SQL Server にログオンするときに「ログイン ユーザーに失敗しました」のエラー メッセージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 555332
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティングおよびラーニング リソースでの検索の スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
作者:Yuval Sinay MVP
コミュニティ ソリューション コンテンツの免責事項
マイクロソフト コーポレーションおよびその各供給者の適合性、信頼性、または精度の情報およびここに含まれる関連のグラフィックスの表現にはありません。このようなすべての情報および関連グラフィックスでは、"いかなる種類の保証もないが用意されています。マイクロソフトおよびその各供給者本すべての保証および条件については、この情報および関連グラフィックス、黙示の保証および条件商品性、適合性は特定の目的、職人の労力、タイトルおよび権利の非侵害を含め、明示します。具体的にその責任を負いませんである必要が同意一切損害・使用、データ、利益の損失を含むが、直接、間接、懲罰、付随的、特別、派生的損害、または任意の損害の原因またはのいずれかの方法を使用すると接続情報および関連のグラフィックスに含まれるソフトウェアを使用または、契約、不法行為、過失、厳格責任に基づいて、またはマイクロソフトまたはその供給者がある場合でも、損害の可能性を知らされてか。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft SQL Server 2012年、SQL Server 2008、SQL Server 2005 をインストールまたは SQL Server 2000年、SQL Server を実行しているサーバーに接続しようとすると、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。
  • ユーザーのログインに失敗しました '%。 * %1!' '。ログインは SQL Server ログインでは、Windows Authentication.%.*ls では使用できません。
  • ユーザーのログインに失敗しました 'ユーザー名'.ユーザーは、SQL Server の信頼関係接続に関連付けられているではないです。(Microsoft SQL Server、エラー: 18452)

原因

検証できない資格情報でログインするユーザーをしようとすると発生します。この問題は、次のシナリオで発生します。
  • シナリオ 1: ログインは、SQL Server ログインがサーバーが Windows 認証のみ受け付けます。
  • シナリオ 2: SQL Server 認証を使用して接続しようとしているが、SQL Server で使用されるログインは存在しません。
  • シナリオ 3: ログインが Windows 認証を使用可能性がありますが、ログインは、認識されない Windows プリンシパルです。認識できない Windows プリンシパルは Windows ログインを確認できないことを意味します。これは信頼されていないドメインからの Windows ログインのある可能性があります。

解決方法

この問題を解決するには、自分のシナリオに適用する手順を実行します。

シナリオ 1: 混合認証モードで SQL Server を構成します。

SQL Server 2012年、SQL Server 2008、および SQL Server 2005
  1. SQL Server Management Studio を開きます。これを行うをクリックしてください。 スタート[ すべてのプログラム[ Microsoft SQL Server (x は SQL のバージョンです) x 200プロパティ SQL Server Management Studio.
  2. サーバーを右クリックしをクリックしてください プロパティ. See image.
  3. で、 セキュリティ ページします。 サーバーの認証をクリックして、 SQL Server 認証と Windows 認証モード オプション ボタンをクリックし. ]. See image.
  4. SQL Server Management Studio] ダイアログ ボックスをクリックします。 ]SQL Server を再起動するのには

    詳細についてを参照してください。 認証モードを選択します。 SQL Server のオンライン ブック。
SQL Server 2000
  1. エンタープライズ マネージャーを開きます。これを行うをクリックしてください。 スタート[ すべてのプログラム[ Microsoft SQL Server 2000プロパティ SQL Server Enterprise Manager.
  2. サーバー グループを展開します。
  3. サーバーを右クリックしをクリックしてください プロパティ. See image.
  4. クリックして、 セキュリティ タブ。 See image.
  5. 下にあります。 認証をクリックして、 SQL Server と Windows オプション ボタン。
  6. 有効にするのには、SQL Server の変更を再起動してください。

シナリオ 2: SQL Server のログインが存在することを確認してください。

SQL Server 認証を使用して、SQL Server への接続にしようとしている、混在モード認証用サーバーが構成されている場合は、SQL Server ログインが存在することを確認します。詳細についてを参照してください。ログインを作成します。 SQL Server のオンライン ブック。

シナリオ 3: ログインが Windows 認証を使用可能性がありますが、ログインは、認識されない Windows プリンシパルです。

Windows 認証を使用して SQL Server への接続をしようとしている場合は、正しいドメインにログインしていることを確認します。

プロパティ

文書番号: 555332 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 1.1
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:555332
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com