実行可能ファイルの格納場所の優先順位

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 35284
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、次のとおりです。

  • どのようにコマンドを実行できます。COM 実行可能ファイルを検索します。
  • この検索に関連する優先度の高い順
  • MS-DOS バージョン 4.x 以降の順序をどのようにオーバーライドできます。
  • 違いコマンドでファイル名を認識します。COM とはMS-DOS の EXEC システム コール

詳細

コマンドです。COM

コマンドです。COM は、コマンド ・ ラインまたは行に入力したファイルを実行可能にバッチ ファイルです。

バージョン 4.0 より前に MS-DOS のバージョン

拡張子が指定されているかどうかを示す場合は、ファイル名は、コマンドです。COM ベースの名前だけを保持します。(コマンドです。COM は、ファイル名を削除します。拡張機能の 1 つの場合に [例については、ファイル名である場合は、[ファイル] のままになりますが存在します。"ファイルです。EXE"])。その後は、基本名、コマンドがあります。COM を検索するのには次の順序でこの名前を持つ実行可能ファイル:
   .COM  .EXE  .BAT
				
If コマンド。COM の現在のディレクトリにこのファイルを見つけることができません、現在のドライブは、パスで指定されたディレクトリ検索が開始されます。環境変数、AUTOEXEC で。BAT ファイルです。このようなファイルが見つからない場合は、次のエラー メッセージが表示されます。
無効なコマンドまたはファイルの名前
たとえば、現在のディレクトリに次の 3 つのファイルがある場合: ファイル。COM は、ファイルです。EXE ファイル.バットを入力して、それらのいずれかを実行しようファイルです。COM, ファイルです。EXE, ファイルです。バット、または ファイル、コマンドです。COM ファイルだけを実行します。COM では、これは最初のファイルであるためそれを検索します。

MS-DOS のバージョン 4.0 以降

MS-DOS バージョンで 4.0 またはそれ以降では、COM の EXE、BAT をオーバーライドできます。コマンド拡張子を入力しての優先順位。

たとえば、現在のディレクトリに次の 3 つのファイルがある場合: ファイル。COM は、ファイルです。EXE ファイル.バットを入力して、それらのいずれかを実行しようファイルです。COM, ファイルです。EXE、または ファイルです。バット,コマンドです。指定する 1 つの COM を実行します。ただし、ファイル名拡張子を持たない場合通常の優先順位が使用されます (。COM の場合、します。EXE と。BAT)。

この現象はいくつかが正しくないか、適切な方法です。ファイルは作業を実行します。たとえば、バージョンの MS-DOS で4.0 より前のファイルを実行することができます。バットは、ファイル名を入力して、後続ピリオド ファイルです。.MS-DOS 4.0 以降の場合でただし、種類 ファイルです。、ファイルは MS-DOS を検索します。この名前は、1 つを見つけることができませんし、「無効なコマンドまたはファイル名」エラーを返します。メッセージです。

MS-DOS バージョン 5.0 以降

MS-DOS バージョン 5.0 またはそれ以降ファイルを次の順序で検索します。
   DOSKEY Macro  .COM  .EXE  .BAT
				
たとえば、現在のディレクトリに次の 3 つのファイルがある場合: ファイル。COM は、ファイルです。EXE ファイル.バットは、DOSKEY マクロ ファイルという名前で、マクロの優先順位を指定し、ファイルからコマンドを実行したときに実行行の現在のディレクトリです。これは以前のバージョンの場合は true ではありません。MS-DOS は、DOSKEY マクロの機能はありませんでした。

また、MS-DOS バージョン 5.0 およびそれ以降、DOSKEY マクロの優先順位であります。内部コマンドです。DOSKEY マクロを無効にするには、1 つ以上のスペースを入力します。コマンドの前にします。

EXEC 関数

MS-DOS の EXEC 関数 (割り込み 21 h サービスの 4Bh) を理解していません。ファイル名の拡張子です。そのため、ファイルの名前だけが呼び出され、実行しようとしたときを指定します。

このファイル名の情報が不足しているプログラムに役立ちます実行可能ファイル。このようなファイルをデバイス ドライバーが (が通常拡張機能があります。SYS) またはオーバーレイ ファイル (通常はある、拡張します。OVL)。コマンドです。COM は、これらのファイルを実行できません。プログラムのみ明示的に呼び出し、EXEC 関数はこのようなプログラムを実行できます。

EXEC 関数がほとんどの場合、ファイルのみを理解しています。COMします。EXE 拡張子。実行することではありません。BAT ファイルです。これらのファイルは具体的には「実行」、COMMAND.COM が、一度に 1 行。

プロパティ

文書番号: 35284 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbmt KB35284 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:35284
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com