[WD2000] Word が正しく動作しない場合

文書番号: 414220 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP414220
重要:この文書には、レジストリを変更する情報が含まれています。
レジストリを変更する前に、万が一、問題が発生した場合にレジストリを修復するための 方法を確認しておくことをお勧めします。レジストリに関する情報に関しては、
Regedit.exe のオンライン ヘルプ「レジストリを復元する」、または Regedt32.exe の オンライン ヘルプの「レジストリ キーを復元する」をご覧ください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Word 2000 が起動できない場合や、予期しない現象が頻発した場合の Word 2000 上の原因と回避方法を記述します。

はじめに

Word では、コマンド ラインにスイッチをつけることで起動するときに読み込むユー ザー設定を読み込まないで起動することができます。
このスイッチを使用することで、Word が破損しているのか、セットアップ後などに設定されるユーザー設定の問題であるのか確認することができます。 以下の手順に従ってスイッチを設定し、実行します。
  1. Windows の [スタート] ボタンをクリックし [ファイル名を指定して実行] をクリッ クします。
  2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスに以下のよう に記載します。
    "<winword.exe がセットアップされているフルパス>\winword.exe" /a
    
    例:
    セットアップの時にセットアップ先フォルダを変更していない場合は、
    winword.exe は以下フォルダにセットアップされています。
    
       c:\program files\microsoft office\office
    上記フォルダにセットアップされている場合は、[名前] ボックスに以下のように記述 します。
    "c:\program files\microsoft office\office\winword.exe" /a
    Microsoft Office 2000、または Word 2000 がセットアップされている個所が明確 にわからないときには、[参照] ボタンをクリックして、上記のフォルダを中心に、 確認してください。
  3. [OK] をクリックします。
/a スイッチをつけると問題がなかった場合、下記確認方法をお試しください。

補足

/a スイッチの詳細情報については、以下サポート技術情報をご覧ください。

文書番号 : 232605
タイトル : ユーザー設定を読み込まずにWordを起動する方法
また、コマンド ラインに設定できるスイッチをご確認になる場合は、以下サポート技術情報をご覧ください。
文書番号 : 210565
タイトル : Word起動時のコマンドラインに付けられるスイッチ一覧

回避策

1. スタートアップ グループをクリアする

Word 2000 には、起動時にテンプレートおよび WLL (Word ライブラリ) を自動的に読み込む機能があります。これらのファイルは、Word 2000 に追加の機能を提供するものですが、これらのファイルのいずれかが壊れている場合、Word 2000 起動時にエラーが発生する場合があります。
  1. WordMail を使用している場合は、電子メールソフトを終了して WordMail を終了し、 Word 2000 がまったくシステム上、読み込まれていない状態にします。
  2. Windows エクスプローラまたはマイ コンピュータを使用して、Office スタート アップ フォルダへ移動します。このフォルダの既定の場所は以下のとおりです。
         ..\Program Files\Microsoft office\Office\Startup
    
  3. このフォルダの内容を別の場所 (デスクトップなど) へドラッグします。
  4. Word 2000 を通常どおり起動 ('/a' スイッチを使用せずに) します。
Word 2000 が正しく起動した場合は、スタートアップ フォルダから取り除いたファイルのいずれかが破損している可能性が高いことがわかります。破損しているファイルが何であるか判断されるまで、スタートアップ フォルダから移動したファイルを 1 つずつスタートアップ フォルダに戻します。 Word 2000 が正しく起動しない場合は、継続して以下の操作を実行してください。

2. Normal.dot を新しく作成しなおす

グローバルテンプレートとして常に使用するのが、Normal.dot です。Normal.dot は同じ名前のファイルがない場合は、Word 終了時に新しく作成します。以下の方法で新規に Normal.dot を作成しなおして問題がないか確認をします。
  1. WordMail を使用している場合は、電子メールソフトを終了して WordMail を終了し、 Word 2000 がまったくシステム上、読み込まれていない状態にします。
  2. Windows の [スタート] メニューから [検索] をポイントし [ファイルやフォルダ] をクリックします。[名前] ボックスに "Normal.dot" と入力し [検索開始] をク リックします。
  3. Normal.dot をクリックして選択します。
  4. [ファイル] メニューの [名前の変更] をクリックし、名前を変更します。 (たとえば、NormalOld.dot)
  5. Word 2000 を起動します。
Word 2000 が正しく起動した場合は、Normal.dot が破損していた可能性が高いことがわかります。Word 2000 が正しく起動しない場合は、新しく作成した Normal.dot を削除し、今まで使用していた Normal.dot に戻してから、以下の操作を継続して実行してください。 以前使用していた元の Normal.dot に戻すには、以下の方法で実行します。ここでは、NormalOld.dot に変更していることを想定して記載していますので、上記手順 4 で別の名前に変更している場合は、NormalOld.dot というファイル名部分を作成した名前に読み替えてください。
  1. WordMail を使用している場合は、電子メールソフトを終了して WordMail を終了し、 Word 2000 がまったくシステム上、読み込まれていない状態にします。
  2. Windows の [スタート] メニューから [検索] をポイントし [ファイルやフォルダ] をクリックします。[名前] ボックスに "Normal*.dot" と入力し [検索開始] を クリックします。
  3. Normal.dot をクリックして選択し、Delete キーを押します。
  4. NormalOld.dot をクリックして選択します。
  5. [ファイル] メニューの [名前の変更] をクリックし、Normal.dot に変更します。

3. レジストリ キーの設定を元に戻す

レジストリ キーには、Windows 上の各情報が保存されています。
Word 2000 の起動時の設定も他のアプリケーション同様、レジストリ キーに情報を記載しています。Word 2000 ウィンドウの位置をはじめとするさまざまなユーザー固有の情報を登録しているレジストリ キーを初期設定に戻すことで問題が回避できるかどうか確認します。 注意:レジストリの編集を誤ると、Windows が起動しなくなる等、Windows 自体の再セットアップを余儀なくされるような事態が発生する恐れがあります。マイクロソフトではレジストリ エディタでの編集の結果によるいかなる問題に対しても保証いたしかねます。レジストリはお客様の責任の範囲内でご使用ください。 レジストリの編集方法については、Regedit.exe のオンライン ヘルプの「キーと値を変える」、または Regedt32.exe のオンライン ヘルプの「レジストリの情報の追加と削除」、「レジストリを編集する」をご覧ください。また、レジストリを編集する場合は、あらかじめレジストリ ファイル (System.dat および User.dat) のバックアップを作成することをお勧めします。 Windows NT をご利用の場合は、[修復ディスク ユーティリティ] を使用し、[修復情報の更新] を行うことをお勧めします。
  1. WordMail を使用している場合は、電子メールソフトを終了して WordMail を終了し、 Word 2000 がまったくシステム上、読み込まれていない状態にします。
  2. Windows の [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] をクリックし ます。
  3. [名前] ボックスに "regedit" と入力し [OK] をクリックします。
  4. HKEY_CURRENT_USER をクリックし、以下のレジストリ キーまで移動します。
         HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\9.0\Word\Data
    
  5. Data キーをクリックして選択します。
  6. [レジストリ] メニューの [レジストリ ファイルの書き出し] をクリックし、 ファイル名を入力して [保存] をクリックします。
  7. [編集] メニューの [削除] をクリックします。
  8. レジストリ エディタを閉じます。
  9. Word 2000 を再起動します。

プロパティ

文書番号: 414220 - 最終更新日: 2002年7月26日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 2000
キーワード:?
cannot kbhowto エラー トラブル トラブルシュート 実行 異常 起動 KB414220
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com