HOWTO: Web サーバーと Windows Server 2003 を実行している SQL Server の DTC を有効にします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 555017 - 対象製品
著者?Robert McLaws MVP
すべて展開する | すべて折りたたむ

詳細

ドメイン Web 以外環境で DTC トランザクションを処理するための Windows Server 2003 の構成は、レジストリを含む複数の重要なシステムの変更を必要とする several-step プロセスです。 これらの変更を実行する前に、システムの完全なバックアップが実行されるよう強く勧められます。
?
警告するには。:このサービスを有効にするために、 COM セキュリティ設定を調整しようとします。 COM ユーザー アクセス許可を指定されたもの以外のすべてのアカウントに変更する場合、主な Windows サブシステムをいくつか cripple するのそのシステムに COM を無効に完全にできます。 これが発生する場合、コンピュータのハード ドライブを除去し、そして Windows Server 2003 を再インストールが唯一の解決です。
強力 / <>?
手順 1: ステップ 有効に ネットワーク(DTC アクセスを必要とするすべてのコンピュータで実行された) DTC アクセス
?? 1. 開始をクリックし、 コントロール パネルをポイントして、 アプリケーションの追加と削除を次にクリックします。
?? 2. Windows コンポーネント の 追加 と 削除をクリックします。
?? 3. アプリケーション サーバーを選択し、 詳細を次にクリックします。
?? 4. Enable network DTC access を選択し、 OK を次にクリックします。
?? 5. 次へをクリックします。
?? 6. 完了をクリックします。
?? 分散トランザクション コーディネータ サービスを 7. 停止し、再度開始します。
?? 任意の参加リソース マネージャ サービスを 8. 停止し、再度(Microsoft SQL Server または Microsoft Message Queue Server など、)分散トランザクションへ開始します。
?
この手順の詳細については、参照してください。 MSKB 817064
?
手順 2: DTC アクセスを必要とするすべてのコンピュータに SQL Server 2000 Client Tools をインストールします。
SQL クライアント ツールは、 SQL Server 2000 の CD-ROM に見付かっています。 セットアップ中に、 MSDTC オプションが確認されることを確認します。
?
3 番目のステップ:単純な VPN(省略可能)をインストールします。
含まれるコンピュータが同じ IP subnet 一部と同じワークグループの一部の場合にこの手順を次にスキップします。 特に同じワークグループへすべてのサーバーとするために、 VPN を使用しているセカンダリ ネットワークを作成します。
?? 一部いずれか: VPN サーバーをセットアップする
????? 1. 開始をクリックし、 コントロール パネルをポイントして、 ネットワーク接続を次にクリックします。
???? ?2. Create New Connection をクリックします。
???? ?3. 詳細接続をセットアップするを選択し、 次へを次にクリックします。
???? ?4. Accept incoming connections を選択し、 次へを次にクリックします。
???? ?Do not が受信デバイスを選択し、次へをクリックします。
???? ?6. Allow virtual private connections を選択し、 次へを次にクリックします。
??? ? 7. アクセスを与えそして 次へを次にクリックしたいユーザー アカウントを選択します。
??? ? 8. サーバーの新しいネットワークの IP 範囲を指定している VPN ネットワーク設定を構成します。
????? 9. Allow callers to access my local area network がチェックされ、そして Allow callers to access my local area network 次へを次にクリックすることを確認します。
????? 10. VPN サーバーを作成するために、 完了をクリックします。
?? VPN クライアントを設定する 2 つ 分けます。
????? 1. 開始をクリックし、 コントロール パネルをポイントして、 ネットワーク接続を次にクリックします。
????? 2. Create New Connection をクリックします。
????? 3. 職場のネットワークへ接続するを選択し、 次へを次にクリックします。
????? 4. 仮想 プライベート ネットワーク 接続を選択し、 次へを次にクリックします。
????? 5. プロンプトの接続の名前を入力し、 次へを次にクリックします。
????? 6. Do not dial an initial connection を選択し、次へをクリックします。
????? VPN サーバーの IP アドレスの 7. を入力し、次へをクリックします。
????? 8. すべてのユーザーを選択し、次へをクリックします。
????? 9. Create a shortcut to this connection on my desktop チェック ボックスを確認し、 完了を次にクリックします。
?
コンピュータが安全な VPN 接続を介して通信しているので、すべてのサーバーでのインターネット接続ファイアウォール(ICF)でのインターネット接続から時点でファイアウォールできます。
?
4 ステップ インします。:すべてのコンピュータを介して NETBIOS を有効にします。
ping がコンピュータに対してサーバー名によって実行されることができるように、 HOSTS ファイル(c:\windows\system32\drivers\etc)に別の方法としてエントリが追加できます。 これ行う方法で詳細についての HOSTS ファイルのコメントを表示します。
?
5 ステップ インします。: SQL Server の MSDTC サービスの RPC セキュリティを無効にします。
この手順では、この手順がレジストリにアクセスし、そして変更するために、必要です。 これを既に行っている場合、この時にレジストリのバックアップが強く勧められます。
?? 1. 開始をクリックし、 ファイル名を指定して実行をクリックする「 Regedt32」を入力して、 OK をクリックします。
?? HKEY LOCAL MACHINE 後 ソフトウェア後 Microsoft を選択します。
?? 3. MSDTC を右クリックし、 追加をポイントする DWORD値を選択する。
?? 4. New Value #1既定の TurnOffRpcSecurity にキーの名前を変更します。
?? 5. 新しいキーをダブルクリックし、値を 1 に変更します。
?? 6. レジストリ エディタを閉じて、 SQL Server を再起動します。
?
この手順の詳細については、参照してください。 MSKB 827805
?
自動的を起動したとき、 6 ステップ インします。:設定される。 VPN 接続VPN (OPTIONAL)に接続します。
次の VPN 各クライアント コンピュータの手順を実行します。
?? 1. VPN 接続を開いて、 プロパティを選択します。
?? オプション タブで、 2. Prompt for name and password, certificate, etc.チェック ボックスをオフにします。
?? セキュリティ タブで、インターネット プロトコル(TCP/IP)オプションを選択し 3. プロパティをクリックする。
?? 結果の TCP/IP プロパティ ダイアログで、 詳細設定をクリックし、 4. リモート ネットワーク で デフォルト ゲートウェイ を 使うチェック ボックスをオフにします。
???OK をクリックしたら、 5. ダイアログ ボックスごとのアウト、閉じます。
?? (手順 3 項目 7 第1部から) 6. 目的の username 目的のパスワードを入力し、 Remember me オプションを確認します。
?? 7. Windows エクスプローラを開いて、 C:\Documents And Settings\All Users\Start Menu\Programs\Startup フォルダに移動します。
?? 8. 手順 3 、第2部、デスクトップからのエクスプローラのスタートアップ フォルダの 項目 8 で作成した VPN ショートカットをドラッグします。
?? 9. シャットダウン、コンピュータを再起動します。
?
プロセスは、これで、完了です。 今すぐ Web サーバーと SQL Server が調整されたトランザクションに参加することができる必要があります。
?
この資料を開発するのを支援するの、 ORCSWeb の 特殊ありがとう。

