別の Exchange Server 2003 にデータベースを移動する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 555603 - 対象製品
著者?Anderson Patricio MVP
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

一部のデータベースをできるだけ早く move/restore するのが必要な場合に別の Exchange Server のデータベースを復元するために、ハードウェアがない場合、この資料が使用できます。

現象

行うようコンピュータまたは時間がない場合、別の Exchange Server のデータベースを復元することに役立てられるため、障害回復の最適な方法がセットアップ /disasterrecovery です。ただし、この資料が使用できます。 この資料では、影響を受けてあるユーザーの Active Directory のユーザー オブジェクトとクライアント コンピュータのスクリプトの属性のデータベースの場所の変更について説明します。

解決方法

Service Pack 2 での別の Exchange Server 2003 がこのアーティクルに必要クラッシュするために、区別の名を使用、と 2 の Exchange Server をできるだけ次に示す以上以上。
  • Server1:致命的なエラーで Exchange server
  • Server2: クラッシュされた Exchange Server の別の名前で実在または新しい Exchange server
?
別のサーバーでのデータベースを復元するために、次の手順を実行します。
?
データベースを復元します。
  1. Server2 の Server1 として同じ名前のデータベースを作成します。
  2. その データベース タブ の新しいデータベースに .EDB と .STM ファイルの場所をメモします。
  3. 手順 2 として同じ場所の Server2 のオフラインまたはオンライン バックアップを後に作成し、復元します。
  4. データベースの新しいデータベースで右クリックしプロパティをクリックする、 This database can overwritten by a restore にマークします。
  5. 新しいデータベースをマウントします。
今すぐ Exchange システム マネージャでのすべてのメールボックスを見ることができます。ただし、すぐばらばら表示されます。
?
Server1 でローカライズ Exchange ユーザー属性を変更します。
  1. ADModify をダウンロードし、インストールします。 これを行うために、次の Web サイトを参照してください。
    http://workspaces.gotdotnet.com/ADModify
  2. ADModify を実行します。
  3. 起動画面で、 Modify Existing User Attributes をクリックします。
  4. Domain List にドメインを選択します。
  5. Domain Controller List にドメイン コントローラの選択
  6. 構造 Domain Tree List に選択 Server1 MailboxStore を使用するユーザーを展開し、 リストに追加を次にクリックします。
  7. 新しいウィンドウ。 Exchange全般タブをクリックします。
  8. Change homeMTA attribute to folowwing (type null to clear)チェック ボックスと値の変更が Server2 からオンにします。
  9. HomeMDB attribute to following (type null to clear)変更チェック ボックスと値の変更が server2 からオンにします。
  10. E-mail Address Continued タブをクリックします。
  11. Set msExchHomeServerName を選択し、そしてクリック:管理グループの名の AG Name での組織の名前の Org Name を変更するためのクリック(例:最初の管理グループ)(このケース Server2 に) mailboxstore を保持する新しいサーバーの名前の サーバー名
    観察:次の作業を行わないならばのみ、ユーザー オブジェクトの手順 12 に進む X 500 が対処します。 アドレスが手順 13 に移動する X 500 を持っていますならば。
  12. 追加の手順:<EM />が書き込む X.500 Adress フォームを、 電子メールに が 続行 タブ に対処する、 電子メールに 対処する(例: o =<組織> / ou =<Fist 管理 グループ> / cn =受信者)
  13. 変更></EM>変更後に ADModify が値と見付かるエラーをすべての変更でのすべての属性の小さな再開に既に示す<EM>をクリックします。
?
Microsoft Outlook クライアントを変更します。
集中方法で作成する場合、オプション手順です。ただし、各クライアントで手動でサーバーの(クラッシュされたサーバー)名が Server1 アクセス変更できるステップ bellow を行うことができます。
Microsoft Outlook クライアント のサーバー名を変更するためのスクリプトの作成に Exchange プロファイル更新 ツール(exprofre.exe)ユーティリティを使用する必要があります。 この Web サイトに見付かっています。 http://support.microsoft.com/?kbid=873214Server1 にこれがテスト コンピュータで構成されたプロファイルでステップ インする従う(古い Exchange サーバー)、。
  1. Exchange プロファイル更新ツールをダウンロードします。
  2. 一時的なディレクトリで抽出し、そして、(例:c:\temp)実行する、
  3. 開始ファイル名を指定して実行タイプ cmd をクリックし、 OK をクリックします。
  4. タイプ cd\temp
  5. </EM>と Enter キー プレス<EM> exprofre.exe /targetdc を入力します。=<Global-Catalog-Server> /s /v /logfile=c:\temp\exprofre.log
  6. 成功があった場合、ウィンドウに操作の結果が表示され、今すぐ通常 Microsoft Outlook クライアント が開けられます。
?
この手順が動作するのが 500 のユーザー オブジェクトのアドレス x 正しいを持つが必要です。 PS :環境でこれらの変更の影響を検証する必要があった後に、一部のメッセージ システムを対処する X 500 を使用するならば、。
?
Exprofre のために、 500 のアドレス x 正しいトラブルシューティング
これが正しいを実行するために、ステップ インする従うは、ユーザーの X 500 のアドレス generation/modification にトラブルシューティングを行います。
  1. Exprofre ログオン時に Profile User 行のパスにそのログが生成される de スイッチが<EM>をオプションする / ログファイル上の例でそのログが c:\temp\exprofre.logで生成される X 500 を検証します。=</EM>
  2. ドメイン コントローラのサーバーでコマンドラインで実行します。
  3. ldifde -r "(&(objectcategory=person)(objectclass =ユーザー)(proxyAddresses=X500:/o=<EM>&lt;Exchange Organization&gt;</EM>/ou=<EM>First Administrative Group</EM>/cn=Recipients/cn=<EM>&lt;user-of-exprofre.log&gt;</EM>))" -f validate-exprofre.txt
    場所。
    ?<Exchange-Organization>: Exchange 組織。
    ?<user-of-exprofre.log>: exprofre ユーティリティによって生成されたログに表示される情報。
?
アドレス ユーザーが X 500 を確認しない場合、 validate-exprofre.txt に移行することができるのを持つ必要があります。
?

