。

エラーが発生しました:「この操作返さタイムアウト期間が経過するのでします」。
(エラー コード 0x000005B4 ERROR_TIMEOUT)

原因

このエラーは、次の条件のいずれかに該当する場合に発生します。
  • Windows XP では、ローカル DNS サーバーを使用するのには構成されていません。
  • Windows XP では、NetBIOS over TCP (NetBT) が無効になっているし、コンピューターに追加しようとすると、NetBT ドメイン名を使用しています。
  • Windows XP ベースのコンピューターにインストールされているサードパーティ製のファイアウォール プログラムは、DNS クエリをブロックされています。
  • Small Business Server 2000 ネットワークに Windows XP セットアップを設定するための推奨手順に依存してないです。

解決方法

警告 この回避策は、コンピューターまたはネットワークの脆弱性は、悪意のあるユーザーまたはウイルスなど悪質なソフトウェアによる攻撃をことがあります。この回避策はお勧めしませんが、独自の判断でこの回避策を実装できるようにこの情報が提供されます。ご自身の責任でこの回避策を使用します。

メモ ウイルス対策プログラムは、ウイルスからコンピューターを保護するために設計されています。ダウンロードしなかったり、信頼されていないソース訪問の信頼、またはを行わないウイルス対策プログラムを無効にすると、電子メールの添付ファイルを開くことの Web サイトからファイルを開く必要があります。

コンピューター ウイルスの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
129972コンピューター ウイルス: 説明、予防、および回復

ローカルの DNS サーバーを使用します。

Small Business Server 2000 ネットワークでは、すべてのクライアント コンピューターで DNS サーバーのローカル IP アドレスを使用することをお勧めします。DNS サーバーを Small Business Server 2000 を使用するのには、Windows XP を構成するには、次の手順を実行します。
  1. Windows XP をクリックします。 開始、し コントロール パネル.
  2. コントロール パネルがカテゴリの表示にされる場合をクリックします。 クラシック表示に切り替える.
  3. ダブルクリック ネットワーク接続.
  4. ローカル エリア接続のアイコンを右クリックしをクリックしてください プロパティ.
  5. クリックしてください。 [インターネット プロトコル (TCP/IP)、し プロパティ.
  6. 下にあります。 次の DNS サーバーのアドレスを使用します。、Small Business Server 2000 内部 IP アドレスを入力し、をクリックして [OK] 2 つの時刻。

DNS ドメイン名を使用します。

Windows XP は、ローカルの DNS サーバーを使用していることを確認した後、コンピューターをドメインに追加しようとすると、完全な DNS ドメイン名を使用します。DNS ドメイン名を確認するには、次の手順を実行します。
  1. Small Business Server の 2000 でを右クリックします。 マイ コンピューター、し プロパティ.
  2. クリックして、 ネットワーク Id タブ、表示されているドメインの名前を確認します。

サードパーティ製のファイアウォール ソフトウェアを削除します。

  1. Windows XP ベースのコンピューター上をクリックします。 開始、し コントロール パネル.
  2. コントロール パネルがカテゴリの表示にされる場合をクリックします。 クラシック表示に切り替える.
  3. ダブルクリック 追加またはプログラムを削除します。.
  4. インターネットのセキュリティやファイアウォール ソフトウェアがインストールされているプログラムの一覧でを検索します。
  5. ボックスの一覧で、インターネットのセキュリティやファイアウォール プログラムを検索する場合は、そのプログラムをクリックし、クリックしてください 削除.
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
810402クライアント Norton インターネット セキュリティ 2002年がドメインに参加することはできません。

Windows xp をセットアップするための推奨事項を実行します。

Small Business Server 2000 ネットワークに Windows XP セットアップを設定すると、クライアント プログラムをインストールする前に、コンピューターをドメインに追加することをお勧めします。特に、Microsoft ファイアウォール クライアントをインストールしないでください。既にファイアウォール クライアントをインストールする場合は、そのコンピューターをドメインに追加する前に、プログラムを削除します。

ファイアウォール クライアントを削除するには、次の手順を実行します。
  1. Windows XP をクリックします。 開始、し コントロール パネル.
  2. コントロール パネルがカテゴリの表示にされる場合をクリックします。 クラシック表示に切り替える.
  3. ダブルクリック 追加またはプログラムを削除します。.
  4. クリックしてください。 Microsoft ファイアウォール クライアント、し 削除.
実行するかどうかは、 コンピューターのセットアップ ウィザードします。 Small Business Server のクライアント コンピューターにファイアウォール クライアントをインストールするのには、2000 に、プログラムをクライアント コンピューターにインストールされているプログラムの一覧で、表示があります。この例では、クライアント コンピューターで、手動でファイアウォール クライアントをインストールして、プログラムを削除します。

ファイアウォール クライアントを手動でインストールするには、次の手順を実行します。
  1. Windows XP をクリックします。 開始、し 実行.
  2. 種類 \\サーバー名\mspclnt 場所 サーバー名 Small Business Server 2000 コンピューターの名前ですし、 [OK].
  3. ダイアログ ボックスが表示されたら、ユーザー名とパスワードが有効なユーザー アカウントをドメイン内を入力します。
  4. ダブルクリック Setup.exe ファイアウォール クライアントのインストールを開始します。
  5. インストールが完了すると、ファイアウォール クライアントを削除するのには、「Windows XP を設定するための推奨事項に従ってください」のセクションでの手順を実行します。
Small Business Server 2000 ネットワークに Windows XP セットアップを設定する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
316418SBS 2000 ネットワークに Windows XP Professional クライアントをセットアップする方法

プロパティ

文書番号: 331072 - 最終更新日: 2011年7月28日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbprb kbmt KB331072 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:331072
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com