プロパティ

文書番号: 555017 - 最終更新日: 2003年12月18日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 64-bit Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbpubtypecca kbpubmvp kbhowto KB555017 KbMtja kbmt
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。
英語版 KB:555017
コミュニティで作成された技術情報の免責事項
マイクロソフトコーポレーション、その子会社、関連会社(以下「マイクロソフト」といいます)、およびそれらのサプライヤは、ここで提供されている情報および関連グラフィックスの適切性、信頼性、または正確性を表明するものではありません。これらの情報およびその関連グラフィックスは、何等保証もない現状有姿のままで提供されるものです。マイクロソフトおよびそれらのサプライヤは、この情報および関連グラフィックスに関して、商品性、特定目的に対する適合性、職人的努力、権原および非侵害の黙示的なすべての保証および条件も含めて、一切保証をするものではありません。お客様は、マイクロソフトおよびそれらのサプライヤが、損害の可能性について勧告されている場合であっても、契約、不法行為、過失、無過失責任に基づくかどうかにかかわらず、ここで提供される情報または関連グラフィックスの使用もしくは使用できないことに起因または関連するデータの消失、利益の損失などの損害が原因で生じた直接損害、間接損害、懲罰的損害、偶発的損害、特別損害、派生的損害、その他いかなる損害についても一切責任を負わないことに明確に同意します。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com