詳細

821829 メールボックスを移動する方法。
873214 使用 exprofre の方法
271987?アーキテクチャとデータベース Exchange Server データベース エンジンの概要
867704 Exchange Server 2003 の障害回復ガイド
?

プロパティ

文書番号: 555603 - 最終更新日: 2006年4月24日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Enterprise Server
キーワード:?
kbpubmvp kbpubtypecca kbhowto KB555603 KbMtja kbmt
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。
英語版 KB:555603
コミュニティで作成された技術情報の免責事項
マイクロソフトコーポレーション、その子会社、関連会社(以下「マイクロソフト」といいます)、およびそれらのサプライヤは、ここで提供されている情報および関連グラフィックスの適切性、信頼性、または正確性を表明するものではありません。これらの情報およびその関連グラフィックスは、何等保証もない現状有姿のままで提供されるものです。マイクロソフトおよびそれらのサプライヤは、この情報および関連グラフィックスに関して、商品性、特定目的に対する適合性、職人的努力、権原および非侵害の黙示的なすべての保証および条件も含めて、一切保証をするものではありません。お客様は、マイクロソフトおよびそれらのサプライヤが、損害の可能性について勧告されている場合であっても、契約、不法行為、過失、無過失責任に基づくかどうかにかかわらず、ここで提供される情報または関連グラフィックスの使用もしくは使用できないことに起因または関連するデータの消失、利益の損失などの損害が原因で生じた直接損害、間接損害、懲罰的損害、偶発的損害、特別損害、派生的損害、その他いかなる損害についても一切責任を負わないことに明確に同意します。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com