インテリジェント メッセージ フィルタについての FAQ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 555602 - 対象製品
著者?Anderson Patricio MVP
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Exchange 組織内のインテリジェント メッセージ フィルタ(IMF)ソリューションの実装のうち、もっとこのテクノロジをと何ができるために、知る必要があります。

インテリジェント メッセージ フィルタ(IMF)についての質問

いくつかの質問と IMF についての Exchange 組織内の応答があります。
Q
インテリジェント メッセージ フィルタ(IMF)は、何ですか。
?
A
IMF は、特に Exchange で設計されたコンテンツ フィルタです。 Microsoft SmartScreen テクノロジに基づいてあります。 この技術は、 MSN と Hotmail とMicrosoft Office Outlook 2003と Exchange によって使用されます。 正当の電子メール メッセージと Administrators によって pre-determine された操作を行う閾値に基づくスパムを識別するアルゴリズムです。
詳細: http://support.microsoft.com/?kbid=842763
?
Q
IMF のバージョンは、何ですか。
?
A
ここ限り、 2 つバージョンを持ついて、バージョンがあります。
1 のバージョン:別にダウンロードし、そしてインストールするのが必要に Exchange Server 2003 と Service Pack 1 が含まれます。
2 バージョン: Server 2003 サービスは、 Exchange で導入されるのに UCE(迷惑な商用電子メール)に対して新しい強化を奪い合うために、 2 パックします。
?
Q
IMF をインストールする場所?
?
A
インターネットからメッセージの受信トラフィックを受信するサーバーでインストールする必要があるので、ゲートウェイ レベルでの UCE を戦闘するために、 IMF が指定されます。
?
Q
SP2 に見付かる 2 バージョンに IMF をアップグレードする必要があるかどうか IMF ツール での SP1 Service Pack 2 をインストールするのを持っていますか。
?
A
何もではなく。 Exchange Server 2003 Service Pack 2 をインストールすると、古いバージョンが削除され、新しいバージョンがインストールされます。
?
詳細:
http://download.microsoft.com/download/f/b/5/fb5c54af-fe5c-48e9-be97-f9e8207325ab/Ex_2003_SP2_RelNotes.htm
?
Q
IMF が定期的に更新できますか。
?
A
はい、行う、この Microsoft KB に従います。 http://support.microsoft.com/?kbid=907747
?
Q
IMF からどのように一部の受信者が除外できますか。
?
A
ホット修正モジュールにできるように詳細にここで記載されます。 http://support.microsoft.com/?id=912587
?
Q
SCL(スパム有意 レベル)は、何ですか。
?
A
(設定可能な値が 1 〜 9だ)この SCL のベースの Exchange 組織内の到着する各メッセージがゲートウェイ レベル(サーバー)と迷惑メール レベル(クライアント)でアクションをとることができる SmartScreen テクノロジ が SCL 番号を関連付けます。 基づいて SCL に決定が作成できるゲートウェイ レベルに 4 つの考えられるゲートウェイ レベルでの何もアーカイブと削除とアクションと拒否決定がありません。
?
Q
アーカイブ フォルダ、 OWA または Outlook のメッセージの SCL を公開する方法はありますか。
?
A
はい、できます。 次のレジストリ キーを作成する必要があります。
  1. レジストリ エディタ(regedit)で、 ContentFilter を右クリックし新規をクリックして、 DWORD 値を次にクリックします。
  2. レジストリ キー値に ArchiveSCL を入力します。
  3. ArchiveSCL を右クリックし、変更を次にクリックします。
  4. 値のデータのDWORD値の編集で、 1 を入力します。
?
SCL レベル での X-SCL メッセージ ヘッダーを持つ今すぐメッセージが受信しています。 アーカイブ フォルダ と Outlook と OWA で SCL を次に表示します。
?
Outlook または OWA で SCL を公開するのために、 bellow する参照します。
Outlook での SCL を公開します。 http://blogs.technet.com/exchange/archive/2004/05/26/142607.aspx
OWA の SCL を公開します。 http://blogs.technet.com/exchange/archive/2004/05/27/143297.aspx
?
?
Q
クラスタで IMF が使用できますか。
?
A
いいえ、できません。 フロントエンド サーバーの実装する必要がある、またはサーバーを分離しました。
?
Q
POP3 Connector で IMF を使用することができますか。
?
A
いいえ、できません。 IMF が POP 通信での SMTP 通信で適用されるので。
?
Q
インストールする後で、どのように IMF のパフォーマンスを表示しますか。
?
A
インストールされた IMF であるサーバーを監視するために、パフォーマンス モニタでの MSExchange Intelligent Message Filter オブジェクトを使用することができます。

プロパティ

文書番号: 555602 - 最終更新日: 2006年4月20日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。
英語版 KB:555602
コミュニティで作成された技術情報の免責事項
マイクロソフトコーポレーション、その子会社、関連会社(以下「マイクロソフト」といいます)、およびそれらのサプライヤは、ここで提供されている情報および関連グラフィックスの適切性、信頼性、または正確性を表明するものではありません。これらの情報およびその関連グラフィックスは、何等保証もない現状有姿のままで提供されるものです。マイクロソフトおよびそれらのサプライヤは、この情報および関連グラフィックスに関して、商品性、特定目的に対する適合性、職人的努力、権原および非侵害の黙示的なすべての保証および条件も含めて、一切保証をするものではありません。お客様は、マイクロソフトおよびそれらのサプライヤが、損害の可能性について勧告されている場合であっても、契約、不法行為、過失、無過失責任に基づくかどうかにかかわらず、ここで提供される情報または関連グラフィックスの使用もしくは使用できないことに起因または関連するデータの消失、利益の損失などの損害が原因で生じた直接損害、間接損害、懲罰的損害、偶発的損害、特別損害、派生的損害、その他いかなる損害についても一切責任を負わないことに明確に同意します。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com