ハード ディスク コント ローラーと SQL Server のキャッシュを使用します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 46091
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

次の情報を SQL Server を使用しての効果について説明します。コント ローラーのメモリ キャッシュを使用したハード ディスク コント ローラー カード最大 16 MB をカードします。この種のカードを使用してのメリットを提供します。通常、メモリのトレードオフをしなくてもキャッシュ ディスクします。ディスク キャッシュを使用するに関連付けられています。キャッシュ ・ アルゴリズムに書き込みが含まれています。キャッシュおよび書き戻し中の「エレベーターの並べ替え」とデータ書き込みヘッドの移動を最小限に抑えるために並べ替えられます。

詳細

質問 1
Q。 問題はこの種の原因のコント ローラーを使用する場合データを回避するのには、UPS の SQL サーバのサーバでのです。破損、電源障害のためにか。

A. ディスク コント ローラーを対象としてデータを書き出すに障害が発生した場合SQL Server トランザクション ・ ログは、SQL Server の回復をします正常に動作しません。


質問 2
Q。 どのような影響このタイプのキャッシュ コント ローラーががSQL Server のパフォーマンス。

A. キャッシュ コント ローラーは何がディスクへの書き込みに失敗した場合されたに委ね (キーボードを上下している場合でも、オペレーティング システムのクラッシュ、またはハード ディスクのクラッシュ) があります問題はありません。その一方で場合は、ディスク コント ローラーの遅延いくつかの SQL Server の書き込みログ データとを選択(「エレベーターのため」の他のログ データを物理的に適用します。ソート)、その他何らかの理由により、書き込みに失敗SQL Server には、いくつかのログであることを知る方法がないです。不足しています。ウォーム開始またはでもスナップショットをロール ・ フォワードバックアップ データベースは正しく復元可能性があります。最悪の事態場合がない障害復旧やデータの中に破損がずっと後で発見されます。

ディスク コント ローラーは、堅牢な設計である、許可されます。選択的ライトスルー。SQL Server を含むデバイス常にトランザクション ・ ログはライト ・ スルーでなければなりません。さらに、する場合ウォーム スタートを自動すべての SQL Server を正常に機能するのにはデバイスは、チェックポイント時にフラッシュする必要があります。場合は、ディスクコント ローラーは、選択的ライトスルーは許可されません、唯一代替が温暖に依存している頻繁にバックアップを作成しています開始またはトランザクション ログをロール フォワードします。


Question3
Q。 SQL Server のキャッシュ処理を行う必要がありますまたはディスク コント ローラーする必要があります。キャッシュしますか?

A. 答えは高速ですどのような方法によって異なります。我々 の実験SQL Server キャッシュがより効率的であることを示しています、オペレーティング システムのディスク キャッシュします。しかし、我々 を知る方法あるないかどうか、またはない、キャッシュでは、特定の使用よりも効率的です。ディスク コント ローラーの種類を指定します。SQL Server キャッシュ可能性がありますしません。ハードウェア キャッシュとして高速に動作します。ただし、"内部です。知識"と働くことができます。

SQL Server のメモリを使用する代表的なワークロードを実行します。パラメーターの数がサポートされる最小値を設定します。(ディスク コント ローラー キャッシュ アクティブを使用) に必要なユーザーインストールします。メモリのパラメーターを設定してください。その値と RAM ディスク コント ローラー キャッシュ内の(非アクティブ化、ディスク コント ローラー キャッシュを)。本当の意味プロシージャ キャッシュ内のページ数を正確に比較どちらの場合も同じにする必要があります。これにいくつかのため技がかかりますプロシージャ キャッシュのサイズを割合で指定、キャッシュ全体のサイズを指定したときにキャッシュの合計サイズメモリ パラメーターとユーザー接続の数パラメーターです。キャッシュ サイズの合計は、42 K と残りすべてです。ユーザー 1 人あたり接続指定された空き領域の分割されていますメモリ パラメーターで。残りの部分の間に分かれています、プロシージャとデータ ページのキャッシュ、プロシージャ キャッシュによるパラメーターです。
SQL Server、Microsoft SQL Server、Always-On、ストレージ ソリューション レビュー プログラムで概説されている '確実な配信を安定したメディア' をサポートするために、システムする必要があります。参加者SQL Server データベース エンジン用の入出力の要件の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
967576Microsoft SQL Server データベース エンジンの入出力の要件

プロパティ

文書番号: 46091 - 最終更新日: 2011年7月7日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbhardware kbmt KB46091 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:46091
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com