Cluster.exe で物理ディスク リソースを作成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 555312 - 対象製品
著者?John Toner MVP
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、 Cluster.exe ツールを使用しているサーバー物理クラスタ ディスク リソースを作成する方法について説明します。

詳細

クラスタ アドミニストレータを使用しているクラスタに物理ディスク リソースを追加しようとすると、新しく追加されたディスクのエントリが?DiskParameters?ページにどこに表示されないのが見付かることがあるよう問題へ実行できます。 通常共有 SCSI バスにディスクを追加した方法が原因でこれは発生し、 clusdisk ドライバ方法が記憶装置を読み取ります。 手動で cluster.exe コマンドを使用しているデバイスを追加するために、ここで説明された手順に従います。
?

?
コマンド プロンプトを開いて、次のコマンドを発行します。
強力 / <>?
c:\>Cluster. /group を作成する:「 Disk Group 1」 /type :「物理ディスク」レ「ディスクX:」
- このコマンドが Disk Group 1 名前のグループのディスクX:名前の物理ディスク リソースを作成します。?
強力 / <>?
c:\>Cluster. レ「ディスクX:」 /priv ドライブ=「X:」
- このコマンドが物理ディスクにX: ドライブ文字を使用しているディスクを関連付けます。 マウント ポイントを使用している場合、マウント ポイントのボリューム情報を指定する必要があります。 たとえば: ドライブ=音量{ 01018699 - 83 C 0-11da-a1a7-000bdb90efcd}。?
?
c:\>Cluster. レ「ディスクX:」 /On
- このコマンドが物理新しく作成されたディスク リソースをオンラインとします。
?
追加情報
?
'ドライブ='隠しディスクの指定されたマウント ポイントのディスク署名を解決するリソース プロパティ パラメータだ。 クラスタ ディスク リソースのプライベート プロパティを調べると、署名値を表示します。 また、ディスク リソースのドライブ値を指定する代わり、作成時にディスク署名値が使用できます。 dumpcfg.exe ユーティリティまたは diskpart.exe を使用するなど、この値を検索する方法がたくさんあります。 このデバイスのディスク署名を記録し、コマンドを使用します。
?
c:\>Cluster. レ「ディスクX:」 /priv 署名= 0xEA0D9534
- このコマンドが物理ディスクにディスクX: リソースへの EA0D9534 署名を関連付けます。 ディスク署名の16進形式を使用するのに行われることもできる10進同等な署名を使用するこのコマンドが行われました。
EM / <>?
クラスタに新しい物理ディスク リソースを追加したい場合、クラスタ アドミニストレータを使用しているリソースを作成するのが容易なのは、見付かることがあります。 詳細については、クラスタ アドミニストレータを使用しているクラスタにディスクを追加するのが適切な方法の資料を次に参照してください。
?
http://support.microsoft.com/kb/175278 - 共有 SCSI バス上のクラスタ ノードに追加 non-hot スワップ SCSI ハード・ディスクを追加する方法

プロパティ

文書番号: 555312 - 最終更新日: 2006年3月8日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
キーワード:?
kbpubmvp kbpubtypecca kbhowto KB555312 KbMtja kbmt
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。
英語版 KB:555312
コミュニティで作成された技術情報の免責事項
マイクロソフトコーポレーション、その子会社、関連会社(以下「マイクロソフト」といいます)、およびそれらのサプライヤは、ここで提供されている情報および関連グラフィックスの適切性、信頼性、または正確性を表明するものではありません。これらの情報およびその関連グラフィックスは、何等保証もない現状有姿のままで提供されるものです。マイクロソフトおよびそれらのサプライヤは、この情報および関連グラフィックスに関して、商品性、特定目的に対する適合性、職人的努力、権原および非侵害の黙示的なすべての保証および条件も含めて、一切保証をするものではありません。お客様は、マイクロソフトおよびそれらのサプライヤが、損害の可能性について勧告されている場合であっても、契約、不法行為、過失、無過失責任に基づくかどうかにかかわらず、ここで提供される情報または関連グラフィックスの使用もしくは使用できないことに起因または関連するデータの消失、利益の損失などの損害が原因で生じた直接損害、間接損害、懲罰的損害、偶発的損害、特別損害、派生的損害、その他いかなる損害についても一切責任を負わないことに明確に同意します。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com